« メータ指揮 フィレンツェ五月音楽祭管弦楽団 | トップページ | ハイドン 交響曲第6番「朝」 第7番「昼」 第8番「晩」  マリナー »

2006年9月15日 (金)

シェリル・ミルンズ アリア集

Milnes 昨晩、本場イタリアの雰囲気をまがりなりにも味わってしまい、歌が聴きたくてしょうがなかった。今回来日の演目は「ファルスタッフ」と「トゥーランドット」の2演目だったが、チケットが高いのと、荒川静香効果でトゥーランドットは早々に完売。どうして日本人はこうなるんだろ。

それはともかく、今晩は朗々としたバリトンの歌唱をアメリカの名バリトン「シェリル・ミルンズ」で楽しむことにする。アメリカ系のバリトンといえば、「ウォーレン」や「メリル」が思い浮かぶがミルンズもその器用さ、マッチョな力強さにおいて同系。

70年代は、「カプッチルリ」か「ミルンズ」かで、各社のレコーディングに名を連ねていた。
レパートリーは広大で、バッハからオルフ、R・シュトラウスまで、独・仏・伊なんでもござれ。
こんなオールマイティーだから、何でもソツなくそれなりに良く、この人でなければ、という強列な個性や絶対性はない。そんな訳で、有名だけどあんまり印象にない人なのかもしれない。

でも抜群の歌唱力とテクニック、豊な声量と朗々と響く美声で聴くミルンズの歌は、快感にも似た満足感が得られ、私は好きだ。(カプッチルリのほうがそりゃいいけど、レパートリーがやや狭い)中でも、「イャーゴ」「スカルピア」「エスカミーリョ」「ジェラール」なんてところは、文句なし。いい人役の「ロドリーゴ」「リゴレット」なんてのも、それなりに良いところがミルンズらしい。

このCDは、72年に録音されたアリア集に、デッカに残した各種全曲盤からの聴き所を集めたもの。アリア集では、「セヴィリア」「清教徒」「エルナーニ」「ドン・カルロ」「オテロ」「ジョコンダ」「西部の娘」などが、何と私が高く評価する「シルヴィオ・ヴァルビーゾ」の指揮で収められている。いずれも素晴らしい。
ハイライトの最後は「トスカ」から「スカルピアのテ・デウム」がそっくり入っている。
こいつは、スカルピアの模範生のような歌唱でたまらなくいい。

「音楽の季節」到来と共に、「食欲の季節」も世間では云々される。メタな私は年中「食・酒」の季節である。
Hachinohe_hasyhoku 今週は、再び青森・秋田に出張。北東北だけ晴れ、あとに地方は雨の恵まれた時に。コスモスが咲きほこり、初秋を充分に感じ取れた。
今回は、お客さんと一緒だったので、プチ・メタボリック飲食。
画像はまた訪れた、八戸の八食センターで、ちらし寿司を。
あらゆる海の幸が、ぎっしりと乗っている。プチのつもりが、・・・・・。
「これはもう、秋のメタボリック大行進曲や~」

|

« メータ指揮 フィレンツェ五月音楽祭管弦楽団 | トップページ | ハイドン 交響曲第6番「朝」 第7番「昼」 第8番「晩」  マリナー »

コメント

お教えいただきありがとうございます。 
トスカの「テ・デウム」には本当に心揺さぶられました。 
あんなにエレガントなイヤな奴、そう誰にでも演じられるわけではないと思います。 
もしオペラに三国志があったなら曹操は彼しかいない!と、かなり飛んでしまった想いがございます。 


八戸はわたくしの祖父母の故郷なのでミルンズと合わせて嬉しすぎでした。 
重ね重ねありがとうございます。 

投稿: moli | 2009年2月13日 (金) 21時15分

moliさま、こんばんは。
こちらのミルンズにもコメントありがとうございます。
ほんと、かっこいいです。ミルンズ。
このCDで私は歌ってます(笑)

>オペラに三国志があったなら曹操は彼しかいない<
おお、まさにそれですよね。激しく同感です。
ミルンズは日本では舞台経験はないのではないでしょうか。
残念なことでした。
「サロメのヨカナーン」もすごくいいです!

八戸にご縁がおありなんですね。
仕事でよく行きましたので、八戸の隅々まで車で走りまわってます。とても好きな街のひとつです。
八食センターに行っては、その素晴らしい食材に涙しております。

投稿: yokochan | 2009年2月14日 (土) 01時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: シェリル・ミルンズ アリア集:

» ドットコモディティ [ファイナンス金融保険 Gメン]
ドットコモディティの手数料は取引スタイルにあわせて2種類ご用意しています.お客様の取引スタイルにあわせてお [続きを読む]

受信: 2006年9月18日 (月) 13時33分

» メタボリック(内蔵脂肪)症候群とは? [★占い相談情報館/携帯サイト・悩み解決情報★]
各種占い・悩み解決情報のブログやってます。 あと、日々の気になるニュースを配信中 [続きを読む]

受信: 2006年9月30日 (土) 10時21分

« メータ指揮 フィレンツェ五月音楽祭管弦楽団 | トップページ | ハイドン 交響曲第6番「朝」 第7番「昼」 第8番「晩」  マリナー »