1992年の録音。
流れるようにスムーズな演奏。驚くべき流動感の中にブルックナーの抒情性が歌いだされている。