« 「聖書の暗号」 | トップページ | ヴェルディ「オペラ合唱曲」 アバド指揮 »

2006年2月14日 (火)

ベートーヴェン「ミサ・ソレムニス」

Richter ベートーヴェンミサ・ソレムニスは「荘厳ミサ」というくらいで、80分を越す大曲だ。聴き手もそれなりの覚悟と準備を要する。はずだと思っている。
日曜日に、思い立って2回も聴いてみた。
しかし、音楽はベートーヴェンのいかめしい厳しさ、とっつき憎さ、正に荘厳と呼ぶべきものは、以外と少ないのではないかと思った。
 むしろ、晩年の澄み切った心境を感じさせる、無駄のない明快さと簡潔感に満ちている。後半のベネディクトスなど、完全にロマン派の音楽で、その美しさには耽美的なものさえ感じてしまう。ともかく美しい。その美しさばかりを磨き上げると、一時のカラヤンのようになってしまう。そうした、ベートーヴェンの二律背反する要素をうまく現していたのが、ベームとウィーン・フィルで、ベームの堅い枠組みから微妙にはみ出して、美しい音楽を奏でていたウィーン・フィルの音が、その要素を完璧に捕らえていた。

今回は、非正規盤ではあるが、リヒターミュンヘン・フィを指揮したライブを聴いた。
写真は、本演奏とは関係ないが、DGのリヒターのサンプル盤で、これが素晴らしい選曲で何回聴いたかわからない。これを代用した。
S:ヘザー・ハーパー、Ms:ユリア・ハマリ、T:ゴルドン・グリア(?)、B:ニコラウス・ヒレブラント、Cho:ミュンヘン・バッハ合唱団 録音:1977年9月

バッハばかりか、リヒターはベートーヴェンまでの宗教曲を中心によく演奏していた。我々にとっては、早くに旅立ってしまっただけに、「マタイ受難曲」の超絶演奏があってこそのリヒターだが、晩年は、こうした大曲やメンデルスゾーンやブルックナーまで演奏していた。
 この「ミサ・ソレ」は晩年の記録だが、合唱の素晴らしさは筆舌に尽くしがたい。あまり大きな編成でないであろう、言葉の明晰さは、永年の手兵の一連のバッハ演奏を思わせる。合唱も人の声の集合体だから、個性や特徴あるわけで、まさにこれはミュンヘン・バッハ合唱団の声なのだ。しかし、全般にどことなくロマンティックな演奏である。一番美しい「ベネディクトゥス」から「アニュスデイ」にかけては特にそう感じる。たっぷり楽器を鳴らし、豊かな響きを作りながら、独唱も合唱もことのほか陰影が濃い。
 同時期に来日して、オルガンとチェンバロのみでのリサイタルを行っているが、当時「ゴールドベルク変奏曲」を聴いた友人は「結構濃い」と評していた。

放送音源で万全の視聴ではないが、リヒターの演奏としては貴重で、かつての「マタイのリヒター」という固定観念を無視して聴けば、極めて立派な演奏ではなかろうか。
本来ならば、謹厳なリヒターがベートーヴェンから、同質のものを引き出す、という厳しい演奏を望むところであったが、合唱を中心とした言葉への訴求力の高い演奏と感じた。

リヒターが、もう少し活躍していたら、どんな風になっていただろう。
 

|

« 「聖書の暗号」 | トップページ | ヴェルディ「オペラ合唱曲」 アバド指揮 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ベートーヴェン「ミサ・ソレムニス」:

« 「聖書の暗号」 | トップページ | ヴェルディ「オペラ合唱曲」 アバド指揮 »