見た目の強烈さとは裏腹に、スープを一口すすると、その意外なあっさり具合に驚く。
鶏と豚の出汁ベースを濃口醤油で仕上げていて、最後まで飽きることなく食べれる。
麺はコシのあるストレート麺。スープにごっそり絡み付き、ばくばくといける。
そして、肉大目(いわゆるチャーシュー麺)を頼んだものだから、多量のバラ肉がこれでもかというばかりに入っていて、肉好きの私にはこたえられない一杯でありました