« ワーグナー 「さまよえるオランダ人」 新国立劇場 | トップページ | ドヴォルザーク 交響曲第5番 ヤンソンス指揮 »

2007年3月11日 (日)

「ビヴァリー・シルズ」 オペラ・アリア集

Fuji_miho 日本の山、フジヤマ!先週は静岡を浜松から三島まで、車で出張した。
気楽な一人出張のため、時間はキツかったが、ちょいと寄り道したのが、「三保の松」のあたり。
海のむこうに富士が眺められる絶景。ああ、美しい。日本人でよかった。
出張に備えて、記事も書き貯めして、公開予約をいれておいた。
でもあんまり、ライブ感がないからよくないな・・・。

Bsills ビヴァリー・シルズ、最近CDもあまり見かけなくなってしまったのは、所属レーベルのせいか? ウエストミンスター・レーベルがEMIから出ていた頃、70年代中頃が彼女の最盛期で、ベルカントものを中心にかなりのオペラ録音が発売されていて、よくNHKFMのオペラ・アワーでも聴いた。
そのレーベルがDGGから出るようになり、外盤ではご覧の通り黄色いマーク入りで出ている。
が、しかし、国内盤はさっぱり見向きもされない。本場ものの歌手ではないからか?
日本での人気はいまひとつ、アメリカでは絶大な人気を誇ったのに。

1929年ブルックリン生まれの生粋のニュヨーカー。3歳にしてラジオで歌うという神童ぶりで、以降正式な勉強も重ねて、順風満帆の発展を遂げた。
世界各地で歌いながらも、ニューヨークを愛し続けた彼女は、ニューヨーク・シティ・オペラを一流のハウスとし、1979年に引退後は同団の監督などもつとめた。
まだ元気に過ごしているはずだ。

Bsills2 今日は、彼女のフランス物・ベルカント物全曲盤からのチョイスと、ドイツ物などをおさめたアリア集を楽しもう。

彼女のレパートリーの中心は、ベルリーニ、ドニゼッティ、ロッシーニらのベルカント物とフランス物であろう。そしてJ・シュトラウス、レハール等の独オペレッタも得意にしていた。
彼女の歌声は、すっきりした聞きやすいもので、完璧なコロラトゥーラも嫌味がなく、心から感心できる。過分な表情付けもなく、親しみの持てるナイスなもの。
しかし、レヴァインがそうであったように、深みに乏しいと言われるのも一理ある。

そして、画像にて、そのラインナップをご覧下され!
何と彼女得意のレパートリーに加えて、コルンゴルトの「死の街」R・シュトラウスの「ダフネが収められているではないか!

この私の大好きなオペラ、しかもダフネは最後の場面がしっかり入っていてうれしい。
どちらも丁寧に歌われていていい。コルンゴルトやレハールはやや思い入れが強すぎて、昨今の歌とはちょっと違うが、これはこれでシルズの歌声がクリアーなだけに、充分に楽しめる。
ダフネが素晴らしい、この18分あまりの変容の場面に、ひとしきり泣くことが出来た。
シルズの愛らしい歌声に、シュトラウスの素晴らしい音楽が映える。
おまけに、アルド・チェッカート指揮のロンドン・フィルがこれまたいい。ジュリーニとアバドの間の世代のチェッカートは知る人ぞ知る名指揮者なのだ。N響にも来ていたし、シルズとのトラヴィアータの録音も残されている。

シルズの歌声、もちろんお得意の曲もそれぞれ喜々として楽しめた。
私はこうした、アメリカンな歌手は好きだな。

|
|

« ワーグナー 「さまよえるオランダ人」 新国立劇場 | トップページ | ドヴォルザーク 交響曲第5番 ヤンソンス指揮 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/151893/14220600

この記事へのトラックバック一覧です: 「ビヴァリー・シルズ」 オペラ・アリア集:

« ワーグナー 「さまよえるオランダ人」 新国立劇場 | トップページ | ドヴォルザーク 交響曲第5番 ヤンソンス指揮 »