« シューベルト 「冬の旅」 ハンス・ホッター | トップページ | ベルク 「ヴォツエック」 ドホナーニ指揮 »

2007年3月 3日 (土)

ボウトン 交響曲第3番 ハンドレー指揮

Holms 八王子で、「シャーロック・ホームズ」というイギリス風パブを発見して、好きなアイラ系のウィスキーを飲んできた。
本格的な食事もできるし、ランチタイムもあり、さらにティー・タイムにはサンドイッチやスコーン・ケーキなどが食べれるという、完全にイギリスしている店であった。こういうの大好き。

Holms2 壁にはこんなプレートあるし、ホームズの胸像やバスカーヴィルの犬の絵なんてのもそこここに置かれていて雰囲気いい。
音楽はポール・マッカトニーのライブ・ビデオが流されちゃってて、もう・・。
私の職・住エリアから、八王子は遠いけれど、また行きたい。

金沢にも「シャーロック・ホームズ」というショット・バーがあって昨年飲んできた。
いづれ、別館にてご案内。

Boughton_symphony3_1 今日の英国音楽は、ラトランド・ボウトン(1878~1960)の交響曲第3番。ロンドンの南東部にある、アイルズベリーという街に生まれたボウトンは、この時代の英国作曲家が皆、惹かれたように「ケルト文化」に心酔し、第2交響曲は「ケルト風」なんてタイトル付きだったりする。

それ以上に、私の気持ちにググッと来るものは、この人、「ワグネリアン」だったのである。
楽劇をいくつも残し、アーサー王ゆかりの地、「グラストンベリー」に自分の音楽祭をはじめた。「The Immortal Hour(不滅の時間)」という楽劇は当時かなり上演されたらしい。
CD2枚のサイズで、ハイペリオンから出ているので、是非押さえておきたい楽劇だ。

作風は、ワグネリアンだからといって、たじろぐ必要のない聞きやすいもので、エルガーやV=ウィリアムズらの延長上にあるといっていい。同じケルト好きのバックスよりは聞きやすいかもしれない。
オペラの人だけにメロディも押さえやすいし、カッコいいサウンドも髄所に聴かれる。
3曲ある交響曲のうち、1番は「クロムウエル」をイメージして書かれ、2番は自作のバレエ音楽からの転用、ということで3番だけが交響曲として書かれた純粋なものらしい。

1楽章はやや保守的な響きも感じるが、2楽章の抒情的な美しさ、3楽章の舞曲のようなリズムのかっこよさ、終楽章の燦然たる響き。エンディングの輝かしさはなかなかのもので、こんな雰囲気のオペラなら、ワーグナー好きも唸らせることができるかもしれない。

いつものように、こうした曲では「ヴァーノン・ハンドリー」は最高。「ロイヤル・フィル」もいい。
ボウトンの「グラストンベリー音楽祭」がいつまで続いたかは不明だが、今は巨大なロックの音楽祭が行なわれている模様。う~む。

|
|

« シューベルト 「冬の旅」 ハンス・ホッター | トップページ | ベルク 「ヴォツエック」 ドホナーニ指揮 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/151893/14116038

この記事へのトラックバック一覧です: ボウトン 交響曲第3番 ハンドレー指揮:

» 宇多田ヒカル 離婚報告 画像 動画 ニュース [宇多田ヒカル 画像 動画 通信]
歌手の宇多田ヒカルさん(24)は写真家の紀里谷(きりや)和明さん(38)と離婚したことを3日、自身のサイトで発表した。自身のサイト発表ページ国際的な活動をする中でコミュニケーションが不足したという。超ラブラブ時映像(動画)離婚は今月2日。宇多田さんのサイトでは、二人のコメントが載せられており、宇多田さんは「互いに変化する中で、思い描く未来図や夫婦像の方向性に、徐々にズレが生じました。国際的な活動をしな�... [続きを読む]

受信: 2007年3月 3日 (土) 20時49分

» パリのオペラ座ですわ。 [パリのオペラ座ですわ。]
パリのオペラ座ですわ。 [続きを読む]

受信: 2007年3月 4日 (日) 20時53分

« シューベルト 「冬の旅」 ハンス・ホッター | トップページ | ベルク 「ヴォツエック」 ドホナーニ指揮 »