« 大阪道頓堀 「とらちゃん」 | トップページ | 和歌山県田辺市 中華そば「喜蔵」 »

2007年11月20日 (火)

大阪 宗右衛門町 「つるとんたん」

1 飲んだあとの、締めは、ラーメン。これは若い頃の定番で、かつ東日本や九州のお話。

大阪では、飲んだあとは「うどん」じゃい。
ちなみに広島では、「お好み焼き」じゃけんね。

最近では東京でも食べれるようになったけど、「つるとんたん」はユニークなうどん屋さん。

2 ユニークなのは、メニューの豊富さと、どんぶりのデカさがまず第一。
そして第二に、居酒屋チックに、豊富な酒類があること。

散々飲んだあとだから、大人しく(したつもり)「きつねうどん」で。

ところが、きつねが大きすぎ。
分厚いしデカイ。
関東ものの私には、ちょっと甘いが、そのジューシーな食べ応えには参ってしまう。
月見好きの私は、卵を落としてもらった。
ビールとともに、すいすい食べれたけれど、食後の満腹感も相当だ。

  「つるとんたん」 大阪市中央区宗右衛門町3-17

|

« 大阪道頓堀 「とらちゃん」 | トップページ | 和歌山県田辺市 中華そば「喜蔵」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大阪 宗右衛門町 「つるとんたん」:

« 大阪道頓堀 「とらちゃん」 | トップページ | 和歌山県田辺市 中華そば「喜蔵」 »