« シェーンベルク 「モーゼとアロン」 ベルリン国立歌劇場公演 | トップページ | 無謀な連続コンサートを回顧する »

2007年10月18日 (木)

ワーグナー 「トリスタンとイゾルデ」 ベルリン国立歌劇場公演

Linden_2 ベルリン国立歌劇場公演、トリスタンとイゾルデを観劇。当プロの最終日、平日15時開演にもかかわらず、巨大NHKホールが満席。大入りの看板も出ていた。みんなどんな人なんだろ?
まぁワタクシもその一人、というか、おバカなんですが。

まず、わたくし結論から先に言ってしまうと、世界のどこを見渡しても、こんな素晴らしいトリスタンはない、ということ。生涯最高の音楽体験と確信している

2000年のアバド/ベルリンフィルのトリスタンを例外として、いや、音楽体験としても、それに迫る稀有の名演奏として、胸に刻まれことになる上演だった。

それほどに素晴らしく、こちらも没頭してしまった名舞台、最後の「愛の死」でマイヤーに淡いスポットライトがあたり、彼女の歌に、オーケストラに、私は涙に濡れていた。
恍惚と歌い終え、オケの後奏が続き、オーボエの音を残しつつ、波が引くように音楽が終わる。
いや終わるはずだった。
ここで拍手がパラパラと起きてしまった。でも、さすがにマズイと思ったのか、パラパラでやんだ。しかし、最後の和音がまだ残っているのに、また始まった。これはもう止まらない怒涛の拍手になだれ込んでしまった・・・・・・
こんなぶち壊し拍手に、どう対応したらいいというのか
舞台は初めてでも、前奏曲と愛の死くらいは聴いてるだろ
イタリアオペラじゃねぇんだよ
主催者は、機械のように、何度も写真や携帯の注意を呼び掛けるんじゃなく、拍手のマナーも放送しろい
マーラーの第9ばりの静寂を要求してるわけじゃねぇ
ほんの少しでもいいから、余韻を楽しめないのかよう
そう、プンプンな私だけれど、それ以外は大満足だった。悔しいけど、忘れよう・・・・・。

Tristan1_2 すでに舞台をご覧の皆さんがいろいろ書かれていらっしゃる通り、クップファー演出としては、さほど強烈なコンセプト演出ではなく、仕掛けも少なく(気付かなかっただけ?)シンプルな内容だったように思う。
それだけに、凝縮されピリリと辛口の舞台だったのでは。
3幕を通じ横たわる、大きな羽を持った天使のようなオブジェがステージ中央に据えられ、この上で物語は進行する。このオブジェは一体何だろうか?
私は愛の女神と思った。誰の愛の女神か?
主人公二人であり、男性登場人物相互、女性登場人物相互、それぞれにである。
さすがに水夫は違うだろうけど、牧童や舵取までも、トリスタンに殉ずるわけだし、みんな死んでしまう姿を背景で見せていた。マルケ王は、嫉妬に怒り狂い、クルブェナールとその一派を打ち負かしてしまう。2幕で、トリスタンがメロートの刃に飛び込み倒れる先は、マルケ王の腕の中。ジークムントとウォータンのようにも見えるし。
 そしてイゾルデ以上に、ご主人様と密着度の高いクルヴェナール。
このいびつな関係が錯綜しているから、女神の羽は根元の部分で一部折れてしまっているし、その顔はうつむいて埋もれてしまっている。

舞台奥には、墓石が4つ斜めになって並んでいる。誰の墓だろうか?これはまったく意味不明。
そして、1幕最後、マルケ王のもとに到着すると、これまた舞台奥には、男女が横を向いて微動だにせずに登場。次いで2幕の濡れ場を急襲した際にも登場。
無言の傍観者の意味するところは彼らの衣装は、劇の時代設定とはまったく関係なく、ワーグナーの時代のもの。
舞台奥のワーグナーの時代の人々や墓石から、羽の上で演じられるトリスタンのモノトーンの世界を挟んで、現代の我々聴衆。アウトローの登場人物たちを傍観する二つの時代(世界)か
う~む、私には読めない、わからない。
 イゾルデの服が、1幕は赤、2幕は渋めのブルー、3幕は濃いグレーと彼女の心象を映し出すかのような効果を感じた。
2幕での、長大な愛の二重唱では、舞台は真っ暗になり、一筋のブルーの光だけがオブジェの上から当てられていたのが、とても美しい。

大枚はたいた、もしかしたら初トリスタンの年配の方々には、かえって最小限の舞台装置で動きも少なく、むしろ音楽に集中できるこの演出はわかりやすかったのではないだろうか。だからゆえ、あの拍手だけは許せない。 

  トリスタン:クリスティアン・フランツ   イゾルデ :ワルトラウト・マイヤー 
  マルケ王:ルネ・パペ           クルヴェナル:ローマン・トレケル 
  ブランゲーネ:ミシェル・デ・ヤング    メロート :ライナー・ゴールドベルク    
 
     ダニエル・バレンボイム指揮 ベルリン国立歌劇場管弦楽団
                演出:ハリー・クプファー 
                     

現在トリスタンを振らせたら、その実績も含め最高の指揮者は、バレンボイムであろう。前奏曲から、異様なまでに音楽に気が満ちている。3時間30分の演奏時間のすべての音符に、その意志がこもっているし、その表現意欲が空回りすることなく、音楽の強さとなって奔流のようにオーケストラピットから音が湧き出てくるようだ。
それと、オーケストラの技量の素晴らしさもさることながら、弦楽器を中心として、音が本当に美しいと感じた。この美しさは、一昨日のシェーンベルクでは味わえなかったので、やはり音楽のケタの違いとでもいえるのだろうか。

そして、マイヤーのイゾルデ!!! 彼女がとてつもなく、素適だった。圧倒的な音域の広さ、余裕あるメゾの音域に裏打ちされた力強い高音。
なにより魅力は、中域の美しく輝くかのような声。ビジュアル的にも申し分なし。
ポラスキ(アバドの時、これまた大らかでナイスなイゾルデ)、ステンメ(女性的なやさしさ)らと並んで、最強イゾルデが、マイヤー。
Tristan2_2 それから、パペの深々としたノーブルなマルケ。フンディングばかりだったけれど、いよいよ当たり役が聴けた。
トレケルの友愛の象徴のようなクルヴェナールは、ベタつきはともかくとして、相変わらず真摯な歌唱。声量がもう少しあればいいけれど、その分見た目がよろしいから恵まれている。新国の神経質なグンターも懐かしい。
大柄なデ・ヤングのブランゲーネも印象に残る。彼女の強い歌唱は、さらに磨いて、将来ドラマテックな主役級をこなすようになるかもしれない。
それでもって、フランツのトリスタンであるが、最初から、新国のジークフリートやカニオ(パリアッチ)の見た目のイメージを引きずってしまい、イメージ的に受け入れにくかった。あのメタボ体型もちょいと、トリスタンとしては、がっかりだよ。
3幕の長大なモノローグで、温存していたスタミナを全開にして、スゴイ迫力となった。声がトリスタンにしてはあっけらかんとしすぎで、もう少し陰りが欲しいところだが、他にこれほどまでに歌えるテノールはいないから・・・・。
なつかしいR・ゴールドベルクがメロートとして登場。20年前、同じベルリンの公演でマイスタージンガーのヴァルターとして聴いて以来。トリスタンを刺すべく、じわじわ登場したとき右手がぶるぶる震えていたのが見えたけれど。演出なのかしら?

なんだかんだいって、すこぶる楽しめ、感激したトリスタン。
主役はオケとマイヤーかな、いや、ワーグナーの書いた音楽です
隅々まで、聴き親しみ、舞台でも4度目の今回だけれど、観るたび、聴くたびにいろんな発見があり、大いなる感動がある。
最後、画龍点睛に欠ける出来事があったが、まずは最高の「トリスタンとイゾルデ」が体験できた。
終演後のちょっと一杯も心から楽しいひと時でした。お疲れさまでした。

Tristan3 ちなみにベルリンでは、この次のトリスタンが上演されていて、この画像は、真っ白けで、今回のモノクロ的舞台とかなり異なる。日本のオペラパレスでは、いつトリスタンが登場するのだろうか?

|
|

« シェーンベルク 「モーゼとアロン」 ベルリン国立歌劇場公演 | トップページ | 無謀な連続コンサートを回顧する »

コメント

こんにちは。長時間お疲れ様でした。
待ちに待った公演でしたね。(マイヤーの調子がよくて良かったです)
フライング拍手については他の方の感想でも見てかなり憤っておられたのですが、本当にそういうのは頭にきますよね。以前のクライバーの「薔薇の騎士」のときはもう、場内放送で休み時間毎にしつこく「拍手は最後の音が消えてから・・・」とアナウンスされていました。そのくらいやってもよかったのではないでしょうか・・と思います。

投稿: naoping | 2007年10月18日 (木) 07時02分

あちこちで速攻の観劇記、すばらしかったという証明ですね。

>なんだかんだいって、すこぶる楽しめ、感激したトリスタン
>主役は、ワーグナーの書いた音楽です!
ね!

今月はオペラ三昧です。私的には期せずしてナントカ記念かも^^!

毎度ですけど、TBしますので、よろしくお願いします。

投稿: edc | 2007年10月18日 (木) 07時52分

yokochanさん こんにちは。

すでにたくさんの鑑賞記を読んでましたので、yokochanさんの記事も楽しみに待ってました。

やはり素晴らしいようですね。無理してチケット&交通費捻出すべきでした。

拍手には困りますね。田舎なら多少はしょうがないとは思いますが、東京であれだけの値段のチケットを買うような人は、それなりの見識を持ってると考えるのが普通ですよね。

私もアバドの公演は見たのですが、あれはクライバーのバラの騎士と並ぶ、最高のオペラ体験でした。年に一回くらいは東京オペラ参りできるよう算段しておかないとです。

投稿: HIROPON | 2007年10月18日 (木) 15時36分

日曜日の公演では「愛の死」の後一瞬の静寂がありました。恵まれたようです(笑)
装置は第一幕で頭を抱えて打ちひしがれていた天使が、ラストでは暗闇の中を羽ばたくかのように見えるのだけが印象に残りました。(後はよくわかりませんな)

投稿: 白夜 | 2007年10月18日 (木) 19時54分

こんばんわ。いやー、またまた同じ日にあたりましたねー、って軽すぎ。
ほんとうに良い公演でした。こんなシンプルな舞台装置ってめずらしいですね。背景の石は何のことやらわかりませんでしたが、余計なことをしないのでよかったです。「愛の女神」と取りますか。なんだか良くはわからないですよね。
yokochanさんもR・ゴールドベルクのヴァルターを聴かれたのですね。

投稿: にけ | 2007年10月18日 (木) 21時50分

naopingさん、ついに待ちにまった「トリスタン」行ってきましたヨ。naopingさんが二度行かれた気持ちが痛いほどわかりました。なかなか聴けるものではありません、あんなトリスタン。
でも、あの拍手さえなければ・・・・。
もう、バイロイトのパルシファル1幕のように、拍手厳禁でもいいくらいですよ、あのような曲は。

投稿: yokochan | 2007年10月18日 (木) 22時17分

euridiceさん、こんにちは。TBもありがとうございます。
今回、モーゼとアロンも観ましたが、どちらも強力な指揮者と劇場のチームワークの完璧な勝利でした。
しいて違いは、音楽の持つ力が、トリスタンの方が勝っていたということでしょうか。
今日もまた、トリスタンを聴いてます。
媚薬は私にもてきめん、効いておりまする。

なんとか記念日!ご察しするのみですが、おめでとうございま~す!

投稿: yokochan | 2007年10月18日 (木) 22時24分

HIROPONさん、こんにちは。
ほんとうによかったです。でも私はクライバー観てないんです。
羨ましいですよ!
音楽は完璧なまでに練れて熟してましたが、われわれ観客が・・・・。
残念でなりませんです。
でも、感動でわなわなとくちびるが震えてしまったんですよ(笑)

投稿: yokochan | 2007年10月18日 (木) 22時28分

白夜さん、こんにちは。
いやはやそういうことで、堪らんことでした!
日曜の公演がうらやましいですね。

あの天使は、解析不能ですね。
でもあの羽や、腰(お尻)を昇り降りする歌手達はたいへんだったでしょう。思わず靴の裏をじっくり眺めました!
それとあの巨大なオブジェの輸送手段も不可思議です。
ありがとうございました。

投稿: yokochan | 2007年10月18日 (木) 22時37分

にけさん、こんにちは。
あら、同じ日だったのですね。
ご挨拶したかったのですが、申し訳ありません。

シンプルはいいですが、あのオブジェ、解せないですね。
トリスタンに「海」は大きなファクターだと思うのですが、船らしいものから一切離れた演出は、大胆なものですね。

次はドレスデンです!

投稿: yokochan | 2007年10月18日 (木) 22時41分

yokochanさま こんばんは

ベルリンのシュターツオーパーの「トリスタン」良かったみたいですね、羨ましいです~~
関西は来ませんです、爆~
文化不毛の地になってきています

私は、バレンボイムは苦手なんですが、yokochanさんがここまで激賞されているということは、素晴らしいということなんでしょうね~。

マイアーさんのイゾルデは、CDでは聴いたのですが、CDでも素晴らしかったです。

羨ましい限りです(ちょっと歯ぎしり、爆~)

ミ(`w´彡)

投稿: rudolf2006 | 2007年10月18日 (木) 23時20分

こんばんは。

昨日はありがとうございました。
一夜明けても、まだあの感動が完全に残っています。
私もエントリーしようと思っているのですが、なかなか筆が進まなくて困ります。
今週中が目標になりそうです・・・(笑)

P.S
今クラシカで、ニールンドのフィデリオ(アーノンクール&チューリヒオペラ)を放映しています。
良いですねぇ。
観るつもりじゃなかったのですが、しっかり嵌っております・・・。
最後まで観てしまいそう・・・。

投稿: romani | 2007年10月18日 (木) 23時57分

rudolfさん、こんにちは。
<文化不毛の地>~そんなことおっしゃらないで下さい。
名オーケストラが数々あるじゃないですか!
でもこのなんでもかんでも東京集中は、某政治のなせるワザなんでしょうか。昨日は、新国でタンホイザーもやってたんですから。もっと人が分散しないと、おかしくなりますし、私も破産しそうです(笑)
バレンボイム氏、以前と違います。
暗譜で指揮してたみたいです。トリスタンの亡者のようです。

投稿: yokochan | 2007年10月19日 (金) 00時10分

こんばんは。お疲れ様でした。残念なエンディングでしたね。でも横浜では、第2幕での思わぬお客さんの「うめき声」がありましたから。
しかし、NHKホールでのフライング拍手はあまりにも酷い。それからかると、初日は、バレンボイムの棒が降り切って5秒くらいの静寂がありましたので、救われますし、感動もひとしおでした。
それにしても・・・。
凄い上演だったと思います。来年のバスティーユ(いろいろ考えたけれど、デュカスを聴きにいくことにします)がカンブルランのもとで、これだけの感動を与えてくれるのでしょうか?
やはりバレンボイムという指揮者の破格の才能と感性は一頭地を抜いています。昨年のサントリーでのアッバードの時とは別の感銘を受けました。


投稿: IANIS | 2007年10月19日 (金) 00時13分

romaniさん、昨晩はお疲れさまでした。
バレンボイムのCDを今聴いてまして、2幕まで聴いてしまいました。ベルリンフィルのすごさの方が引き立ちますが、ここに聴くマイヤーも強いです。

romaniさんは、フィデリオですか。
お互い止められない道ですねぇ。
昨晩は、携帯で酔っ払いの波にもまれながら原稿を仕上げました。ちょっと書きすぎたかと反省もしてますが、もっと怒りたいとこです(笑)

投稿: yokochan | 2007年10月19日 (金) 00時15分

IANISさん、毎度お世話になります。
そうなんです、残念なNHKホールでありました。
よってたかって拍手しやがって・・・って感じですよ!

ちょうど1年前のマーラーとは次元が違う意味でスゴイと、ご一緒したromaniさんとも話しておりました。
バレンボイムのすごさは、最近何を振ってもその次元に行きそうになってきてるところです。
モーゼも曲が曲でしたが、彼がいなければなりたたない舞台でした。クプファーの新演出で、もう一度来て欲しいものです。
次は、マイスタージンガーと、新トリスタンを。
NBSならそれが出来ると思います。

投稿: yokochan | 2007年10月19日 (金) 00時23分

勝手にトラックバックさせてもらった夏炉登仙です。僕のブログに書き込みありがとうございます。横浜で聴けてよかったと思っています。モーセとアロンも本当に行きたいのですが、よんどころのない用事があって行くことができません。20日のチケットが少し前まで残っていたので、最後の最後まで逡巡しましたが、結局あきらめました。残念です。ともあれ、これからもよろしく。

投稿: 夏炉登仙 | 2007年10月19日 (金) 18時58分

夏炉登仙さん、こんにちは。
二日経った今、冷静になってもやはり、あの拍手は迷惑でした。
あんまり神経質になるのも考えものですが、それは音楽の内容や時と場合によります。

横浜の10秒が極めて羨ましく思うのであります。
またよろしくお願いいたします。

投稿: yokochan | 2007年10月20日 (土) 00時24分

ノーカット上演と言うことで、そのことも楽しみだったのですが、私が見た14日の公演ではもうカットありになっていました。残念!!!17日の公演ではどうだったのでしょう?

投稿: さすらい人 | 2007年10月20日 (土) 12時26分

さすらい人さん、こんにちは。
ノーカット上演、意識せずに夢中でしたので、全然気がつきませんでした。カットはどのあたりだったのでしょうか?
媚薬が体中に回ってたもので。

投稿: yokochan | 2007年10月20日 (土) 16時22分

第2幕第2場の慣習的にカットされる場面ですね。ノーカット上演が舞台でみられることはなかなかないことだと思いますので、見られた人はラッキーでしたね・・・

投稿: さすらい人 | 2007年10月20日 (土) 21時44分

さすらい人さん、ありがとうございます。
それでは、2幕2場は通常のカット版ではなかったかと思います。ゆったりと廻るオブジェに気を取られて、歌を注視するのに少しおろそかになってしまいましたが・・・。

投稿: yokochan | 2007年10月21日 (日) 00時34分

おはようございます。通りすがりの者です。

横浜で聴きました。2幕で発作を起こした方が居て大きなわめき声がしました。3幕のエンディングは静寂が合って良かったですよ。

マイヤーですが、イゾルデより「ボツエック」のマリーの時の方が素晴らしかったです。彼女の最高の当たり役と思います。バイロイトでイゾルデの幕切れのゴールドの衣装も良いですが、彼女の真っ赤なノースリーブの舞台姿は頭から離れません。舞台はシェローの「ボツエック」に適うものは無いと思いました。DVDになっていますのでご覧いただけます。

オーケストラは今回のほうが出来が良かったです。しかし、「モーゼとアロン」の方がもっと評価できます。最終日に見ました。

バレンボイムはダイナミックな部分もまとまりも良いのですが、訴える物が少ないように思います。アバドの「トリスタンとイゾルデ」は音楽にアバドの主張とでも言うものが感じ取れました。あのオーケストラは別格でした。ベルリン・フィルをオーケストラ・ピットに入れるのは反則ですね。

神奈川県民ホールは、オーケストラがピットに入ると良い音がします。声の通りも良いです。引越し公演では、音合わせにも使われるようで、やりやすいのでしょうね。

投稿: 櫻井@横浜在住 | 2007年10月27日 (土) 06時18分

櫻井@横浜在住さん、はじめまして、ようこそおいでくださいました。横浜のハプニングは、他の方からお聞きしておりましたが、エンディングの静寂に関しては極めて羨ましく存じます。

ヴォツェックは行けなかったのです。DVDで是非試聴したいものです。
マイヤーの赤といえば、パルシファルの演奏会形式上演で、1・3幕では白、2幕では赤のドレスを着てクンドリーの二面性を表現してました。そしてもちろん、2幕での歌唱は素晴らしかったです。
CDジャケットでも赤が映えます。赤の似合うマイヤーですね。

アバドのトリスタンは、おそらく生涯忘れ得ぬ音楽体験になると思います。
ドレスデンのタンホイザーは、県民ホールです。
今更ですが、県民ホールデビューなんですが、的確なるご案内、ありがとうございます。楽しみが募ります!

投稿: yokochan | 2007年10月27日 (土) 20時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/151893/16792320

この記事へのトラックバック一覧です: ワーグナー 「トリスタンとイゾルデ」 ベルリン国立歌劇場公演:

» ベルリン国立歌劇場日本公演/トリスタンとイゾルデ [音源雑記帖]
ワーグナー:歌劇「トリスタンとイゾルデ」クリスティアン・フランツ(トリスタン)、 [続きを読む]

受信: 2007年10月18日 (木) 07時04分

» トリスタンとイゾルデ [雑記帳]
ワーグナー:トリスタンとイゾルデ ベルリン国立歌劇場東京公演、NHKホール1L6_7 サンプル映像 ダニエル・バレンボイム指揮 ハーリー・クプファー演出 トリスタン:クリスティアン・フランツ イゾルデ:ワルトラウト・マイアー マルケ王:ルネ・パーペ クルヴェナル:ローマン・トレーケル ブランゲーネ:ミシェル・デ・ヤング 若い水夫(声):パヴォル・ブレスリク メロート:ライナー・ゴールドベルク 牧童:フローリアン・ホフマン 舵手:アルットゥ・カターヤ 正直な話、原則「観る」ために劇場に足を運... [続きを読む]

受信: 2007年10月18日 (木) 07時51分

» トリスタンとイゾルデ(4) [夏炉登仙-ブタもおだてりゃ木に登る?]
あるブログを読んでいたところ、ベルリン国立歌劇場の17日NHKホールでの公演では、最終の「愛の死」の余韻さめやらないうちに拍手の熱狂が巻き起こったそうです。ブロガー氏は憤慨していました。... [続きを読む]

受信: 2007年10月18日 (木) 18時27分

» 『トリスタンとイゾルデ』 バレンボイム ベルリン国立歌劇場来日公演 [オペラ サモトラケのニケ]
 海外の歌劇場の来日公演体験では、もっとも数多く接したのはサヴァリッシュ指揮のバイエルン国立歌劇場だが、もっとも感銘を受けたのは今回で3回目の体験となるベルリン国立歌劇場だ。以前の2回は、まだ東ドイツの時で、オ... [続きを読む]

受信: 2007年10月18日 (木) 21時19分

» ドイツ語講座でトリスタン&イゾルデ [ご~けんのAudio & Classic]
日本公演の映像とインタビューが、何とこの番組で放映され、興味ある話が満載でした。とりあえずクリップした映像のみ並べておきます。正式な放映に期待しています。 [続きを読む]

受信: 2008年11月10日 (月) 07時50分

« シェーンベルク 「モーゼとアロン」 ベルリン国立歌劇場公演 | トップページ | 無謀な連続コンサートを回顧する »