« ワーグナー 「ラインの黄金」 ブーレーズ指揮 | トップページ | フランク 交響曲 バレンボイム指揮 »

2007年5月 6日 (日)

ディーリアス 「楽園への道」 バリー・ワーズワース指揮

Ninomiya_azumayama 連休の最終日は雨。前半の連休は世間並みにお休み。後半は仕事。たまった事務処理がはかどるがいいお天気が恨めしかったです。

前半に神奈川の実家に帰って「吾妻山公園」に登ってきました。

前は相模湾、遠く富士と箱根の山が見渡せる絶景。
歩いて10分もあれば頂上。
ここで飲む酒はまた格別であります。麓の小学校が私の母校で、当時はこんな公園はなかったけれど、授業で始終頂上まで登ったものです。そんな卒業生のオヤジが今は頂上でお酒を飲んでしまうんです。

Ninomiya_azumayama_fuji そして、吾妻山には「吾妻神社」があります。
日本武尊の遠征のおり、海が荒れそれを静めるために身を投げた「弟橘媛(おとたちばなひめ)」の着物の袖が当地の海に流れ着き、その袖を祀ったのが起源です。日本武尊は「わが妻よ~」と嘆いたと言われます。
ついでに、袖が流れ着いた海岸は「袖ヶ浦」と呼ばれており、子供時代よく泳ぎました。

今日はちょいと、ふるさと自慢でした。

Delius_wordwaorth

春から夏にかけては、「ディーリアス」(1862~1934)の小品たちがよく似合う季節だ。
新緑を背景に、色とりどりの花々の咲く野辺や庭園。
目をつぶって、そんな光景を思い浮かべながら聴く至福のひととき。

こうしてワーグナーの狭間に聴いたりすると、ディーリアスにも「トリスタン」の幻影を見ることも可能だ。
自然を賛美する印象派風の響きの一方で、後期ロマン派風の陶酔感がある。
とりわけ「楽園への道」がそう。
歌劇「村のロメオとジュリエット」の間奏曲であるが、受け入れられない愛にあきらめ、流れるともない川に小舟を浮かべ、ふたり死への旅立ちをする。
儚い中にも、情熱のこもった音楽に毎度熱くなってしまう。
ついこの間、大友直人の指揮で初実演も体験したばかり。

ワーグナーもディーリアスも付き合いはもう長いけれど、どNinomiya_azumayama_green っちが早かったかな?わずかにワーグナーの方が早かった。
ワーグナーからシュトラウス、マーラー、新ウィーン楽派へ音楽の方向を深めていった。
ディーリアスから、エルガー、RVW、イギリス作曲家へと入りこんでいった。

バリー・ワーズワース」はいかにもブリテッシュな名前の指揮者で、ポピュラーな曲ばかり演っているようにも思われるが、バレエやオペラも得意にする本格派である。
ヒコックスのように、英国音楽をどしどし取上げて欲しいもの。
ゆったりしたテンポで、じっくりと歌い上げるところはバルビローリを思い起こさせてしまった。

 1.「楽園への道」 2.「ブリッグの定期市」 3.「春初めてのかっこうを聞いて」
 4.「川の上の夏の夜」 5.「夜明け前の歌」 6.「ラ・カリンダ」
 7.「夏の夜」  8.「夏の庭園で」

    バリー・ワーズワース指揮ロンドン交響楽団(91年バービカンホール)

コリンズ・レーベルはなくなってしまったので、このCDは入手困難かも知れませぬ。

|
|

« ワーグナー 「ラインの黄金」 ブーレーズ指揮 | トップページ | フランク 交響曲 バレンボイム指揮 »

コメント

こんばんわ、こちら方面にいらしていたのですね。
二宮あたりは当社の守備範囲です(笑)。
今でも時々出かけます。
今の季節は萌える緑が美しいでしょうね。
そして大海原を遠く眺める絶景、こんな贅沢もなかなかないのではないかと思います。
ところで金曜、チケットゲットしてあります。
名演を期待して、お目にかかれることを楽しみしております。

投稿: yurikamome122 | 2007年5月 9日 (水) 19時25分

yurikamomeさん、こんばんは。コメントありがとうございます。
今回の帰郷は、天気がよくて、緑がほんとうに目にしみました。
体がグリーンを欲していたようで、体から力が抜けるのを感じました。
この絶景のなかで、ビールを飲みながら、音楽を聴く、という三拍子が揃えば理想郷といえましょう(笑)

金曜は楽しみにしてます。お手数お掛けしました。

投稿: yokochan | 2007年5月 9日 (水) 23時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/151893/14974270

この記事へのトラックバック一覧です: ディーリアス 「楽園への道」 バリー・ワーズワース指揮:

« ワーグナー 「ラインの黄金」 ブーレーズ指揮 | トップページ | フランク 交響曲 バレンボイム指揮 »