« ムソルグスキー 「ボリス・ゴドゥノフ」 アバド指揮 | トップページ | ビゼー 「カルメン」 デ・ブルゴス指揮 »

2007年7月15日 (日)

ヴェルディ 「トロヴァトーレ」 セラフィン指揮

Verdi_trovatore 私のオペラ道は、中学生時代のワーグナー体験によって目覚めた。バイロイト放送をだらだら聴きして、「カラヤンのトリスタン」をFMで聴いて、そして「ベームのリング」のレコードを拝み倒して買ってもらって・・・・。
同時にモーツァルトのオペラも聴き始めた。
魔笛→フィガロ→コジ→後宮→ドンジョヴァンニ、なんて具合に。
R・シュトラウスは、サロメとばらのみ、その全貌を楽しみだすのは、ずっと後年、大人になってから・・・。

というわけで、ドイツ系から入ったオペラ道。
イタリア・オペラは、プッチーニから入り込んだ。忘れもしない、中3の多感な少年(?)が「カラヤンのボエーム」を聴いて涙したのであ~る。
プッチーニからヴェルディへの逆流の道のりは、たやすかった。
おりから、「アバドとムーティ」のライバル対決が、ヴェルディにおいて次々と実現したものだから、こちらもヴェルディに徐々にはまっていった。
70年代は、経費や資材の関係から、オペラ録音はロンドンのオケを起用することが一般的だった。ムーティも当初EMIゆえにロンドン録音であった。
DGがアバドが監督を務めるスカラ座を起用できたは、極めて偉大なこと。
イタリアオペラ、ことにヴェルディにおいては、イタリアのオーケストラの存在は絶大なものがある。輝かしいカンタービレ、言葉に付随した音色の深さ、ともに伴奏が充分に語りかけてくれる・・・・・。

このヴェルディ熱は、マーラーを聴き始めると急速に醒めてしまった気がする。
ズンチャチャ・ズンチャチャが鼻に付きはじめ、劇の内容もワーグナーに比べ、深遠さに欠けるなどと思いはじめて。

ということで、この流れはいまのオヤジ時代まで引きずっている。
プッチーニは、後期ロマン派・マーラーの延長として聴きつづけているが、ベルカント系やヴェルディ後期以外は、なかなかプレーヤーにかかることがなくなってしまった。

前置きが超長くなってしまったが、昨日どうしようもなく暗いロシアオペラを聴いたものだから、今日は久しぶりにヴェルディを登場させよう。おりから台風も峠を越えたみたいだし。
中期の名作「トロヴァトーレ」は、吟遊詩人の物語でもある。スペインを舞台に生き別れた実の兄弟が、それと知らずに一人の女性を奪い合い、ジプシーの魔性の女の罠にかかってしまう、という他愛ない物語??

  レオノーラ:アントニエッタ・ステッラ   アズチェーナ:フィオレンツァ・コソット
  マンリーコ:カルロ・ベルゴンツィ     ルーナ伯爵:エットレ・バスティアニーニ
  フェランド:イヴォ・ヴィンコ

    トゥリオ・セラフィン指揮  ミラノ・スカラ座管弦楽団/合唱団(63年録音)

もう10年ぶりくらいに聴く「トロヴァトーレ」である。
シンジラレナ~イ物語の陳腐さに比べ、音楽の素晴らしさにはやはり感嘆せざるを得ない。次々とくめども尽きぬように繰り出される、美しい旋律と歌の宝庫。
さらに、スカラ座オケの由緒正しき純正なる響き。
あぁもう、耳が洗われるくらいの鮮度のよさ。どんなところにも目が行き届いているセラフィの歌心をくんだ見事な指揮。
 そしてそして、ここに名を連ねた名歌手たち。
414pt69z8kl なかでもバスティアニーニの素晴らしさ!勘違いの憎まれ役ながら、常に気品を保ちながらも役になり切り没頭したかのような歌。言葉の明瞭さも驚きで、イタリア語会話の勉強ができそうなくらい。この名ヴェルディ・バリトンが44歳にして世を去ってしまったのは痛恨。
 ベルゴンツィの正統的な折り目正しいマンリーコ、強靭な声の絶世期のコソットのアズチェーナ、少し不安定ながら、そのお姿とともに美しいステッのレオノーラ。

いやはや、やはり聴いてしまうと、ヴェルディ、ほんとにいいや
だから困ってしまう。オペラばかりに、うつつを抜かしていると、時間と資金の浪費が・・・・・。おっと、FM放送では、ヤノフスキの指揮で「パルシファル」なんてやってるぞ。
もう堪忍して。

|
|

« ムソルグスキー 「ボリス・ゴドゥノフ」 アバド指揮 | トップページ | ビゼー 「カルメン」 デ・ブルゴス指揮 »

コメント

こんばんは、はじめまして。

セラフィンの「トロヴァトーレ」。
もはやこれを凌駕する録音の登場する可能性など
限りなくゼロに近いんじゃないか、とまで思っています。
カラヤンの様にシンフォニックに鳴らすのも、ジュリーニの様に
格調高いのも面白いのですが、何か重大なものが欠落している様に
思われてしようがないのです。
セラフィン盤以外だといま一つ、「血」が沸き立ってこないんですね。
ヴェルディはアドレナリンが出てなんぼ、と思っています。

投稿: 花岡ジッタ | 2007年7月15日 (日) 22時03分

花岡ジッタさま、こんにちは。そしてようこそおいでくださいました。
<もはやこれを凌駕する録音の登場する可能性など限りなくゼロに近いんじゃないか>
まさにおっしゃる通りですね。多くを聴いてませんが、トロヴァトーレ随一の名演でしょうね。
バスティアニーニとステッラの二重唱には、まさにアドレナリン出まくりました!
コメントありがとうございました。どうぞよろしくお願いいたします。

投稿: yokochan | 2007年7月15日 (日) 22時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/151893/15764885

この記事へのトラックバック一覧です: ヴェルディ 「トロヴァトーレ」 セラフィン指揮:

» イタリアの車/購入ポイントまるわかり [イタリアの車]
イタリアの車、特に中古車を買う前に気をつけたいことは、「整備履歴の有無」です。イタリアの中古車を購入するのなら「記録簿」や「走行距離」などがきちんと揃っているかどうかを確認することが重要です。イタリアの車などの輸入車は、国産車以上に整備やメンテナンスが重要です。そして、イタリアの車を購入する前にしっかりとした知識を身につけることも大切です。イタリアの車の相場・国産車との比較・車諸費用・アフターなど、気をつけたいこ... [続きを読む]

受信: 2007年7月15日 (日) 22時12分

« ムソルグスキー 「ボリス・ゴドゥノフ」 アバド指揮 | トップページ | ビゼー 「カルメン」 デ・ブルゴス指揮 »