欲張りな私は、チャーシュー・ワンタンメンをオーダー。スープをまず、一口含むと幾分醤油味の勝った鳥ガラや昆布のおいしさが拡がる。白河ラーメンの特徴である「手打ち縮れ麺」がそのスープとからまり、本当においしい。ワンタンは隠れているが、フワフワの薄い生地で繊細な食感。レンゲに乗せてほお張ると、アツアツのスープと一気に口に入り込み、ヤケドするほど危険。でもこれがまたうまい。肉厚の脂身のないチャーシューも昔ながらにおいしく、麺やスープとの相性抜群。