« ユリア・ヴァラディ ワーグナー集 | トップページ | 砂浜が消えた »

2007年9月29日 (土)

尾高忠明指揮 「イギリスからの捧げもの」

Con070928cサントリーホールの午後のコンサート
金曜の昼12時から、約70分。
こんなコンサートにやってこれる方は、ご夫人方や仕事も勇退された自適の方、学生、そして仕事をサボった仕事人くらいなもの。
当然ワタシは、最後のくちで、言い訳もすべて用意して万全の体制で挑むつもりが・・・・。
やはり昼の1時間というものは、なかなかに自由にならないもの。
9月の月末というのも、通常月と違うし、朝からばたばたと飛び回りながら、直前に滑り込むのがやっと。
結局、あとも詰まっていて、昼食も抜きの1日になってしまった。

    

    ウォルトン:戴冠式行進曲「王冠」
   ディーリアス:楽園への道
   ビートルズ 「アンド・アイ・ラブ・ハー」、「ヘイ・ジュード」
   「ジェームズ・ボンドのテーマ」
   ブリテン:「ピーターグライムズ」 4つの海の間奏曲から「夜明け」、「あらし」
   エルガー:愛のあいさつ 
   エルガー:行進曲『威風堂々』第1番
   ロンドンデリーの歌・・・・アンコール

Odaka  有名曲の中にも、私の超好きな作品が。
ディーリアスブリテン狙い。

曲の合間に、尾高さんのお話がはいる。
イギリスのことを中心に、先輩の故岩城氏のことなど、ユーモアたっぷりにジョークもまじえながら。
指揮者は、お話の上手な人が多いが、尾高さんもその一人。
誠実でいて、丁寧かつセンスあふれる話は、その指揮する音楽と同じエッセンスに満ちている。

わたしには、やはりディーリアスがよかった。
これまで、何十種類も聴いてきたが、尾高さんの演奏は一番テンポがゆったりで、ほんとうに心を込めた美しい出来栄えだった。
新日フィルのスリムな響きもプラスに作用していたように思う。
尾高さんいわく、「いつもこの曲を指揮する時は涙が出てしまうんです。」
ワタクシも、この曲を聴く時は、涙でうるうるしてしまうんです。

ブリテンも抜粋が残念だったが、荒れる海の描写は見事なものだった。
ほかの定番名曲も、心から楽しむことが出来た。
ほぼ6割の入りの聴衆もおそらく同じ思いだったろう。
「イギリスは日本と同じ島国。イギリスに学んだことも沢山ある日本。どこか似ています。そして、まだまだいい音楽がたくさんありますので、皆様も是非イギリスの音楽を楽しんでください」・・・・と尾高さん。
うんうん、そうだそうだ、とワタクシ。

午後1時10過ぎにお開きになり、異常に暑かった外へ出て、携帯の電源を入れると、いきなり現実に引き戻される。
夜のコンサートなら、余韻はたっぷりと味わえるが、白昼コンサートでは、そうはいかない。
シクシク・・・・・。
はやく、自適で余裕のある人生をむかえたいなぁ。

そういえば、サントリーホールは、リニューアルして2回目。
前回はプレヴィンに酔いしれて気付かず、今回は尾高さんに教えられてなるほど。
見た目は何にもかわらないが、バリアフリー化のほか、内壁を張り替えたりしたらしく、確かに響きが良くなったような気が・・・・・。あてにならない、私の耳です。

明日は、京都でエルガー大会だ。超楽しみ。

|
|

« ユリア・ヴァラディ ワーグナー集 | トップページ | 砂浜が消えた »

コメント

こんにちは。会社休んで行こうかなあとも思いましたが、結局行きませんでした。なんかオイシイとこついてますね、この選曲。何曲か加えて夜やってほしいもんです。

投稿: naoping | 2007年9月30日 (日) 12時39分

naopingさん、こんにちは。ほんと、おいしいアラカルトのようなコンサート。昼抜きだったけど、ほどよいランチのようでした。
RVWがなかったので、夜の部をやって欲しいですね。
今、京都におります。
先ほど、大友さんのエルガーに涙したところです。
カフェ・エルガー店主さまもお見かけしましたよ。

投稿: yokochan | 2007年9月30日 (日) 17時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/151893/16599146

この記事へのトラックバック一覧です: 尾高忠明指揮 「イギリスからの捧げもの」:

« ユリア・ヴァラディ ワーグナー集 | トップページ | 砂浜が消えた »