« R・シュトラウス 交響詩「死と浄化」 アバド指揮 | トップページ | シューベルト 交響曲第8番「未完成」 ミュンシュ指揮 »

2006年12月19日 (火)

エルガー 「エニグマ変奏曲」(オルガン版)&「オルガン・ソナタ」

Sapporo_irumi いつもお世話になっている「naopig」さんのブログで、「作曲家占い」が紹介されていて、私もやってみた。
私に類似度が高い作曲家は「シューベルト」だそうな。
早死にが極めて気にかかるが、悪い気分じゃない。
何よりも、性悪「ワーグナー」じゃなくってよかった。
でも本当は、「ジェントル・エドワード・エルガー」がよかったんだけどなぁ。

Gachaping 先だっての札幌で、タワー・レコードを巡回した。
各地のCDショップを訪れると、以外なワゴン・セールがあり喜々としてしまうことがある。お気に入りが見つかると、それを持って酒場へ向かう。
一人袋から出して、酒を飲みながらCDを眺める。端から見ると変なわたし。こちらのタワーでは、ガチャピン君も訪問中で握手会?をやっていた。

Elgar_organ_1 そして発見したのが、今回の「エルガー」。
初めて聴く「オルガン・ソナタ」に「エニグマ」のオルガンバージョン。
ハイペリオンの2002年録音で、@490円也。元値を見ると@2370円が付けられていた。よっぽど売れなかったのかしらん。
他にも、RVWやウォルトン、未知の英国作曲家に、ソプラノのマッティラのアリア集など、どれも@490円。「え~、いいの~?」と思いつつにんまり。

「エニグマ」オルガン版は、ここで弾いている「キース・ジョン」氏の編曲によるもので、聴きなれた原曲からすると、ニュアンスがすごく豊かで、強弱の幅も大きい。
どちらかというと、静かな部分ほど耳をそばだてて聴かせてくれるように思う。
「ニムロッド」など、立派なオルガン曲になりきってしまっていて感動ものだ。

4つの楽章からなる「オルガン・ソナタ」は作曲者が38歳頃に書いた曲で、これこそエルガーのもうひとつの交響曲のように感じる。30分あまりの曲ながら、日頃慣れ親しんだエルガーらしいジェントルな旋律が随所に散りばめられていて、初めて聴く気がしなかった。
思わず背筋を伸ばしてしまう場面や、ホロリとさせたり、ニンマリとさせたりする場面も満載の桂曲。

ロンドンのテンプル教会のオルガンを使っての録音。

|
|

« R・シュトラウス 交響詩「死と浄化」 アバド指揮 | トップページ | シューベルト 交響曲第8番「未完成」 ミュンシュ指揮 »

コメント

僕も「占い」をやってみました。バッハ人でしたよ。相性悪いのがワーグナーでイイのがシベリウス。そうかも・・・。付き合うんだったらワーグナー、確かに大嫌いなタイプだもんなぁ。エルガーのオルガン版、興味津々でしたが、オルガン編曲されたものにはどうも成功作がなく、ちょっと色眼鏡でみてました。
ところで、「ブラーヴォ」によるとリンデン・オパーの来日公演が9月後半から10月なんですね。「トリスタン」、横浜で見ようかなぁ。NHKホールと設計者が同じなんですよね。でも、一回り小さいから、ステージが良く見えそう(NHKホールより)。一斉前売りが2/10だそうで、今から戦闘モードです。
デッセイは11/15、11/18、11/21、いずれもオペラシティ。6月発売予定でジャパン・アーツでした。

投稿: IANIS | 2006年12月19日 (火) 23時55分

IANISさん、こんにちは。私は原曲も大好きなせいか、この奇矯な試みも結構楽しんで聴きましたよ。
しかし、みんなワーグナーになりたくない点が面白いです。
そんなワーグナーの音楽となると目の色が変わってしまうのですから、またなんとも。
トリスタンは横浜が初日ですので、少し熟してからにしようと思ってますが、NHKホールがね・・・・。
ナタリーの情報ありがとうございます。こちらも争奪戦となりそうですね。

投稿: yokochan | 2006年12月20日 (水) 12時46分

こんばんは。ガチャピンは札幌にいたのですね。本物のガチャピンに会って見たいです。ミッキーマウスみたいに「札幌にいるときは他のタワレコには登場しない」とか決まりとかもしかしたらあるんでしょうか。
エルガーもよさそうですが、他の未知の作曲家のCDも興味シンシンです。どんなのあったのかしら~。

投稿: naoping | 2006年12月20日 (水) 23時35分

本物のガチャピンはでかいヤツで、無口でした。
エルガーのオルガン・ソナタは親しみやすくなかなかの曲です。
そして、未知もの好きのnopingさんは、大いに気になるでしょう。
ラモンドとアルベールです。いぜれも後期ロマン派あたりの作曲家のようです。いずれご紹介しますので。
それにしても、英国音楽はワゴン行きの運命のCDが多いような気がします。これはこれで嬉しく、見つけたら即、救出ですよ。

投稿: yokochan | 2006年12月21日 (木) 01時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/151893/13129800

この記事へのトラックバック一覧です: エルガー 「エニグマ変奏曲」(オルガン版)&「オルガン・ソナタ」:

» ヨッフム/LSO  エルガー 管弦楽の為の独創主題による変奏曲 [守口フィラデルフィア管弦楽団研究会]
今日もエルガー、管弦楽の為の独創主題による変奏曲、いわゆる「謎」を聴いてみる。 僕はこの作品の呼び名が気に食わない。 成立過程から、この作品は謎変奏曲と言われたりする。 ところがこれは日本語としては言いにくいのだろう、「謎の変奏曲」とか「変奏曲謎」とか遂....... [続きを読む]

受信: 2006年12月20日 (水) 04時31分

» アシュケナージ ハイティンク/ACO  ラフマニノフ ピアノ協奏曲第3番 [守口フィラデルフィア管弦楽団研究会]
「そうだね、プロテインだね」 byパッション屋良  ↑ すいません。 一度やってみたかったのデス。 年末も押し迫って来ると人間壊れて来ますナ。 今日はなんとハイティンクだよ。 うん、ハイティンクね、好きではありませんでしたネ。 長い間。 だって、アツく....... [続きを読む]

受信: 2006年12月27日 (水) 04時11分

« R・シュトラウス 交響詩「死と浄化」 アバド指揮 | トップページ | シューベルト 交響曲第8番「未完成」 ミュンシュ指揮 »