焼き物に合わせたのは、ドライな白。舌で転がすと、キンキや肉の旨みが絡み付いて、えもいわれぬ美味に目を細めてしまう。