« ワーグナー IN ドレスデン 若杉弘 指揮 | トップページ | 「サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド」 ビートルズ »

2007年4月10日 (火)

ブリテン 「春の交響曲」 ガーディナー指揮 

Ikari_cake これ、な~んだ??

イチゴのムースです。

どこの店のか?って。

スーパーのプライベートブランド品なのです。
芦屋が本拠の高級スーパー「いかり」。
JR大阪駅構内にも出店していて、大阪出張のおりは、飲んだあと小腹が空いた時のために、惣菜やデザート、ついでに酒なども仕込んでおくのであります。
今回は、季節ものの「苺」系デザートが豊富で、どれにしていいか迷ってしまう・・・。
さすがは、洋菓子店から発祥したスーパーだけあって、本格的なお味。
朝からデザートいただきました。甘くもなく、ほんのりすっぱい。
 関東では唯一、大宮の駅中に進出している様子。関西では、その紙袋までが、ブランド化していて、関東でいう「成城石井」か「紀ノ国屋」って感じ。

Britten_spring_sym

ブリテン(1913~1976)は、なかなかに多作の人だが、オペラ・声楽作品が多いせいか、日本での人気はいまひとつ。
アッチの性癖のことはともかく、日本にはゆかりのある人だけに残念な思いがする。
「青少年云々」の曲もあんまり聴かれなくなっちゃった気がする。

しっかりした交響曲がないのも不人気の原因であろう。
交響曲と名が付いても、ちっこい「シンプル・シンフォニー」であったり、日本政府いわくつきの「シンフォニア・ダ・レクイエム」であったりと。

そして交響曲の極め付きは、声楽付きの、まるでマーラーのような作品「春の交響曲」がそれである。
クーセヴィッキーの委嘱により1949年に作曲され、同年ベイヌム指揮により初演された。
この初演がCD化されていて、naopingさんが既に取上げております。

曲は、ソプラノ・アルト・テノールの独唱と少年合唱・合唱をともなった大規模なもので、全4部12曲からなっている。
ブリテンは「冬から春への移りかわりと、それが意味する大地と命の目覚め」について書いたとしていて、サフォーク州の春の劇的な訪れにインスピレーションを得ているらしい。
イギリスの春は、日本のようにゆるやかに、まったりとやってくるのでなく、劇的に訪れる。
北海道の春にも例えられようか・・・・。

太陽への憧れを歌う冒頭から、小鳥やカッコウの声が聴かれる場面、少年合唱は軽やかに口笛を吹き、楽しい第1部。
終戦を迎えたのも春。反戦の感情も込めしみじみとした第2部。
スケルツォであり牧歌的・リズミカルな第3部。
そして歓喜が爆発する、第4部フィナーレ。ここでは、ロンドンの街と英国への晴れやかな賛歌が歌われる。さらに中世イギリスのカノン「夏はきたりぬ」が少年合唱が高らかに歌い始めると、もう感動の坩堝と化してしまう。

  「夏がきた、かっこうは鳴き、花は開き、木々は緑・・・・・・」

この合唱もフェイドアウトして行き、テノール独唱が口上を述べ、舞台から引くように唐突に曲は終わる。
何ていい曲なんだろ。

ガーディナーとフィルハーモニア管、モンテヴェルデイ合唱団はすっきりさわやかなブリテンを聴かせるし、深みにも欠けていない。そして、テノールのエインズリーが最高。
わたしは、あとプレヴィンとロンドン響の1枚も楽しんでいる。

1999年5月、東京ではふたつの演奏会でこの曲が演奏された。
 ①ヒコックスと新日本フィル  エルガー「序奏とアレグロ」
                    デーリアス「ブリッグの定期市」
                   ブリテン「春の交響曲」
 ②ヒコックスと新日本フィル  ラヴェル「マ・メール・ロワ」
                    カントルーヴ「オーヴェルニュの歌」
                    V・ウィリアムズ 交響曲第5番

 ③プレヴィンとN響       ベートーヴェン 交響曲第4番
                   ブリテン「春の交響曲」
 ④プレヴィンとN響       プレヴィン「ハニー&ルー」、「ヴォカリーズ」
                    V・ウィリアムズ 交響曲第5番

私は悩んだ末に、①と④を選択しコンサートに出かけた。
なんと贅沢な饗宴。
まさに、その時、東京の5月は「春から夏」への一番美しい季節の真っ盛りであった。

|

« ワーグナー IN ドレスデン 若杉弘 指揮 | トップページ | 「サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド」 ビートルズ »

コメント

こんばんは。リンクとTBありがとうございます。
このイチゴの・・・はてっきり私が前コメントさせていただきましたカフェ・ウィーンのイチゴケーキかと思い、「yokochanさん、ついにゲット??」と一瞬驚愕いたしました。あの、見た目こんな感じなんですよ。これもおいしそー。

えーと、こちらのCDは私は演奏会場で購入したものですね(字幕が見えないのでやむをえず)。この演奏は素晴らしいですね。でも、プレヴィン&N響の演奏ももちろん素晴らしかったですよ(うふふ♪)。

投稿: naoping | 2007年4月11日 (水) 22時23分

naopingさんこんばんは。
カフェ・ウィーンのはこんな感じですか!
いかりスーパーのものは、結構というか、かなり美味しかったですよ。
大宮にもあるかもしれません。
チョコレートムースのデザートも同時購入し、白ワインでいただきました。
出張先では、メタボ進行を止められません。

プレヴィンうらやましいなぁ。ビデオにとってありましてDVD化しました。でも実演が一番ですよ。

投稿: yokochan | 2007年4月11日 (水) 23時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/151893/14637025

この記事へのトラックバック一覧です: ブリテン 「春の交響曲」 ガーディナー指揮 :

« ワーグナー IN ドレスデン 若杉弘 指揮 | トップページ | 「サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド」 ビートルズ »