« 新潟にて | トップページ | とんかつ山忠~「茨城ローズポーク」と埼玉ゼリー・フライ »

2006年6月25日 (日)

大阪にて

Imgp5284 大阪に腰を据え、兵庫・滋賀・京都と出張。昼は目一杯動き、夜は激しく飲み・食べる。体も胃袋も肝臓も、ついでに財布も非常に疲れた。

神戸での昼食は「森のなかまたち」という洋食屋さんで、「ビフかつ」を。
600円(ご飯別)でこのボリューム。香ばしく揚がって大満足。

関西に到着して、切替えなくてはいけないのが、エスカレーターの乗り方。
歩く人は左、立ち止って乗る人は右。関東に生活圏ある人は戸惑う。逆なのだ。
日本の主要都市を見てきたが、関西方式は、あと仙台だけである。
どうでもいいことだけど。

Imgp5331a  仕事仲間と季節の変わり目に訪れる、島之内「太庵」。毎度正統的な和食を見る目にも美しく食べさせてくれる気鋭の名店。
こてこてと創作系でないところが良い。扉を開くと、出汁のいい香りが優しく迎えてくれる。
今回も酒はちゃんぽん。ビール・日本酒・ワイン・焼酎と、いずれもすばらし
Imgp5330a_1 い品揃えで目もくらむばかり。
とりわけ気にいったのが、東近江の酒「気楽長」の新酒。すっきりした中にも日本酒らしいコクがあって、「よこわ」と「鱧」の刺身との相性は抜群。

今回の大阪でのトピックは、毎度お世話になっている「アインザッツ」さんでImgp2310a 「守口フィラデルフィア管弦楽団研究会」主催の「リベラ」さんにお会いできたことだ。
楽しくも博識なるブログをいつも拝見してだけに、初めてお会いしたという気がしない。
おふたりの大推薦のハイドン73番「狩」に開眼し、コンドラシンの爆演ラフマニノフにビックリの楽しい夜を過ごせた。アインザッツさん、リベラさん、どうもありがとうございました。

そしてディープな大阪ナイトも無理やり体験させられた。
大阪の仕事のパートナーが「十三」に飲みに行こう、というのである。仲間の一人が十三の住人なのだ。え、え?「十三(じゅうそう)」といえば、梅田から二駅、数分の街だが、十三で飲むということは、大阪の人なら、「何やそれ、ほどほどにしいや」などと茶化される「風●」で有名な場所なのである。
 駅に不安とともに降り立ったが、向かった先はそっち系とは逆方向で、やれやれというか、何となく心残り、というか。

入った店は、普通の居酒屋。旨い魚がムチャクチャ安く食べれるし、大将の料理の腕もなかなかのもの。地元の方々も「阪神戦」を見ながら楽しそうに、でも節度を保って飲んでいる。そうこうするうちに客が少しずつ帰り始めた。
そこで、「次、行こか」とジモティーさん。「あとで行くわ、いってらっしゃい」と女将??

歩いて5歩。隣の昼は喫茶店、夜はスナックに移動。ははぁ、そういうことやったんか。
カウンターにびっしり座るおじさん達は、なんのことはない、さっきの居酒屋の面々がそのままいるじゃないの。しかし、どこか怪しい雰囲気。そう、みんな別人のように酔っ払いつつある。そして激しくカラオケのマイクを奪いあっている。
私の横にいたオッサンは、カラオケの操作マシンを独り占めにして次々に入力している。
だから3曲に2曲はこのオッサンだ。それも声がやたらデカイ。マイクなんていらない。
耳をつんざく大音声なのだ。勘弁してよ。しかも1曲ごとに採点の入るバージョンを自分で入れちゃう。いずれも声がデカイから高得点である。この採点を几帳面にも手帳に書き記している。よく見たら、日付と曲名まで綿密に書いている。すごいよ、すごすぎるよ。

いつのまにか店は満杯。先程の女将はママに変貌して、客を呼び捨てにしてさばいている。しまいに、ヘロヘロのオヤジに席を立たせて、カウンターの中に入れてしまった。
すると驚いたことに、このオヤジはしゃんとしてカウンターの中で働き始めたではないか!! 一体どうなっているんだろう。
 そうこうするうちに、こちらも歌わされ、すっかり仲間入りしてしまいそうになる。
ママが「おい○○」と私を名指しにして、一緒に踊れという。何でも息子と同じ名前なんだそうな。ここで観客の鋭い視線。オッサン達はそこそこ美人(だった)風のママ狙いなのだ。

カウンターでママに熱い視線を送っていた眼鏡のオヤジのところに、女性がやってきた。
よく見ると同じ眼鏡をかけ、同じ顔をしている。娘だな、一緒に飲むのか、と見ていたら、なんだか真剣な厳しい顔付きで、説得をしている。オヤジはイヤだイヤだをしている。遂にオヤジは娘に引っ張られて帰っていった。そんな時でも、横のオッサンは大音響で歌い続けている。みんながてんでバラバラ。私はおかしくて、笑いすぎて腹が痛くなっちまった。

ひとりひとりを観察し描写していたらキリがない。大阪弁の中国人がいるし、どっかの凄い顔したママとムーミンみたいなホステスさんを連れた、怖そうなオヤジ。このムーミンが馴れ馴れしくて困った。オヤジは見張っているし。
いつの間にか、カウンター内のオヤジは盗み酒をしていたらしく、立っていられなくなってしまい、元いた席にフラフラと帰還。
ここはビデオに撮っておきたい店である。毎晩こんなになってしまうのか。最後に連れは、町内会費払えと言われていた。

そんなこんなで、最後の夜は「アインザッツ」で音楽聴きたかったのに、十三の魔の夜にはまってしまった。

|

« 新潟にて | トップページ | とんかつ山忠~「茨城ローズポーク」と埼玉ゼリー・フライ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大阪にて:

« 新潟にて | トップページ | とんかつ山忠~「茨城ローズポーク」と埼玉ゼリー・フライ »