« シェーンベルク 「清められた夜」 メータ指揮 | トップページ | ストラヴィンスキー 「春の祭典」 サロネン指揮 »

2007年1月 7日 (日)

ロッド・スチュワート 「アトランテック・クロッシング」

Rod_stewart_atlantic 毛色の異なる、英国産の音楽を。こじつけ「イギリス音楽」。
Rod Stewartの「Atrantic Crossing

昨年暮、ロッドは大英帝国第3等勲爵位、いわゆるCBEに叙勲された。これを記念して取上げてみた。
スコットランド系のロンドン生まれの英国人。もう61歳になるが、いつまでも若々しく、チョイわるオヤジ的存在。
英国のロックバンド「フェイセス」のヴォーカルから、ソロに転向し、アメリカに渡った。

学生時代はクラシック以外にも、プログレッシブロックやAOR系、和製ニューミュージックなど、広範に聴きまくっていた。
ロッドとの出会いは、この1枚。少しサイケな見開きジャケットにも惹かれた。
1975年の作で、この1枚をもって、所属レコード会社も変わり、英国から米国へ、文字通りなが~い足をもって「大西洋を渡った」。

レコードでいうところのA面は「ファースト・サイド」、B面は「スロー・サイド」という具合に、アップテンポの曲5曲と、スロー・バラード系の曲5曲が、きれいに分けられていた。
 ことさら気に入ったのが、スローな曲。ハスキーな声でシャウトするイメージのロッドが、バラードを歌う。これにハマッた。

「もう話したくない」、「スティル・ラブ・ユー」なんてのは、今聴いてもぐぐっとくる。
もちろん、最後に歌われるあまりにも有名な「セイリング」もいい。

 「ぼくたちは帆を広げ海を渡っていく 海原を越えて故郷への海を急ぐ
 ぼくたちは海を渡る 潮辛い水を飲み君のもとへ 自由になるために
 あぁ神よ あなたのそばへ 自由になるために ぼくたちは航海を続けるのだ」

大英帝国のひとって、海が好きなのかもしらん。エルガーにV・ウィリアムズらの「海」系の音楽を思い起してしまった。

|
|

« シェーンベルク 「清められた夜」 メータ指揮 | トップページ | ストラヴィンスキー 「春の祭典」 サロネン指揮 »

コメント

こう見えて拙者もロックにはうるさい口なのですヨ。
フェイセス。
ロン・ウッドがストーンズとフェイセスの狭間で苦しみ、それを見かねたロッドが解散を決意したのでしたね。フェイセスであれでか弾けていたウッドがストーンズでは「キースのクローン」と化したナゾ。
今度の来阪ではロック・バーに行きますか?

投稿: リベラ33 | 2007年1月 7日 (日) 16時46分

リベラさん、こんばんは。
おお、ロックうるさいクチですね。ロン・ウッドも渋いところです。
私は少しばかりかじっただけですので、リベラさんの足もとにも及ばないと思いますが、ロック・バーはいいですね。是非ぜひ。

投稿: yokochan | 2007年1月 7日 (日) 20時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/151893/13366536

この記事へのトラックバック一覧です: ロッド・スチュワート 「アトランテック・クロッシング」:

» シルバーフォックスケープ [厳選500社の最新情報]
シルバーフォックスケープ 価 格59900円 シルバーフォックスのゴージャスな魅力あふれるケープ。ブラックドレスにはおればパーフェクトなフォーマルスタイルに。 [続きを読む]

受信: 2007年1月 7日 (日) 19時48分

« シェーンベルク 「清められた夜」 メータ指揮 | トップページ | ストラヴィンスキー 「春の祭典」 サロネン指揮 »