« マーラー 歌曲集「子供の不思議な角笛」 バーンスタイン指揮 | トップページ | チャイコフスキー 「エフゲニー・オネーギン」 レヴァイン&ショルティ »

2008年7月12日 (土)

ディーリアス 河の上の夏の夜 デル・マー指揮

Azumino 今日は暑かったですな。
昨日から、静岡に出張。思い切って車で行ってみた。
千葉から途中富士市によって静岡市まで、約3時間半。
静岡でおいしすぎる寿司をごちそうになって、おでんも食べて、ラーメンも食べて、朝からお腹一杯で、静岡をあとにした。
神奈川の実家によって、昼食をいただき、寒川・綾瀬・大和・座間・横浜と周って、雷雨を抜けて先ほど千葉に帰還。ふぅ~っ!
こんな暑い一日、疲れた体を癒してくれるのは、ディーリアスのそこはかとない優しい音楽がいい。
この写真は、以前行った安曇野。涼しげであります。でも中国人のツアーと出くわし、その賑やかなことといったら・・・・・。

Delius_del_mar

四季おりおりに、自然をいとおしむような美しい音楽を残したディーリアス。
人間の心理や悩み、葛藤を描き出すかのような深遠な音楽、構成のしっかりした論理的な音楽・・・、
それらとはまったく異次元の音楽がディーリアス。
人間よりは自然。
その自然から受けた感覚をそのままディーリアスの感性が音にしてしまった。
そんな音楽。

実業家の父の跡を継がず、酒とバラの日々を過ごし、晩年その報いを不自由な体となって受けてしまう。酸いも辛いも極め尽くした男が行き着いたノスタルジーに満ちた感覚の音楽の世界。
中学生の頃から聴くとはなしに聴いてきたディーリアスの音楽は、酒飲みの悪い大人となった今、本当に心に染みととおる・・・・・。
英国音楽愛好の道を開いてくれたのもディーリアス。
これからもずっと聴いてゆきたい。
もし、私の命が尽きることがあったら、ディーリアスの音楽をずっと流して欲しい・・・・。

河の上の夏の夜」、この詩的な名前の曲は1911年の作曲。
フランスのグレ・シュールロワンで、川遊びを好んだディーリアスは、そのイメージそのままの小品を書いた。
緩やかに流れる河に舟を浮かべ、水の流れる音や蛙の声に耳を澄ませる。
遠くは、ぼんやりと霞んで見える。
あくせくした時間は、ここでは止まってしまったかのよう・・・・。

ノーマン・デル・マーは、すでに物故してしまった英国の名指揮者だが、CDは廃盤が多く、その存在は忘れられてしまったようだ。
エルガーやRVWとともに、このディーリアス演奏は、貴重な音源だ。
チャイコの5番など、かなり熱演型の指揮者と聞くが、このディーリアスはかつてのビーチャムをも思わせるような作曲家への愛情に満ちた桂演である。
ボーンマス響のあっさりした響きも美しい。

デル・マーの息子は、ベートーヴェンの交響曲のベーレンライター版の校訂者でもあって音楽親子。

|

« マーラー 歌曲集「子供の不思議な角笛」 バーンスタイン指揮 | トップページ | チャイコフスキー 「エフゲニー・オネーギン」 レヴァイン&ショルティ »

コメント

夏シリーズでディーリアスをとりあげましたが、この曲だけとりあげずにいます。そのうちに…と思っているのですが(笑)。
しかし、きれいな曲ですよね。デル・マーは確かヘルマン・シェルヘンの弟子だったと記憶していますが、亡くなってもう忘れられてしまいそうで…。このCDは20年以上前に買ったものです。ナクソスにはデータがアップされているので少し安心…。

投稿: Schweizer_Musik | 2008年7月21日 (月) 00時29分

schweizr Music先生、こんにちは。暑いですね。
夏の夜にディーリアスはぴったりです。
10分に満たない曲に、夏の夜の静かな雰囲気がとても出ております。
デルマーとシェルヘンは結びつかないですが、お弟子だったのですか。
私も、このCDは出てすぐに購入しましたから、同じ頃ですね。
時間の経つのは早いもので、妙に焦ってしまいます(笑)
TBありがとうございました。

投稿: yokochan | 2008年7月21日 (月) 20時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/151893/41816369

この記事へのトラックバック一覧です: ディーリアス 河の上の夏の夜 デル・マー指揮:

» 夏…涼しくして音楽を聞こう -01. 夏の夜、水の上にて歌える [鎌倉スイス日記]
作曲者 : DELIUS, Frederick 1862-1934 英 曲名  : 2つの無伴奏パート・ソング「夏の夜、水の上にて歌える」(1917) 演奏者 : ジョン・ラター指揮 ケンブリッジ・シンガーズ このアルバムは こちら ちなみに弦オケ版はデル・マー指揮ボーンマス・シンフォニエッタの演奏でこちらです。あっさりした演奏がお好みならロイド=ジョーンズの演奏ではいかがでしょうか? 大阪の千早赤阪村というところに、祖母の実家があった。今は従兄が住んでいるけれど、それほど親しく... [続きを読む]

受信: 2008年7月21日 (月) 00時13分

» 夏…涼しくして音楽を聞こう -02. 「夏の庭園にて」 [鎌倉スイス日記]
作曲者 : DELIUS, Frederick 1862-1934 英 曲名  : 「夏の庭園にて」(1908) "In a Summer Garden" 演奏者 : リチャード・ヒコックス指揮 ボーンマス交響楽団 CD番号 : CHANDOS/CHAN9355 このアルバムは こちら ディーリアスには季節ものの音楽がたくさんあるけれど、夏はその中でも一番多いのでは? 「夏の夜、水の上にて歌える」「夏の歌」「夏の庭園」「夏至の歌」「河の上の夏の夜」「夏の夕べ」と結構出て来る。他... [続きを読む]

受信: 2008年7月21日 (月) 00時30分

« マーラー 歌曲集「子供の不思議な角笛」 バーンスタイン指揮 | トップページ | チャイコフスキー 「エフゲニー・オネーギン」 レヴァイン&ショルティ »