« プッチーニ 「修道女アンジェリカ」 パタネ指揮 | トップページ | 「にゃんにゃん」のうしろに、おんねん・・・・ »

2009年9月24日 (木)

フェルッチョ・タリアヴィーニ 「イタリアン・ソングス」

Kirin_free一度やってみたかった。
ビールテイスト飲料を片手に運転。

キリンのこれが出て、やってみましたよ。
グビグビっ、ぷはぁ~。

うーむ、しっかし、虚しいのうcatface

お巡りさん、検問して!

昔、コーラの空き缶にビール入れて運転を試みようとしたヤツがいて、皆ではがいじめにして止めさせた
ことがある。でもこれならOKさsign02
しかし、アルコールゼロなのに酔った気分になるような気もするから要注意だsign01

車といえば、若き会社員時代、会社の宴会で使った「かぶりもの」が営業車に物置代わりに積んであって、4人で営業に出たときにそれぞれかぶったのさ。
確か、「レーガン大統領」、「ゴリラ」、「ちょんまげ」とあと何かだったと記憶する。
ほんのわずかな距離だったが、道行く人の驚愕の顔が爆笑に変わるのが快感にございましたなあ。
ばかだねぇ~。

あと、すっぴんなのに驚かれたことも。
生涯唯一と思われるフランス視察旅行。
パリを発すること数100キロ、田舎道を走行中、前からフランスパンを抱えたジイさんが歩いてくる。そして車ですれ違う日本人4人。
初めて人類を見たかのような驚きの表情を浮かべたジイさん。ずっと振り返って立ち尽くしておりましたよ(笑)
初ジャポネだったのでしょうか?

わたくしは、車に乗ることが多いもんだから、長時間乗る時は、お気に入りのCDがそのお供になる。
そして、オペラや歌ものを選ぶわけ。
そうするとわかりますね、皆さん。歌っちゃうのでありますよ。指揮もしちゃうのでありますよ。
デカイ音で鳴らしながら、声を張り上げて歌う快感といったらもう。

トリスタンやワルキューレなんかひとりで何役も、あとプッチーニなんか最高。
ブリテンやR・シュトラウスを歌いながら運転してるヤツはいませんや。
あとは、テノールやバリトンのアリア集ですな。
ところが、信号待ちとかは気をつけないと、ちょー恥ずかしいことになるんです。
サビの部分とかは止めるに忍びないものだから、大口あけてるところを隣の車に見られちゃう。

Tagliavini_itarian_songs

そんなワタクシの大お気に入りが、こちら。
名テノール、フェルッチョ・タリアヴィーニ「イタリアン・ソングスですよ。

実は最近、お世話になっております「天ぬきさん」のご厚意で、ほかにも何枚か聴くことが出来て、充実の車カラオケ生活を営んでいるのでございます。

タリアヴィーニは、1913年にチーズの名産地レッジョ・エミーリアに生まれ、1995年に81歳で亡くなっているから、現役時代を知る人もなかなか少なくなってきている。
私がオペラや歌が好きになった頃には、もう引退してしまっていたし、オペラで歌っているのを唯一持っていたのも「カラスのルチア」が唯一。
ところが、カンツォーネばかりがFM放送で流され、それを録音して、これはかなり聴きこんだ。
ディ・ステファーノやデル・モナコらの朗々と、そしてドラマテックな歌ばかり聴いていた当時の私の耳には、タリアヴィーニの声は最初は頼りなく聴こえたものだが、何度も聴くうちに、男の優しさを甘く歌い上げる声が堪らなく魅了的に聴こえるようになったのだ。
録音によってはファルセットを多用したりしていて、現代の完璧極まりないフォルムの歌唱に慣れた耳には驚きかもしれないが、こんなにもイタリアの陽光に満ちた眩しい歌唱は今やどこを探してもないのではなかろうか。
 雰囲気で聴かせすぎるとのご批判も出るかもしれない。
でもタリアヴィーニの歌は、そのクリアーさにおいて、それこそ無比のものであり、その声が一声響いただけで、眩しいデッキに佇んでアドリア海を眺めているような気分になっちゃう。
このCDは、バックのオーケストラが管弦楽団という表記しかないが、これまたイタリアのムードに溢れた雰囲気豊かなもの。こんな連中のカラオケがあったら最高。


1.カタリ・カタリ(カルディッロ)   9.母さんどうしたのかしら(ガンバルデッラ) 
2.ヴリア(レンディーネ)       10.夜の声(E.デ・クルティス)
3.つねってキッス(デ・ルカ)     11..ピジリコの漁夫(タリアフェッリ)
4.帰れソレントへ(E.デ・クルティス)12..オー・ソレ・ミヨ(ディ・カプア)
5.五月の夜(チオッフィ)       13.ドリゴのセレナード(ドリゴ)
6.あなたのくちづけを(ディ・カプア)14..禁じられた音楽(ガスタルドン)
7.君を求めて(E.デ・クルティス)  15.朝の歌(レオンカヴァルロ)
8.君に告げよ(フォルヴァ)     16.理想の人(トスティ)

               テノール:フェルッチョ・タリアヴィーニ

有名な「カタリ」、哀愁に満ちた「ヴリア」、イタリアの甘やかな夕べのような「あなたにくちづけを」、切ない「君に告げよ」、ご存じ「オー・ソレ・ミヨ」、朝に聴きたい(聴かせたい)「朝の歌」。こんなところがお気に入りかな。

みなさま、車に乗って大口開けて運転してるのを見かけたら私だと思ってください。

|
|

« プッチーニ 「修道女アンジェリカ」 パタネ指揮 | トップページ | 「にゃんにゃん」のうしろに、おんねん・・・・ »

コメント

遂にやりましたね、キリンフリー運転!
でも警官に遭遇しないとは残念至極。
被り物運転も最高!すね。
被り物とはちょっと違いますが、高一の時やって受けたイタズラを思い出しました。
白いチョークを有色のチョークで丁寧に塗って置くのです。
「ここんとこ重要だから、良く覚えて置くように」と先生がピンクのチョークで力を入れて丸したりするわけです。
「あれ〜〜??」
手元を見直す先生。
確かにピンクだが…?
あの当惑した顔は忘れられません。
皆、大爆笑でした。
カラスのルチア、残念ながら手元の2種ともタリアヴィーニではありませんでした(安物なもので…)。
タリアヴィーニ盤も聴いてみたいです。中古で探してみようかな。

投稿: golf130 | 2009年9月25日 (金) 00時01分

golfさん、おはようございます。
そうですよ、ついにやりました。
でもなんとなく後ろめたいんですよね。気が小さいもんですから・・・。
チョーク先生、びっくりしたでしょうね(笑)
昔は世間もおおらかだったから、多少のいたずらも大目に見られたりしましたが、いまや、どこで何を言われるかわからないですから困ったものです(笑)
タリアヴィーニの出てるカラス・ルチアはスタジオ・ステレオ録音で、セラフィンの指揮、若きカプッチルリも歌ってます。
廉価で売ってるはずですよ。てなこと言ってまだCDで買い直してないですが。


投稿: yokochan | 2009年9月25日 (金) 07時07分

おはようございます。

私もやってみようかな~
オープンカーだから目立つだろうな~(笑
マニュアルだから走りながらはちょっと難しいかな??

タリアヴィーニのイタリアン・ソングにビールテイスト飲料、クルマのお伴には最高のコンビ\(^_^)/


投稿: 天ぬき | 2009年9月25日 (金) 11時07分

タリアビーニ、
いいですね。
ノンアルコールビールですか。
しかも運転中にですか。
さまよえる様、やりますね。
私の隣の住人の犬のほえ方が異常にうるさく
何度も近所の交番に解決をお願いしていますが
全く能なしの警察でして
頭の中までパトカーの連中なんです。
交番にもパトカーにも
不信感を抱いています。
私も、パトカーの前で
ノンアルコールビールで運転して
検問されるようにして
あのイカレタ交番と
いっちょやってみようか計画中です。
BGMはタリアビーニだと優しい気持ちになるので
ナイトリンガーがアルベリッヒ役で
「のろってやる!」と歌ってる場面に
します。

投稿: モナコ命 | 2009年9月26日 (土) 11時14分

天ぬきさん、こんばんは。
おかげ様をもちまして、タリアヴィーニのいろんな歌唱を垣間見ることができました。
それにしても、イイ声。
ドライブのお供に最高です!

オープンカーだと、飲み物もそうですが、私のような人間にとっては、音楽垂れ流しで大変なことになりそうですね(!)

投稿: yokochan | 2009年9月26日 (土) 23時55分

モナコ命さま、こんばんは。
我ながら、アホなことしてます。
いたずらが好きなワタクシなのです。

そのポリスマン、とっちめてやりたいですね。
是非、「キリンフリー計画」実行に移して下さい(笑)
あと、アサヒからも同様の飲料が出てますので、いたずらの幅も広がっておりますことも申し添えておきます。
でも、公務執行妨害などと因縁をつけられないようにしてくださいね(笑)
音楽は、ローエングリンのテルラムントの恨み節も推薦です。

投稿: yokochan | 2009年9月27日 (日) 01時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/151893/46303221

この記事へのトラックバック一覧です: フェルッチョ・タリアヴィーニ 「イタリアン・ソングス」:

« プッチーニ 「修道女アンジェリカ」 パタネ指揮 | トップページ | 「にゃんにゃん」のうしろに、おんねん・・・・ »