« エルガー 「スターライト・エクスプレス」 マッケラス指揮 | トップページ | R・シュトラウス 交響詩「死と浄化」 アバド指揮 »

2006年12月17日 (日)

ワーグナー 「ローエングリン」 マタチッチ指揮

Dsc00955 札幌のホテルよりワーグナを聞きながら投稿。マイレージの一部が今月末に切れてしまうので、週末を利用して飛んできた。ちょびっと仕事、ほとんどがプライベート。
この冬の札幌は雪が殆どない。雪の降り積もる光景を期待していたのに、ガッカリだよ。

Dsc00940 でも恒例のホワイト・イルミネーションは美しく、その元ではクリスマス・マーケットもあってドイツのような風景(行ったことないけど)
道産子の友達らと楽しく飲み、食べ過ぎてしまった。

Dsc00993

二日酔い状態で、雪のちらつく大通りを抜け、クラシック喫茶「ウィーン」を訪問。
かなりマニアックな場所にあって、歴史も古いと聞くが、店内は清潔で居心地がよろしい。
何よりも、鎮座するマッキントッシュの音響が素晴らしく、時おりかかるレコードの温もりある音にぴったり。ブラームスやモーツァルトを堪能した。

Matacic_lohengrin_1 オルフェオのバイロイト・シリーズ、今度は「マタチッチのローエングリン」という涎ものを復刻してくれた。マタチッチ唯一のバイロイト登場の年、1959年の記録はあまりにも貴重。
録音もモノラルながら、響きが豊かで、木質の劇場の雰囲気を堪能できる。

マタチッチというと、豪快な巨魁というイメージがあるが、このローエングリンはなかなかに精緻でありながら、明るく開放的な印象を与える。心持ち速めのテンポは聴いていてとても自然で、昨今のスマートなワーグナー演奏にひけをとらない。
明晰な音を好んだヴィーラント・ワーグナーがマタチッチを選んだのもわかる。

 ローエングリン:シャーンドル・コンヤ  エルザ:エリーザベト・グリュンマー
 テルラムント:エルンスト・ブラン     オルトルート:リタ・ゴール
 ハインリヒ :フランツ・クラス        伝令士   :エーベルハルト・ヴェヒター

この素晴らしい顔ぶれ。この作品の理想。なかでも私の好きな「コンヤ」のタイトルロールの気品あふれる歌は涙が出るほど素晴らしい。
札幌の地で、最後の場面を何度も何度も聴いてしまった。

Lh2 ヴィーラントのこのプロダクションは、万博1970年の「ベルリン・ドイツ・オペラ」来日公演で上演された。マゼールとヨッフムが指揮し、前者によるものがNHKで放送された。
小学生だった私の記憶にかすかに残るのは、夢幻を誘う前奏曲だけだ。

Lh1

さあ、迎えもやってきたので、夜の札幌に繰り出そう。

|

« エルガー 「スターライト・エクスプレス」 マッケラス指揮 | トップページ | R・シュトラウス 交響詩「死と浄化」 アバド指揮 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/151893/13099551

この記事へのトラックバック一覧です: ワーグナー 「ローエングリン」 マタチッチ指揮:

« エルガー 「スターライト・エクスプレス」 マッケラス指揮 | トップページ | R・シュトラウス 交響詩「死と浄化」 アバド指揮 »