« ワーグナー 「妖精」と「ワルキューレ」 | トップページ | ワーグナー 「妖精」 東京オペラプロデュース »

2008年2月15日 (金)

ビートルズ HELP!

Neko 今日の「にゃんこ」
正面のイケメン顔は拝めなかったけれど、この美しい後ろ姿は、かなりのナイスなお顔が想像できる。
どう見ても、男子ですわな。

お~い、どこいくんだ!

Help 今日はちょいと、はみ出して英国の音楽でも非クラシックの「ビートルズ」を。
UK-JAPAN2008賛同企画であります。

1962年公式デビュー、1970年解散。
4人のビートルズとしての短い活動時期の極めて充実した創作は、クラシック音楽の分野でいえば、さながらモーツァルトのような天才にも通じるものだと思う。
ジョンとポールがいうまでもなく音楽の中心だったが、ジョージの独創的・抒情的な才能も開花したし、リンゴのバランスあるキャラクターがメンバーの与えた重しも見逃せない。
ジョンとジョージが物故してしまい、ますます伝説化しつつあるビートルズを英国とゆかりのある今年、聴くのもいい。

私のblogでは、名作「サージェント・ペパーズ・・」をすでに取上げたけれど、今晩はさらに遡って、1965年の「ヘルプ!」。
私くらいの世代だと、誰もが通る道がビートルズ。
中学生の時にむちゃくちゃはまった。その時は、解散してまだ間もない頃で、ラジオをつければビートルズばかりだった。
レコードもぎょうさん買った。
映画も観た。
「A Hard Days Nighat」、「Help!」、「Let It Be」の3本の映画を映画館で観たのも懐かしい。
映画「Help」は、ちょっとドタバタのバカらしい映画だったけれど、極彩色のかなりサイケな雰囲気の映像で、ジョージ・ハリソンを中心にのちにのめり込んでゆく、インド風かつカリビアンな異国情緒にも溢れていた。劇中、狂信的な宗教集団が出てきて、リンゴを追いかけまわすのだが、彼らが「カイリ~」という合言葉を口々に叫んでいたのをいまだに覚えている。

その映画で使われた音楽を中心に組まれたこのアルバム。
ヨーカ堂のBGMでも流れるタイトル曲「ヘルプ」(購買欲を刺激するのかしら?)、「涙の乗車券(Tiket ToRide)」、「Yesterday」といった名曲中の名曲に加え、シンプルでわくわくするような音楽が目白押し。
わたし的には、ジョージの「I Need You」がナイーブでとてもいい。
それでもって、クラシカルな「イエスタディ」は古今東西稀にみる名曲だな。
オヤジのわたしは、カラオケで歌ってしまう。
昨今の若者は、これを知らんから困る。

短い曲だけれど、弦楽四重奏を大胆にも起用した彼らの天才。
これを聴きながら、アイリッシュ・モルトウィスキーを傾ければ、思いははるか昔に飛んでゆく・・・・・。

   Yesterday
  all my troubles seemed so far away
  Now it looks as though they're here to stay
  Oh I believe in yesterday

|
|

« ワーグナー 「妖精」と「ワルキューレ」 | トップページ | ワーグナー 「妖精」 東京オペラプロデュース »

コメント

立派な後姿のネコですね!

>ビートルズ
いいですね!
知ったのはいつごろだったかあんまり覚えていません。
>1962年公式デビュー、1970年解散。
中学から大学時代ですね・・なんか「ワルい音楽」って感じで小耳にはさむようになった記憶があります・・

ヘルプ!に入っている曲はどれも好きです。

投稿: edc | 2008年2月16日 (土) 07時46分

euridiceさん、おはようございます。
動物、とくに犬や猫の後姿・後頭部が大好きです(笑)

準ビートルズ・エイジですから、今こうして聴くと懐かしさにぼぉ~としてしまいます。
>なんか「ワルい音楽」って感じで<
そうそう、まさにそうでした。クラシックばかりだった私の部屋から、ビートルズが流れてきたので両親はびっくりしてました(笑)隔世の感ありですね。

投稿: yokochan | 2008年2月16日 (土) 11時00分

 ビートルズですか。今でもしょっちゅう聴いていますよ。アンソロジーとかが多いですけれど。年末に「LET IT BE」の新しいヤツ、ネイキッドを借りてきて楽しみました。コピーできないと書いてあるが、うちのCD-Rレコーダーで出来ちゃいました。
 今はなぜだか、フォーク・クルセダーズと桜田淳子と山崎ハコがあります。

投稿: にけ | 2008年2月18日 (月) 21時27分

にけさん、こんばんは。
私もネイキッド・Let It Beは、手にいれました。
オリジナル盤より、シンプルでより初期に戻ったかのような響きが新鮮で、涙が出ました。
コピーガードははったりなんですかね。
自慢じゃないですが、ビートルズは、ほとんど歌えます。
ついでに、ジークムントも歌えます(笑)

フォーク・クルセダーズですか、オラは○○んじまったですな。

投稿: yokochan | 2008年2月19日 (火) 00時00分

 なおらーこと Cafe ELGAR 店主です。ご無沙汰しておりますが、お元気でしょうか。

 実はわたくしめ、大のビートルズ・ファンでして…。

 ちなみに、「イエスタデイ」の布陣は
1st vn.:トニー・ギルバート
2nd vn.:シドニー・サックス
va.:ケネス・エセックス
vc.:フランシスコ・ガバーロ
 という面々です。

 エセックスはマリナー/ASMFのエルガー、序奏とアレグロでヴィオラを弾いています。あと、サックスは
その後(寄せ集めですが)ナショナル・フィルのリーダーになったようです。

投稿: なおらー | 2008年2月22日 (金) 22時06分

なおらーこと Cafe ELGAR 店主さま、こんばんは。
京都には11月以来ご無沙汰なんです。
大友さんのマーラー第9も行きたくてうずうずしてたんですが、他の予定を入れてしまいました。
音楽会はなくても、飲みに行きたい京都です(笑)

やっぱし、ビートルズは基本ですね。
それにしてもスゴイ、イエスタディSQメンバーをご存知だとは。エセックスとサックスの名前は聞いたことがあります。
ナショナル・フィルは懐かしい。
ストコフスキーやレヴァイン、デッカやRCAの録音によく登場してましたねぇ。
ビートルズ聴いて青春してました。
近々お伺いするようにムリムリ出張しますね。

投稿: yokochan | 2008年2月23日 (土) 00時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/151893/40118882

この記事へのトラックバック一覧です: ビートルズ HELP!:

« ワーグナー 「妖精」と「ワルキューレ」 | トップページ | ワーグナー 「妖精」 東京オペラプロデュース »