« パトリシア・プティボン ソプラノリサイタル | トップページ | ベルリオーズ 幻想交響曲 ハイティンク指揮 »

2008年4月14日 (月)

パトリシア・プティボン その2

Petibon1 土曜に聴いた「パトリシア・プティボ」のお姿と歌がいまだに脳裏と耳にこびりついて離れない。
主催者が、全然OKとのことだったので、写真も撮らせていただいた。
 あるオジサンなんか、デジ一で正面から狙って動かない。
「あんたもやるねぇ」と思いつつ、横に並んでパシャリ。
 ちょっと赤目になったけど、イケメンピアニスト(ムーティ似)といっしょくたに撮れました。

Petibon2 横からの彼女。
白いふわふわのドレスに、グリーンのショールと同系のブーツ。
さりげなくも、かわいいお洒落は、さすがおフランスでございます。

インタビューの動画と、コンサートでも歌われたファリャとコープランドの曲がこちらで見れます。
ファッションについても語っているが、日本の街を行き交う人々を見て、例えば「白と黒」というような両極端のものを合わせるような発想をもった国民だと思い非常に興味をもっていると・・・。

純正フランス語は素晴らしい、言葉がもう音楽のようだもの。

DGの専属が決まり、ハーデイングとモーツァルトなどのアリアを録音し、秋には発売になるという。
次の来日がいつのことかは不明なれど、チケット入手が難しい歌手の一人になりそうね。

|
|

« パトリシア・プティボン ソプラノリサイタル | トップページ | ベルリオーズ 幻想交響曲 ハイティンク指揮 »

コメント

こんばんは。
いやー、素敵なコンサートでしたね。
素顔のプティボンも、とても魅力的なようですね。
やっぱり無理しても、サインしてもらうべきだった・・・(笑)
とても、10歳のお子さんがいらっしゃるようには見えません。
次の来日が今から楽しみです。

投稿: romani | 2008年4月15日 (火) 23時24分

romaniさん、こんばんは。
あまりの素適ぶりに、2度もエントリーしてしまいました。
というか、他の音楽が聴けないのでした。
彼女のCDをずっと聴いてました。
それらのCDより、今回の実演の方が、彼女の声はより柔軟に練れてきているように感じました。
まだまだ成長する余地のある素晴らしい彼女ですね。
 サイン、いいでしょ!
ほんとチャーミングでした。

投稿: yokochan | 2008年4月16日 (水) 00時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/151893/40880784

この記事へのトラックバック一覧です: パトリシア・プティボン その2:

» パトリシア・プティボン ソプラノ・リサイタル [ETUDE]
「新しいディーヴァの誕生!」 先週土曜日にプティボンのコンサートを聴いて、まっさきに感じたことです。 すでに、世界中でひっぱりだこの歌手である彼女に対して、いまさら「ディーヴァの誕生」はないだろうと仰る向きもあるかもしれませんが、それほど魅力的なステージでした。 <日時>2008年4月12日(土)18:00〜 <会場> 東京オペラシティ コンサートホール <演奏> ■パトリシア・プティボン(ソプラノ) ■マチェイ・ピクルスキ(ピアノ) <曲目> ■R・アーン 〈クロリスに〉 〈懐疑の人〉 〈葡萄... [続きを読む]

受信: 2008年4月15日 (火) 23時19分

» プティボン・ソプラノリサイタル [ご~けんのAudio &Classic]
東京オペラシティのコンサートに行ってきました。昨年は果たせなかった初の来日で、大阪、名古屋、王子ホールに続いての最終日でした。  類まれなる美しい声と美貌、そしてドラマチックなオペラのみならず、コミカルな演技にも大変人気のあるソプラノです。手持ちの映像としては、ラモーの「優雅なインドの国々」、そして2006年ザルツブルグ音楽祭ガラなどがあります。プログラムはとても多彩な作曲家、例えばアーン、コープランド、バーバー、プーランク、ファリャ、モーツァルト、サティなど、まだまだありました。知らない曲でも、... [続きを読む]

受信: 2008年5月 5日 (月) 11時21分

« パトリシア・プティボン ソプラノリサイタル | トップページ | ベルリオーズ 幻想交響曲 ハイティンク指揮 »