« ディーリアス ヴァイオリン協奏曲 ホームズ&ハンドレー | トップページ | ブラームス 交響曲第4番 クライバー指揮 »

2007年3月 6日 (火)

「ペーター・ホフマン」 ワーグナーを歌う

Hofmann ワーグナーを聴く楽しみは、長大な楽劇を骨の髄まで染みとおるように聴くのも良いが、ソロ歌手達の名唱で、名場面のサワリを聴くのも充分に楽しい。
序曲・前奏曲だけだと、続きが欲しくなるが、歌付きだと満足感が味わえる。

今晩は、容姿もその歌声も極めてかっこいい「ペーター・ホフマン」の残したワーグナー曲集を久しぶりに取り出してみた。
1983年の録音で、日本盤がCBSソニーから出てすぐに買い求めた。
当時はCD1枚が3800円もした。今思うと、よく買えたものだ。というか、CDなんて、月に1~2枚しか買えなかった。その分、大事に何度も何度も聴いたわけ。

それはそうと、1944年生まれのホフマンを始めて聴いたのが、1976年のバイロイト放送。そう、あのシェロー=ブーレーズのバイロイト100年のセンセーショナルなリング。
激しいブーばかりが、やたら印象にのこったが、ジークムントを歌ったホフマンの素晴らしい声に驚いた。
J・キングを無二のジークムントと思い込んでいた自分にとって、そのクリアーな声には魅了された。
その後、主としてバイロイトでの放送を通じ、「ジークムント」「パルシファル」「ローエングリン」「トリスタン」「ヴァルター」などをエアチェックして楽しんだ。
「コロ」「イェルサレム」と並んで、「3大ヘルデン・テノール」を謳歌したものだ。
カラヤン、ショルティ、バーンスタイン、レヴァインなどの大物からもひっぱりだこになり、CDも豊富に残されている。
若い頃から、歌っていたロックの分野でも活躍したマルチぶりであったが、私などワーグナーは声の負担が大きいから、無理して欲しくないな、と思っていたのだが・・・・・。

そんなホフマンも、90年代に入ると、歌唱が安定せず、不調の連続になってしまい、第一線から姿を消してしまうことになった。
悲しむべきか、パーキンソン病に犯されていたのである。
この病さえなければ、ジークフリートにタンホイザーといったロールへのチャレンジが待ち受けていたのに・・・・・。

 「マイスタージンガー」「ワルキューレ」「ジークフリート」「リエンツィ」「タンホイザー」
 「ローエングリン」それぞれの聞かせどころが、収録されている。
伴奏は、若きイヴァン・フィッシャー指揮のシュトットガルト放送響。
兄アダムがバイロイトで活躍し、自身はブタペストの重鎮となった。

ホフマンの声は、先にふれたように、クリアーでかつ力強いハリを伴なったもので、コロのような甘さのかわりに、陰りを感じさせるものだ。
その点では、ジークムントにピッタリで、キングと並んで、最高のジークムントだと思う。
小柄ながら、貴族のような容姿と、男ながら憎らしいまでのセクシーさは、ボッテリした往年のワーグナー歌手には全くない要素だった。
映像で観るジークムントとローエングリンには、まったく惚れ惚れとしてしまう。
白いシャツを着たジークムントに、大きな月を背景に眩いばかりに登場するローエングリン。

不世出の名ヘルデンテノールを聴きながら、今宵はグラスの酒がやけに進む。

|

« ディーリアス ヴァイオリン協奏曲 ホームズ&ハンドレー | トップページ | ブラームス 交響曲第4番 クライバー指揮 »

コメント

おはようございます。
ペーター・ホフマン、ホンマにカッコイイ歌手でした。素晴らしいヘルデン・テノールでした。
あまりにカッコイイのでポピュラー畑にも行ってしまいましたが、このCDは今も懐かしく取り出します。
いや、しかし当時は3800円、高かったですよね。これも涙が出るような懐かしさです。

投稿: mozart1889 | 2007年3月 7日 (水) 06時26分

mozart18891さん、コメントありがとうございます。
いやぁ、まったくおっしゃる通りで、ホフマンはカッコよすぎで、短命でした。そしてCDは高かった。
CBSの3800円はいい方で、4000円やごく初期は4500円なんてのもありましたよね。
価格が10分の1に下がったものも珍しいのではないでしょうか?
でも芸術の中身は変わってませんが。

投稿: yokochan | 2007年3月 7日 (水) 22時00分

こんばんは。
マイ・ファースト・ジークムントは多分、バイロイト=ブーレーズのP・ホフマンだと思います。いやー、かっこいいですね。DVDではつい彼ばっかり見てしまいます。あー、でもパーキンソン氏病だったんですか。知らなかったです。なんだかショックです。最近ジークフリート・イエルザレムもめっきり名前を聞きませんがどうしたんでしょう?

投稿: naoping | 2007年3月 7日 (水) 23時29分

nopingさん、こんばんは。
私のファースト・ジークムントはキング師です。その後、バイロイト放送ではゲルト・ブレンアイスなんていうヘナヘナのジークムントだったもんで、ホフマンのキリリと引き締まったジークムントにはえらく驚きましたよ。
イエルザレムも聞きませんね。数年前、N響のエレクトラに出てましたが、それっきり。そこへいくと、R・コロは自分をセーブしつつ頭髪以外は長命を誇った歌手でした。

投稿: yokochan | 2007年3月 8日 (木) 00時22分

yokochanさま お早うございます。

ちょっと遅れコメントですが~。
ペーター・ホフマンさん、パーキンソン病だったんですね、知りませんでした。レヴァインとの「ローエングリン」リザネクさんも歌っておられるので、欲しいなっていつも思っているんですが~。

ヴィントガッセンさん、キングさんは長く歌った方なんですね~
ミ(`w´彡)

投稿: rudolf2006 | 2007年3月 8日 (木) 06時16分

rudolfさん、おはようございます。
私もホフマンの病は最近になって知ったんです。
彼のHPでも病気のことが書かれてました。
悲しいことですが、ホフマンは充実期にいい録音を残してくれたのが嬉しいですよね。
ヴィントガッセン、キング、コロと長い歌手生命を保ちましたね。

投稿: yokochan | 2007年3月 8日 (木) 07時46分

ひさしぶりにおじゃまします。このCD、今も時折聴いていますが、何度聴いてもいいです。

>CDも豊富に残されている
コロ、イェルザレムにははるかに及びません。彼らと違って録音に熱心じゃなかったみたいですね。ポピュラー活動があったというのも一因でしょうけど。マイスタージンガーの正規盤がないのと、パルジファルの映像がないのが一番残念です。他にもいろいろと聞きたい、見たいものありますけど。

>小柄ながら、
映像、確かに小柄に見えますが、身長185cm、肩幅63cmと伝記にありますし、「暗い、セクシーな声の大男」という記述もあります。

投稿: edc | 2007年3月16日 (金) 22時29分

euridiceさん、こんばんは。ようこそおいでくださいました。
この1枚はほんとに宝物のような1枚です。
いつも教えていただくことばかりで恐縮してます。
「暗い、セクシーな声の大男」ですか、映像で観てると小柄に見えてしまうのは、他の方々がさらなる大男・ジャイ子さんだったのでしょうか。
カラヤンとのザルツブルクのパルシファル映像が、どこかに潜んでいそんでいるといいのですが。

投稿: yokochan | 2007年3月17日 (土) 01時04分

yokochanさん、とんでもありません。
>映像で観てると
これって、はじめて映像を見たころ、お友だちとそんな話をしたことがあります。やはり共演者が同等かそれ以上に大柄だということと、バランスが取れた体格、まったく肥満したところがないせいで、画面では一見小柄に見えるのだと思います。

逆の現象ですが、テレビや映画でしか知らなかった人を目の当たりにすると、一瞬とても小さく感じませんか? スクリーンやテレビ画面でのサイズ感って、実際より大きく認識させるようです。何度かそういう体験がありますが、いつだったか六本木でシルベスター・スタローンをみかけました。ほんとに小男に見えて驚きました。アメリカンクラブで卓球をしてるのを見たという知人が、「トム・クルーズってものすごいチビ!」って興奮して報告したこともあります^^; お二人ともいわゆる大柄な方ではないようですけど、それにしてもチビはないでしょ?

舞台映像というのは、撮り方によって、別の尺度が生じるような気がします。

長々とつまらないおしゃべり、失礼しました。

投稿: edc | 2007年3月17日 (土) 08時43分

eurideiceさん、なるほどです。
スポーツ選手は別として(むしろ大きく見える)、確かに芸能人とか小柄に見えますね。
それと、指揮者。映像で見るとオーケストラの前ではでっかいのに、コンサートで、指揮台を降りちゃうと小柄だったり、職業や役回りにもよるかもしれません。
どうもありがとうございました。

投稿: yokochan | 2007年3月17日 (土) 14時21分

またおじゃましました。おずおず...^^;
>ジークフリート・イエルザレム
1940年生だそうですから、もう70歳のほうが近い年齢ですね。現在ニュルンベルク/アウクスブルク音楽大学の学長。ホフマンと違って、平穏な人生というところでしょうか。

投稿: edc | 2007年3月18日 (日) 14時39分

おはようございます。どしどしお邪魔くださ~い(笑)
イエルザレムも70近くなんですね。
あの人は正真正銘デカイですよね。コンサート会場で見かけ横にならんだことがありますが、デカかった!です。

投稿: yokochan | 2007年3月20日 (火) 09時24分

お言葉に甘えて・・ ずれてますが、大きさ関連の話題をTBします。それから、ついでに下記は私のHPの写真にリンクしています。上はバイロイト音楽祭の余暇にテニスをする歌手たち。左から、ホフマン、ゾーティン、イェルザレム、エーゲル(ローエングリンチームとラインの黄金チームだそうです)中、ホフマンとバレンボイム。下、ホフマンとレヴァイン。

http://www.geocities.jp/euridiceneedsahero/image/8333.jpg
http://blog.so-net.ne.jp/_images/blog/_6c0/euridiceneeds/4441542.jpg
http://blog.so-net.ne.jp/_images/blog/_6c0/euridiceneeds/4471023.jpg

投稿: edc | 2007年3月25日 (日) 17時49分

euridiceさん、ようこそ! TBありがとうございました。
大と小のなかなかに興味深い記事、おもしろく拝読しました。
水泳パンツの話はなるほどです。昨日のローエングリンはウエストも問題でしたので、水泳パンツチェックは大事なことです・・・。

ご紹介いただいた、写真。見入ってしまいました。
特にバレンボイムとのツーショット。顔も含めて子供状態に唖然。
レヴァインも横にデカイだけなんだ。奥にいるエステスはデカそう・・。

投稿: yokochan | 2007年3月25日 (日) 21時14分

こんばんは… 
このCDはもう買えないのですよね。。。。  

 
一目お会いしたかったのに、どうしてわたくしを置いていってしまったの!?と一言申し上げたいくらいです。こちらでお元気なお顔を拝見できて嬉しい反面、二度とこういう姿は見られない悲しさが隠し切れません。 
 

投稿: moli | 2010年12月 2日 (木) 00時53分

moliさん、こんにちは。
今朝まで、ホフマン氏がいなくなってしまったことを知りませんでした。
ショックです。
現役を引退しての闘病生活。
神に召されてしまいました。

今宵は、ワーグナーを聴いて偲びたいと存じます。

投稿: yokochan | 2010年12月 2日 (木) 12時31分

moliさん、横から失礼します。

>このCD
日本のアマゾンには、いくら何でも?!の値段の中古が載っていますね。
ヤフーオークションに輸入盤が一枚出品されています。是非落札なさってください。

投稿: edc | 2010年12月 3日 (金) 08時55分

euridiceさん

えーーっ、すごい値段ですね!

moliさん、うまく入手されるといいんですが。。

投稿: yokochan | 2010年12月 4日 (土) 16時24分

edc様、yokochan様  

こんにちは。 
今まで気がつかずにおり、失礼いたしました。 
実は、法外なあのお値段のページをかなり前からお気に入りに入れておりました(いじらしい乙女心!?)。
今月初めに何気に覗いてみるとドイツからの発送ですが新品・送料込みで、なんとなんと2698円! 
数日前に届いてずっと聴いておりますheart01

投稿: moli | 2011年2月18日 (金) 11時11分

moliさん、こんばんは!

まぁ、ついに手にされたのですね。
新品購入なによりです。

昨年、亡くなってしまいとても残念なのですが、病から解放されたホフマンは、大ワーグナーにもその歌声を聴かせているかもしれませんね。
このCD、わたしも最高の宝物なんです。

投稿: yokochan | 2011年2月19日 (土) 01時11分

お久しぶりです。それに旧〜〜記事へのコメントでごめんなさい。昨秋発売の、ペーターホフマンの弟さんの本をのろのろと読んでいるのですが、びっくりの話がありました。知らなかったのは私だけ?なんてことかもしれませんけど・・

このアリア集の「ローマ語り」、ヴォルフラムのバリトンの名前まで載っていますけど、このバリトンの正体はホフマン自身なのだそうです。ウッソー?!エッ?!というわけで、じっくり聴いてみました。そう言われれば、そのようでもあります。 yokochan も是非、再聴してみてください。

記事TBします。いい加減で下手な訳、お恥ずかしいですが、ご容赦願います。

投稿: edc | 2013年2月 8日 (金) 14時21分

euridiceさん、こんばんは。
こちらこそお久しぶりです。
寒いですね。

そして驚きの情報をありがとうございます。
TBもありがとうございました。

ほんのちょい役のここでのウォルフラムですね。
ずっと気にせずにいました。
週末に家に帰ったおりに、是非にも確認したいです。
ちょうど、タンホイザーをとりあげようかというタイミングでした。

そしてタイミングというものはあるものですね。
数日前、某中古店で未入手だった「Monumennts」を見つけ購入しました。

ハリのある力強い声を楽しんでます。
近く記事にしようかと思ってます。

投稿: yokochan | 2013年2月 9日 (土) 01時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/151893/14163586

この記事へのトラックバック一覧です: 「ペーター・ホフマン」 ワーグナーを歌う:

» 大きさ [雑記帳]
下の方に追記があります(7月7日)ご近所のブログ、keyakiのメモ、メモ......とorfeo.blogで、オペラ歌手の大きさや体格が話題ですので、ちょっと違うかもしれませんが、便乗です。  オペラ歌手は、言葉通り、第一義的には「歌手」であるというのが、日本に限らず世界的通念だと思います。それでも、オペラはやっぱりお芝居だから楽しいのも間違いないところでしょう。演じる人と登場人物のイメージの乖離の激しさと、何が何でも歌ってしまうというのが、写実的な演劇、ひいては映画やテレビ・ドラマに慣れ親... [続きを読む]

受信: 2007年3月25日 (日) 17時49分

» 6)ロリオ:ヴィッコ・フォン・ビューロウ [BIBOROKU]
p.34ーp.38 ロリオ:ヴィッコ・フォン・ビューロウ  (Loriot:本名Vicco von Bülow ドイツのコメディの大御所だそうです。ロリオは伝記にもその漫画が登場していますが、どういう人かは知らないし、よくわからないので、この章はおもしろくない・・・と思っていたのですが、なんと驚きの新事実?!が!!早速、改めて聴いてみました。昨日、新国で「タンホイザー」を鑑賞したばかりです。偶然ぴったりのタイミングでした。夕星の歌も聴きたかった〜〜)  兄はバイロイトの初日の後、ヴィッコ・フォン・... [続きを読む]

受信: 2013年2月 8日 (金) 14時20分

« ディーリアス ヴァイオリン協奏曲 ホームズ&ハンドレー | トップページ | ブラームス 交響曲第4番 クライバー指揮 »