« シューベルト さすらい人幻想曲 ポリーニ | トップページ | チャイコフスキー 交響曲第3番「ポーランド」 アバド指揮 »

2007年5月29日 (火)

ブルックナー 交響曲第7番 アバド指揮

Kyoto_kiyomizu_sunset 少しまえの出張で訪れた京都
清水坂を登りながらの夕日。

大急ぎで仕事を終え、せめて行きたい観光スポット。
しかし残念ながら、5時で門が閉まってしまった後。

宵闇迫るなか、ひとり産寧坂を下り八坂方面へ。
もう一歩きすれば、祇園が待ってる・・・・。

Abbado_bruckner7 アバドの交響曲、今日はブルックナーの第7番
剛より柔のアバドの資質からして、ブルックナーのなかでも一番アバド向きの曲。
おまけに、ウィーンフィルという、ブルックナーには理想的な伴侶を得てこれぞ「7番」という演奏を残してくれた。
ウィーンフィルのまろやかな響きは、南ドイツ的なあたたかいブルックナーの特質にピッタリで、ことにホルンを中心とする管とやわらかな弦とのハーモニーは、ほかには替えがたい。

ブルックナーが7番を仕上げたのは、1883年。ワーグナーの亡くなった年。
その死が近いのを予見し、その悲しみを長大な第2楽章に込めた。
そして作品は、ワーグナーのパトロン、悲劇のルートヴィッヒ2世に捧げられた。
これだけキャストが揃うと、ワーグナー好きとしては捨ておけない作品だが、その音楽はワーグナーの雄弁さとは次元を異にして、自然と宗教を賛美する慎ましさに満ちていて、人間臭さがまったくない。これはブルックナーの音楽すべてに言えることだけれども。

4つの楽章は、長さの点でアンバランスだけれども、アバドはそんなことはまったく感じさせない。そしてアバドの指揮で聴く終楽章が、本当に素晴らしい。
終楽章は、いろいろな主題が小刻みに交錯しつつ、音楽は常にゆったりとした呼吸をもっていなくてはならない。アバドはこうした部分は、最も得意とするところ。
伸びやかに歌いつつ、リズムの良さは抜群で、音楽がどこまで拡がっていくのかわからないくらい。

ウィーンフィルを信頼して、その響きに乗ってしまったアバド。そしてアバドの歌心がウィーんの面々を解放してしまう。そんな幸せな結びつきのブルックナー。
一部のブルックナー・ファンからは、ダメのレッテルが貼られそうだが、私は大好き。

ウィーンを離れてしまい、ベルリンも卒業したアバドは、ルツェルンでまたこの「7番」をとりあげた。そこでは、ウィーンフィルとの共同作業はもうなく、アバドの感じた、純粋な「音楽」だけが鳴り響くようになった。
このウィーン盤が64分、ルツェルンでは60分を切る演奏時間となったが、中身が濃いから短く感じない。
ルツェルン盤は、「アバドの音楽への奉仕」に心から共感する楽員による最上級の音楽。

そして、今日の旧盤は、いまだに進化を続ける「アバド」のウィーン時代の美しい録音。

|

« シューベルト さすらい人幻想曲 ポリーニ | トップページ | チャイコフスキー 交響曲第3番「ポーランド」 アバド指揮 »

コメント

yokochanさん、おはようございます。
TBを有り難うございました。
アバドのブルックナーは、自然な息づかいと新鮮な響きで、長大なブルックナーをちっとも飽きさせずに聴かせてくれます。
「ロマンティック」も大好きな演奏でした。
ウィーン・フィルとの美しい時代の記録として、貴重な演奏ですね。

投稿: mozart1889 | 2007年6月22日 (金) 04時22分

mozart1889さん、こんにちは。
コメントとTBありがとうございました。
アバドはブルックナーを5曲録音しましたが、あと可能性があったのは3番くらいで、おそらくは8番などは取り上げないタイプに思えます。
「ロマンテック」も実にすがすがしい演奏でしたね。
あらためて聞き直してみようと思います。

投稿: yokochan | 2007年6月22日 (金) 14時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/151893/15249265

この記事へのトラックバック一覧です: ブルックナー 交響曲第7番 アバド指揮:

» ブルックナーの交響曲第7番 ホ長調 (ノヴァーク版) アバド/ウィーン・フィル [クラシック音楽のひとりごと]
windows Vista をデュアル・ブートで使おうと、別ドライヴのHDにセットアップしました。 常用はXPで、空いた時間には、さあ、新しいOSに慣れるぞ・・・・と思ったら、Vistaしか立ち上がらなくなってしまいました・・・・・^^;・・・・・。 おそらく、XPのシステムのプロパティの「起動と回復」のところでの、「オペレーティングシステムを表示する時間」をゼロにしていたからではないかと思っているんですが・・・・・これを直そうにも、XPが起動しなくてはどうしようもありません。 どなた... [続きを読む]

受信: 2007年6月22日 (金) 04時19分

« シューベルト さすらい人幻想曲 ポリーニ | トップページ | チャイコフスキー 交響曲第3番「ポーランド」 アバド指揮 »