« 「ヴェネツィアの競艇」 谷口 睦美 | トップページ | 第13回「英国歌曲展」 辻 裕久 テノールリサイタル »

2009年9月18日 (金)

ワーグナー 管弦楽曲集 ヤンソンス指揮

Nagoya_sky 今日の夕方、名古屋高速の都心環状線にて。

きれいなもんだから、ハンドルを握りながらパシャリ。

いい感じに撮れました。

前にも書いたけど、ワタクシ、夕焼けフリークなんです。
そんな私、なんか寂しすぎるかしら?

Jansons
ヤンソンスの指揮するワーグナー
今年、2009年6月、ルツェルンでの最新ライブ録音。
ヤンソンスは、オスロフィル時代に、同オケともワーグナーを録音していて、そちらは1991年。
18年の歳月を経て、どんなワーグナーを聴かせてくれるか。
以前の演奏は、かつて取り上げ、ちょっとがっかりしたことがある。
何もひっかからない、スルっとした演奏だったから。

オスロ盤  「マイスタージンガー」「トリスタン」「黄昏~葬送行進曲」「リエンツィ」

今回は、手兵のひとつ、バイエルン放送響を指揮。

   「タンホイザー」~序曲とバッカナール
   「ローエングリン」 第1幕と第3幕の前奏曲
   「ワルキューレ」 ワルキューレの騎行
   「神々の黄昏」 ラインの旅と葬送行進曲

いい。前回と格段の違い。
何よりも、オケが労せずしてワーグナーの響きを出しているのを感じる。
ブラスの艶と輝き、分厚い低弦にどこまでもクリアーなヴァイオリン。
マイルドで暖かな温もりを感じさせる管。
シュターツオーパーのオケもそうだが、これらミュンヘンのオーケストラは本当に素晴らしい。
オケだけでも、ワーグナーにおいては成功が約束されたようなもんだが、ヤンソンスの気持ちの入った入念な指揮ぶりは、18年前のそれとは大違い。
タメも大きくなり、雄弁で構えは大きい。
活きの良さはヤンソンスならでは。
だが、ちょっと健康的にすぎないか?
というのが、これまであまたワーグナーを聴いてきた私の唯一の不満である。
序曲とバッカナールも別々に演奏されていて、オペラの一部としてよりは、オーケストラピースのような扱いだから、よけいにそう感じる。
これらの中では、清らかなローエングリンと活力に満ちたラインの旅が大いによかった。
 
ヤンソンスは明らかにオペラ指揮者の素質を有しているのだから、オーケストラ指揮をもう少し絞って劇場活動もしてもらいたいものだ。

この秋、例年恒例のヤンソンス公演。
今年は、バイエルンの番で、このワーグナー・プログラムも予定されている。
ところが、これまた何度も苦言を呈することになるが、大物ソリストとの抱き合わせで、チケットが超高い。しかもいまいちのプログラム。
これにはまったく腹が立つ。
と、いうことで毎年聴いてきたヤンソンスも今年はお休みであります。

Beer
秋がそこまで来ましたな。
連休を前にした金曜日。
名古屋からの上り新幹線は指定席がいっぱい。
私は、前日名古屋入りした時にチケットを購入したものだから、このように窓側でゆったりと秋味を堪能しましたよ。

みなさん、よい連休をnote

|
|

« 「ヴェネツィアの競艇」 谷口 睦美 | トップページ | 第13回「英国歌曲展」 辻 裕久 テノールリサイタル »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/151893/46247851

この記事へのトラックバック一覧です: ワーグナー 管弦楽曲集 ヤンソンス指揮:

« 「ヴェネツィアの競艇」 谷口 睦美 | トップページ | 第13回「英国歌曲展」 辻 裕久 テノールリサイタル »