« 「ラーメン二郎」 港区 | トップページ | 「竹や」 文京区湯島 »

2012年9月21日 (金)

サンダーバード カフェ  神田神保町

Thunderbird_cafe1


神保町を歩いているときに発見してしまった「サンダーバード・カフェ」

いよいよ、客先訪問を終えた夕方、このゲートをくぐりましたよ。

Thunderbird_cafe2

国際救助隊の世を欺く姿は、トレーシー一家のレゾート・アイランド。

その島のお部屋を再現したカフェなんです。

Thunderbird_cafe3

こちらが国際救助隊ベース基地への扉。

よしっ、行くぞ!

Thunderbird_cafe4

おぉっ、壁に映された5人兄弟たちの写真を見よ。

上のペネロープ画像は、店内いくつものプロジェクターで放映されているサンダーバード映画のひとコマ。

スコット(左から2番目の長男)の目が光るんです。

Thunderbird_cafe_7

すると兄弟たちの肖像は、普段着の世を欺くボンボンたちに・・・。

みんな、お父さんに、「はい、パパ」と従順な青年たち。

Thunderbird_cafe_8

次は、ペネロープ嬢だ。

トレーシーの姪っ子で、世界的な美人モデル。

でもその実態は女スパイ(国際救助隊としての)。

黒柳徹子さんの声で、ほんとにおしゃれなイギリス貴婦人でしたねぇ〜

運転手は、ちょっとドジなパーカー。

Thunderbird_cafe_9

一方の壁には、サンダーバードの各機種たちのモデルが・・・。

あぁ、なんと精巧なジェットモグラ号。

プラモデルで作りましたよ。キャタピラで動くし、ミキサー部分も回転したんだ。

Thunderbird_cafe_10

2号の格納庫から出撃する4号。

こちらは海底・水上の専門機だ。

明るい4男、ゴードンが担当。

2号のおまけのようだったプラモデルも、単独だと実に立派なもので、海底探索ライトがついたりしたような記憶があります。

Thunderbird_cafe_10a

ペネロープ号もありましたよ。

ピンクのこのロールスロイスも、プラモデルで購入しました。

基本的に、すべての機種は持ってました。

でも、全部、どこかで処分してしまったのですね。
興味を失うと子供はまったくダメな典型ですよ。

Thunderbird_cafe_11_2

トイレはどこ?  国際救助隊員兼店員さんに聴くと案内してくれました。

するとどうでしょう。

通路に描かれたハイウェイに、サンダーバード2号の影が!

Thunderbird_cafe_12

上を仰ぐと、なんということでしょう、2号がとんでます。

Thunderbird_cafe_13

案内された男子トイレは、注意もされましたが、驚きの無重力状態??

いやでも慎重になりますなぁ〜

女子トイレはどうなってるんでしょうね?

Thunderbird_cafe_14

洗面台の上には、宇宙ステーション5号が中空に浮いてましたよ。

冷静沈着、学者肌の次男ジョンは、宇宙の孤独もへっちゃら。

交代で訪れる五男坊のアランは、宇宙とのつなぎの3号ばかりで、実際の救助の主役にはならず、焦りと不満を抱える末っ子。
こんな風に、兄弟それぞれ、性格も的確に描かれていたんだ。

Thunderbird_cafe_15

トレーシー一家のお茶会の団らん。

ブレインズと謎の存在ミンミンも。

ブレインズは、機器の大半を設計したが、それを施工し現地に落とし込んだのは誰、どこの業者?
守秘義務契約はさぞかし厳しかったのか?
忘れ薬を飲ましたのか?   謎であります。

Thunderbird_cafe_16

カウンターにある2号の巨大モデル。

実際に上下しますぜ。

2号は3男バージルが担当。スピードは遅いが、現場に必要資材を確実に届け、実質的な救助活動を行う頼もしい堅実な男。
島では、ピアノを弾いちゃったりしする芸術家肌だったりしましたね。

Thunderbird_cafe_5

入口に鎮座する1号と、その操縦者、長男スコット。

超速1号を駆って、現場に真っ先に駆けつけ、あらゆる指示の源はこのスコットだ。

おいしい長男の役が集約されてますぞ。

Thunderbird_cafe_17

さぁ、いよいよお食事。

この日は夕飯がわりで、トレーシーアイランドを模写したロコモコ。

色使いでお分かりのように、3号や2号、4号もイメージされてますよ。

Thunderbird_cafe_19

ジェットモグラ風のビール。

これはフローズンビールで、今年いまいちのヒットだった。

泡切れがいまひとつで、ずっと残って損した気分は呑んべならではの心情。

リピートのご褒美がもらえるポイントカードや、コースターが、その場であたるゲームなどもあり、楽しめますよ。

店員さんも、ノリがよく、コスプレ衣装の撮影も可能なようでして、ますますハマりそうなサンダーバード・カフェなのでした。

こちらの経営は、首都圏でおしゃれなリゾートカラオケ店やカフェを手がけるところです。
ほかにも、仮面ライダーカフェや、ドラゴンクエストなどのコラボ店もありますから、好きな人にはたまらない機敏なる経営手段だと思います。

ともかく、私のような世代、中高年を刺激する感度高いサンダーバード・カフェでした。

最後にオマケの拾いもの。

ちょっと誇張すぎだけど、名古屋にしばらくいたから、いつのまにか自分も喋ってましたよ。

|

« 「ラーメン二郎」 港区 | トップページ | 「竹や」 文京区湯島 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/151893/55713150

この記事へのトラックバック一覧です: サンダーバード カフェ  神田神保町:

« 「ラーメン二郎」 港区 | トップページ | 「竹や」 文京区湯島 »