« ワーグナー 「ワルキューレ」 ブーレーズ指揮 | トップページ | モーツァルト 交響曲第36番「リンツ」 アバド指揮 »

2007年5月15日 (火)

ハイドン 交響曲第100番「軍隊」 アバド指揮

Menyu 以前見たテレビ・ドラマをご紹介。タモリの「世にも不思議な・・・」だったかな?よく覚えていない。

倦怠ぎみの夫婦が営む、街の流行らない定食屋での出来事。
一人の男が店にやって来た。
男は壁のメニュー看板の一番右端の「カツ丼」を注文。
待つこと数分、「カツ丼」がやって来て、男はおもむろに食べだす。
厨房では、料理人の主人は一仕事終え、新聞なんぞを読んで一服。
女将さんも、テレビを見ている。
「カツ丼」を食べ終えたその男、メニュー看板を見やり、カツ丼の隣の「親子丼」を注文。
女将さんは、一瞬「え?」という表情だが、厨房に「親子丼」の注文を通す。
「親子丼」を無表情に淡々と食す「その男」。

「親子丼」を食べ終えると、さらにその隣のメニュー「生姜焼き定食」を注文。
女将さんは、こんどは「え、え??」・・・、「生姜焼き定食」を黙々と食べ終えると、その男、今度はさらにその隣のメニュー「焼き魚定食」を注文・・・・・・。
ここまでくると、厨房の旦那も一人の男が食べていることに驚き、顔を出して覗きこんでいる。ルーティンな仕事ぶりだった旦那も、こうとなっては「その男」との勝負とばかり、真剣な眼差しで、調理に打ち込む。
女将も、「あんた頑張るんだよう!」とばかりに声援を送る。
それでも、メニューの一覧を片っ端から食い尽くす「その男」

その様子を近所の人々が聞き付け、続々と人が店に集まってくる。
婆ちゃんが、子供たちが、近所の主婦たちが、おまわりさんが、営業マンが、自転車で、駆け足で、次々と集まり、店の周りは人だらけに。
注文を再びするたびに、周囲からは「おぉー」という声があがる。

突然、「その男」の箸が止まってしまう・・・・・。旦那・女将・近所の人々は、ゴクリと固唾を飲む。
何のことはない、コップ一杯の水を飲んでまた箸が動きだした。
「はぁ~~っ」人々は安堵のため息をつく。

さて何十種類のメニューを食べつくしたろうか、メニュ看板のついに一番左端に到達。
それを作り終えた旦那は、感無量になり、女将と涙を流し合って感動している。
そして「その男」は、淡々と食べ終えた。ついに、茶碗と箸をテーブルに置いた。
人々も皆、感動に包まれている。

「その男」、表情ひとつ変えずにメニュー看板を見ている。
そして一言「カツ丼」・・・・・。
旦那と女将、周囲の人々の驚愕の表情でドラマはおしまい。

Abbado_haydn100 ハイドンいきましょう。
100番は軍隊交響曲。1793年頃の作曲。もう200年以上前の作品。ちっとも古臭くなく、楽しくも新鮮。
第2楽章で打楽器が派手に鳴る響き、マーラーの5番の冒頭も聴かれる。はっはっは!愉快だのう。
あまり考えず、悩まずに楽しめるぞ、ナイス・ハイドン!

でも聴けば聴くほどよく出来ている音楽。
ハイドンをうまく聴かせようとすることって、非常に難しい。
高校時代、いっとき同校のオーケストラに所属していて、ハイドンの96番をやることになった。もう大変。ソロも多く、メンバーの技量が一定でないと空中分解してしまう。早いパッセージではもうぐちゃぐちゃに。モーツァルトの方が雰囲気で音楽を作れてしまう。

アバドとヨーロッパ室内管の、若々しくも小股の切れ上がったようなイキのいい演奏は、ハイドンにピッタリ。今、マーラー・チェンバーの面々と演ったらさぞかし面白いだろうな。

|

« ワーグナー 「ワルキューレ」 ブーレーズ指揮 | トップページ | モーツァルト 交響曲第36番「リンツ」 アバド指揮 »

コメント

yokochanさん、こんばんは!
タモリのそのTV番組、1回しか観たことがないのですが、その1回がまさにそれです(笑)。玉置浩二が主役であったような気がします。
これまで聞いたアバド&ヨーロッパ室内管の録音には、いくつか飛び抜けて素晴らしいものがありました。このハイドンも期待してしまいます。

投稿: Niklaus Vogel | 2007年5月16日 (水) 00時10分

niklaus Vogelさん、こんばんは。
ご覧になりましたか、これ(笑)
面白くて忘れられなかったので、そのまんま記事にしてみました。
そう、玉置浩二でしたね、料理人は伊武雅刃だったかな・・・・

アバドのハイドンは4枚しかありませんが、そのすべてが素晴らしいです。
ありがとうございました。

投稿: yokochan | 2007年5月16日 (水) 00時20分

僕はテレビジョンはあまり見ないのですが、「世にも奇妙な物語」はたまに放送があると見ます。この時も見ていました。オチの無いシュールな設定が良かったですね。一度リアルにやってみたいものです。

投稿: リベラ33 | 2007年5月16日 (水) 03時46分

リベラさん、おはようございます。
「世にも奇妙な・・・」でしたっけ・・・。
ホント、数人徒党を組んで、一度やってみたいですな。
というか、居酒屋ならやれる自身ありまっせ。

投稿: yokochan | 2007年5月16日 (水) 08時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/151893/15080299

この記事へのトラックバック一覧です: ハイドン 交響曲第100番「軍隊」 アバド指揮:

« ワーグナー 「ワルキューレ」 ブーレーズ指揮 | トップページ | モーツァルト 交響曲第36番「リンツ」 アバド指揮 »