« R・シュトラウス アルプス交響曲 プレヴィン | トップページ | ディーリアス 「夏の歌」 バルビローリ »

2006年8月30日 (水)

青森・秋田・岩手 メタボリック出張

Hatsushoku 先日、数日をかけて北東北3県の出張に行っていた。
各県のお客巡りを車で走行するわけだが、ともかくでかいエリアである。
岩手県だけでも、四国より少し小さいくらい。走行距離は4日で、800Kmに及んだ。
例によって、時間の許す限り、というか腹の許す限り飲んで、食べた。
まずは、朝一の新幹線にて「八戸」入り。これなら午前中に、市内で面談ができる。
お昼は、八戸市民の食生活を支える、「八食センター」へ。ここは必ず訪れることにしている。市場とショッピングセンターが一体化したような施設で、飲食店も充実している。
「勢登鮨」でラーメン・寿司セットで、満腹コース。煮干出汁の八戸ラーメンに、鮮度抜群の寿司は応えられない組合せ。

Imgp1419 三沢市内のスーパーで、魚介の串焼きの移動屋台を発見。
焼鳥じゃないところが、青森している。たまらん。



Imgp3609a 夜は、南下して「盛岡」泊。盛岡の夜は以外に賑やかだ。
華やかな客引きも多い、ふらりと小料理屋「酔牛」へ入ってみる。
馬刺しや、豆腐、三陸の魚などをあてに、岩手の地酒「よえもん」などをたくさん飲んだ。腹が許せば、「冷麺」でもと思ったが初日ゆえ慎重に見送った。画像は以前食べた「ぴょんぴょん舎」の冷麺。イオンなどに出店したり、テレビでも紹介されたりで、最近有名になってしまった。

Imgp2245 翌日は、岩手から秋田内陸部の「大舘」へ。ハチ公の生まれた里。
比内地鶏の産地。地鶏の店「秋田比内や」大舘本店に勇んで乗り込んだが、客は満杯。かろうじて一人分確保してもらった。写真を撮るどころでない。
比内地鶏は、コシと鶏の旨味が凝縮されていて、何を食べても最高。甘めの地酒との相性も良い。残念だったのは、混雑する客の面々は、皆関東方面からの出張族で、自分がどこにいるのかわからなかったこと。つまらないのだ。
地元と触れ合うのも、出張の楽しみだし、情報のやり取りも仕事に寄与するのだ。
 でも、2軒目に訪れた、「GREEN WOOD」なるバーは、既に紹介済みだが、音楽といいウィスキーといい、私の好みに符合する素敵な店だった。
比内鶏の卵を織り込んだ「パイラスク」を購入した。これが、卵の優しい甘味が効いておいしかった。
Sichimi 大舘で「そば処七味」にふらりと入った。ところが、メニューの大半は中華である。皆、中華そばなどを食べている。そこで、「特製七味ラーメン」なるものを注文。これが、魚貝出汁のあっさりラーメンで、具がゴージャス。
なかなかに優しい味で、堪能した。

Sashimi 翌日は、津軽「弘前」を経て、「青森」へ。
青森に行くと、必ず行く寿司屋「あけぼの」。親子で永年真面目に握り続ける、地元民に愛される肩の凝らない寿司屋だ。
市内に入ったのが遅かったので、ネタがかなり絞られてしまったのが残念だが、それでも鮮度の高い素晴らしい魚を供してくれた。
Uni 最高だったのが、津軽湾・野辺地の近郊でとれた「ウニ」。
もう、も~う、たまらなく美味い。どうしようもない。
津軽の名酒「田酒」があれば言うことなしだが、「じょっぱり」で我慢。
ウニをひとくち、口に含んでは、とろける甘味を噛みしめる。それを、日本酒で流し込んですっきりさせ、またウニを頬張る・・・・・。
Sushi  「あるネタで握りましょう」ということで、この寿司。
こんな美味いものばかり食べてたら、体を壊してしまうが、それでもいい。
もう、どうにでもして、ということになる。


Aomori_sta2 腹ごなしに、青森駅まで歩いて、この先は北海道なんだと、しばし旅情を楽しんだ。

体のメタボリック化が心配だが、酒と美味しいものは、音楽と同様に止められない。周囲は私を「ミスター・M(メタボリック)」と呼ぶ。ふっふっふ。

|

« R・シュトラウス アルプス交響曲 プレヴィン | トップページ | ディーリアス 「夏の歌」 バルビローリ »

コメント

なんだか美味い物・酒だけの所へ行かれているようですね。
もしかして仕事抜きの報告書無しの出張というやつでしょうか?
実は私も昔やりました。(^^♪

投稿: びーぐる | 2006年8月31日 (木) 23時08分

こんばんは。一人出張はこんな感じになります。
一応仕事はこなして、報告書も成果品もクライアントに提出してるんですが、自分でもどこで仕事をしてるんだか?と思うことしばしです(笑)

投稿: yokochan | 2006年8月31日 (木) 23時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/151893/11691026

この記事へのトラックバック一覧です: 青森・秋田・岩手 メタボリック出張:

» 【盛岡】ぴょんぴょん舎 [東京の美味しいグルメ]
先日、仕事で盛岡まで行ってきました。 やっぱり出張といえばご当地名産(あれ、仕事しろってか?)。盛岡で岩手牛やわんこそばなど美味しいグルメを食べたいと思っていたんですが、残念ながら日帰り。 ということでランチだけでも、ということで冷麺を食べよう!とぴょんぴょん舎に行ってきました。 そういえばお隣の山形県は確か日本一の麺消費量の県なんですよね。確か(関係ないか)。 このぴょんぴょん舎の冷麺は、以前岩手出身の家内の友人が「美味しいよ!」とお土産で買ってきてくれたのを自宅で食べたらものすご... [続きを読む]

受信: 2006年9月18日 (月) 23時54分

« R・シュトラウス アルプス交響曲 プレヴィン | トップページ | ディーリアス 「夏の歌」 バルビローリ »