« ヴォーン・ウィリアムズ 「田園交響曲」 ボールト指揮 | トップページ | 現田茂夫指揮 神奈川フィルハーモニー演奏会 »

2008年9月11日 (木)

ツェムリンスキー 「抒情交響曲」 エッシェンバッハ指揮

Softbank 告白した女性に「タダトモでいましょう」と言われ悲嘆にくれる兄。
「人生には、いろいろある」と父。
「オヤジ がんも!!

最高に笑える名作CMではないか
白い犬「カイくん」の人気もすごいね。
北大寺欣也の声がまたよろしい。

わたしも、息子を叱る時は、「おまえには、まだ早い」とか言っちゃったりしてますぜ。

Zemlinsky_lyrische_sym_eschenbach_2 年端もいかないお子様が聴いてはいけない音楽のひとつが、ツェムリンスキーの「抒情交響曲」だ。
子供たちには、「おまえにはまだ早い」「くるみ割り人形」でも聴いて寝ちまえ!と息巻いて、自分は後期ロマン派臭がプンプンのツェムリンスキーを一人楽しむ悪い大人なのだ。

今日の歌入り交響曲は、ツェムリンスキー(1871~1942)の「抒情交響曲」
1823年完成、翌年自身により初演。
マーラーやR・シュトラウスの後継者であり、シェーンベルクの義兄であり、その「新ウィーン楽派」作曲家たちやコルンゴルドらの師であったツェムリンスキー。
初期の頃はブラームス流でもあったが、無調→十二音に行き着くことなく、マーラーの先を推し進めた、新しくて、かつ後ろ向きの作曲家。
マーラーが完璧に受容された80年代後半頃からその再評価が始まった。
オペラの数々に、人魚姫に、3つの番号交響曲、室内楽曲、歌曲、詩篇など。
でもその代表は「抒情交響曲」であろうな。
バリトンとソプラノの独唱を配した7曲の連作歌曲のような交響曲。
そう、まさに「大地の歌」。作者自身も、その延長上にある作品と公言しているし、原詩をインドのノーベル賞作家「ラビンドラナート・タゴール」のベンガル語の叙情詩に求めていることから、世紀末的な東洋主義への傾倒ぶりにおいても、マーラーと同じ世界である。
 その英語訳が「The Gardener」という名前の詩集で、「園丁(庭師)」という軽々しさを持っているが、さらにそのドイツ語訳のテキストなので、なかなかにインドの雰囲気は見出すことが出来ない。
男女の出会いと、その愛の憧れの成就と別離による終末が歌われていて、その音楽は繰返しになるが、ギンギンの後期ロマン派風であり、甘味で濃厚、汲めども尽きぬロマンティシズムの泉である。

Ⅰ「私は不安だ、彼方のものに焦がれているのだ・・」
Ⅱ「お母さま、若い王子さまは、この戸口の前を・・・」
Ⅲ「おまえは、私の夢の空に広がる夕べの雲」
Ⅳ「お話下さい、いとしいお方!」
Ⅴ「おまえの甘ききびきから解き放しておくれ、恋人よ」
Ⅵ「最後の歌を歌って、別れましょう」
Ⅶ「安らかに、わが心よ。別れの時を甘味なるものにさせよう・・・」

わたしは、「人魚姫」と並んで、ともかくこの曲が好きで、レコード時代のマゼールBPO&F・ディースカウ夫妻の名演に始まり、ギーレン、シノーポリ、シャイー、クレーなどを愛聴している。
     
   Br:マティアス・ゲルネ   S:クリスティーネ・シェーファー

    クリストフ・エッシェンバッハ指揮 パリ管弦楽団
                           (2005.6)

このエッシェンバッハ盤はやたら滅法に素晴らしい。
もたれるくらいに念入りな指揮ぶりだが、だれることなく、気力がみなぎっていて、一音足りとも気の抜けた音がない。甘味さやロマンティシズムよりは、入念さがもたらす緊張感が全曲に貫かれているのがいい。終曲のエンディングの濃密な雰囲気などため息もの。
そして、ドイツのオケでなく、パリ管であるところがまたこの演奏のウリ。
パリ管は歴代非フランス系の指揮者だっただけに、インターナショナルな音を響かせることにかけては、国際級だが、それでも管の音色はさすがに、おフランス系のきらびやかさがある。管ばかりでなく、咆哮するブラスに泣きの弦や唸りを上げる低弦。それらに身を浸らせる喜びは堪らない喜びをもたらしてくれる。
 そして二人の歌手も、他の音盤が霞んでしまうくらいに理想的。
FDの弟子にして、FDを忘れさせてしまう知的かつ情熱的な歌声のゲルネはとんでもなく素晴らしい。
それと、シェーファー。こうした音楽を歌うために生まれてきたかのような同質ぶり。
ピエロリュネールやルルとともに、絵に描いたようにはまっている
第6曲など背筋が寒くなるようなスゴサなんだ。

いやはや、この1枚は私にとってかけがえのない1枚となりそうだ。

「人生には、いろいろある」、大人たちよ、ツェムリンスキーのこの曲を聴け!!

過去記事

 「シャイーの抒情交響曲」
 「シャイーの人魚姫」

|
|

« ヴォーン・ウィリアムズ 「田園交響曲」 ボールト指揮 | トップページ | 現田茂夫指揮 神奈川フィルハーモニー演奏会 »

コメント

おおっ、ついに出ましたね、ツェムリンスキー。yokochanさんには数年前からお話してる通り、私はこの作曲家が大好きで、何とも退廃的ムードがムンムンする所がたまりません。私の愛聴盤はシャイーの「人魚姫」ですが、シャイーとコンロンはツェムリンスキーの音楽を世に広めるために随分貢献したと言えますね。

投稿: EINSATZ | 2008年9月12日 (金) 02時53分

こんばんは。
この録音は未聴なのです。うーん、このメンバーだったら悪いわけない。とくにシェーファーはこのへんは得意そうですもんね~。パリ管もこの曲には合ってそうだし。うーん欲しい。

投稿: naoping | 2008年9月12日 (金) 22時53分

EINSATZさん、こんにちは。
そうですね、大阪でチェコの音楽家による「人魚姫」を聴かせていただきましたねぇ!
私もその頽廃ムードにしびれております。
たしかにご指摘の二人の指揮者はツェムリンスキーをひろめた功労者ですね。
古いところでは、オペラでのGアルブレヒト、レコードではマゼール、といったところでしょうか。

投稿: yokochan | 2008年9月13日 (土) 11時29分

naopingさん、こんにちは。
煽るようで、申し訳ないけど、この演奏、ほんとうに素晴らしいです。そう、悪いわけないです。
難点は、このレーベルのCDは高いのです。
エッシェンバッハのマーラーやルーセルもなかなか手がでません。
曲が曲なものですから、かなり思い切って購入しました1枚でありました。

投稿: yokochan | 2008年9月13日 (土) 11時40分

 yokochan様今日は。
私はツェムリンスキー初心者で、叙情交響曲初心者です。5年ほど前にナクソスの交響曲第1番と2番のCDを買って聴いたのですが、ブラームスを模倣した無難な交響曲という感じで大して感銘を受けなかったのです。なんだツェムリンスキーってこの程度の作曲家なのかと思いました。でも1番も2番も最初期の作品なんですよね。つい最近円熟期の傑作である叙情交響曲をギーレン盤で聴いてこんなに凄い作曲家だったのか、まるで大地の歌の再来じゃないかと仰天しました。第1楽章の冒頭が時代劇映画のオープニングみたいでかっこいいことこの上ないですね(クレルヴォの冒頭もそうですが)。yokochan様イチオシのエッシェンバッハ盤やシャイーの人魚姫も聴いてみたいと思います。
 シェーファーは私も好きです。ルルのDVDは素晴らしいですよね。歌唱の素晴らしさもさることながら、色っぽいしぐさや表情にも思わず生唾ごくりです。

投稿: 越後のオックス | 2008年11月28日 (金) 15時55分

越後のオックスさま、毎度ありがとうございます。
ツェムリンスキーの作風は、初期のものと中期移行のものとはかなり様相がことなります。
オペラは大半が、後期ロマン派作品です。
私は、83年ころのマゼールBPOのレコードでこの曲に開眼し、マーラーやベルクと同じように楽しむようになりました。
こちらのエッシェンバッハ盤も素晴らしいですが、タワーで廉価盤となったマゼールや、シノーポリ(ウィーンフィル)も素晴らしいですよ。
もちろんギーレンもナイスですが、録音に潤いが欲しいところでしょうか。
 シェーファーは、こうした曲はばっちりですね。
>思わず生唾ごくりです<
まったくですね。こんなお方においでおいでされたら、どこまでも着いていってしまいそうです(笑)
 

投稿: yokochan | 2008年11月29日 (土) 01時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/151893/42443555

この記事へのトラックバック一覧です: ツェムリンスキー 「抒情交響曲」 エッシェンバッハ指揮:

« ヴォーン・ウィリアムズ 「田園交響曲」 ボールト指揮 | トップページ | 現田茂夫指揮 神奈川フィルハーモニー演奏会 »