« ビルギット・ニルソンを悼む | トップページ | モーツァルトのレクイエム »

2006年1月18日 (水)

チャイコフスキー 交響曲第1番「冬の日の幻想」 マリナー指揮

「チャイコフスキーが好き」と堂々と言えない。ワーグナーを中心に独・英音楽を愛する者にとっての正直な気持ち。いやはや、恥ずかしいけど好きなの。でも思い切って言おう。「チャイコフスキーの6曲の交響曲が大好きなのだ!」

Marriner_tchaikovsky_12 そんな私のフェイバリットが「マリナーのチャイコフスキー」なのだ。オーケストラは当然「アカデミー(室内)管弦楽団」。大いに偏見をもって、ハスに構えて聴いて欲しい。こんなに爽やかで、気持ちよいチャイコフスキーってあるだろうか?一応フルオーケストラの構えでの演奏だが、どこまでも風通し良く、停滞せず、心持速めのテンポは全くもたれない。深みや強い個性はない。その代わり音楽する心に満ち満ちている。楽しくも聴いていて元気になれる。明日もまたやって来る、そんな気持ちにさせるチャイコフスキーなのである。

「冬の日の幻想」は高名なティルソン・トーマスの演奏で開眼したが、それを思わせる「爽やか演奏」がこのマリナー盤。アバドもよいが、オーケストラ(シカゴ)が巧過ぎるのと、やっつけ録音の感あり。ハイティンクは音楽的で雰囲気豊かな名演なるも、やや重たすぎる。ロシア系や昨今のチェコ系は聴いてないが、私のとっては、この英国産すっきり系がこの曲の場合しっくりくる。とりわけ2楽章と3楽章は管楽器が美しく理想的な演奏。

そんなマリナーも今や高齢で、一時はカラヤンも凌ぐほどのレコーディング量を誇ったが、このところさっぱり耳にしない。海外ではそこそこの活動をしているはずなので、どんな円熟ぶりか確かめてみたいものだ。

|
|

« ビルギット・ニルソンを悼む | トップページ | モーツァルトのレクイエム »

コメント

先日、お客さんにロンドンSOが1964年に来日時のパンフをみせていただきましたがメンバー表に第2ヴァイオリンの主席としてマリナーの名を見つけました。写真も載っていました。そしてなんと作曲家のアーサー・ブリスが指揮者として同行してたんですね。びっくりしました。

投稿: einsatz | 2006年1月18日 (水) 02時16分

おはようございます。
マリナーのチャイコフスキーをエントリーされるのは珍しいかもしれません。拙ブログの4番交響曲をTBさせていただきました。
アカデミー室内管らしい爽快な演奏でボクは好きです。ロシア臭くないのも良いんじゃないかと思っています。
HMVの通販で全集を購入したんですが、そのページのレビューでは酷評されていました(^^ゞ。

「冬の日の幻想」、よく聴くチャイコフスキーの一つなんです。マゼール盤もなかなかイケます。

投稿: mozart1889 | 2006年1月18日 (水) 06時24分

einsatzさま 
64年のロンドン響とはすごいですね。モントゥーも来た時ですか。ブリスはたまに聴く作曲家ですが、何を指揮したんでしょう?昔のことだから「もりだくさん」のプログラムだったのでしょうね。確かマリナーはモントゥーの弟子だったはずです。

投稿: yokochan | 2006年1月18日 (水) 13時13分

mozart1889さま
こんにちは。そうです、マリナーがアカデミーと
フルオーケストラ曲を入れたものは結構好きなのです。レスピーギとかビゼーとかスコアが透けて見えるようなところが爽快です。さすが、mozart1889さん。4番をご紹介されているんですね。早速拝見し、強く共感いたしました。
マリナーにはブラームスやR・シュトラウスなんてのもやって欲しかったです。

投稿: | 2006年1月18日 (水) 13時20分

モントゥーは前年の63年来日時にLSOに同行していますがこの64年に他界していますね。だからブリスのほかはケルテスとデイヴィスが一緒に来てます。しかし豪華なラインナップですよね。

投稿: einsatz | 2006年1月19日 (木) 02時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/151893/8212062

この記事へのトラックバック一覧です: チャイコフスキー 交響曲第1番「冬の日の幻想」 マリナー指揮:

» マリナー/ASMFのチャイコフスキー 交響曲第4番 [クラシック音楽のひとりごと]
マリナー指揮するアカデミー室内管のチャイコフスキーの交響曲全集(レーベルはカプリッチョ)、HMVのバーゲンで激安だったのでついついGET。 1800円で6曲が揃って、しかも管弦楽曲もいくつかフィルアップされている、コスト・パフォーマンス抜群の全集・・・・。 (ただし、HMVのサイトでは酷評されていたが^^・・・・ ) 芸術にコスト・パフォーマンス云々とは真摯なクラシック・ファンに怒られそうだが、CDも立派な「商品」だからねぇ。価格が安いのはエエことであります。 マリナーのCDは夥しいほど市販され... [続きを読む]

受信: 2006年1月18日 (水) 06時21分

« ビルギット・ニルソンを悼む | トップページ | モーツァルトのレクイエム »