« プッチーニ 「ラ・ボエーム」 カラヤン指揮 | トップページ | ヴェルディ オペラ合唱曲集 ヴァルヴィーゾ指揮 »

2009年12月15日 (火)

ワーグナー 「トリスタンとイゾルデ」 グシュルバウアー指揮~京都にて

1ponto 京都は先斗町
観光客主体の通りだけど、やはり風情があってよろしい。
新規開拓をしたいのだけど、京都のお店はその造りも奥行き深く、なかなかに入り辛い。

紅葉シーズンが終わった今の時期、観光客は減り、地元忘年会客は、大型店のある祇園方面なので、ここ先斗町はすいてます。

2red というわけで、お馴染みとなった「レッドストーン」へ。

こちらは、ジュピター交響曲とともに開店し、名曲ばかりだけど、クラシックを流していて、店の多くを占領するピアノでれっきとしたプロの貸し切りコンサートもあるんです。

こちらは、くじらのコロと白みそ出汁のおでん。
寒い晩に最高よ。
うまいうまいnote

3red 鱈の肝。
白子じゃなくて、肝。
珍しいでしょ。
濃すぎず、味わい深いものでしたね。
お酒は、すっきりした「美しい鴨川」。
あの俳優・佐々木蔵之介の実家の蔵元ですよ。
ダイエット中のわたくし、おばんざい中心に飲もうと思ったら、サバとか鰊もたくさん食べてしもうた。

4kiyamachi ほろ酔い散策。
木屋町通り高瀬川
ここもお店がいっぱい。
いろいろあるから気をつけよう。

5yasaka ほろ酔い散策。
八坂神社の境内から祇園方面を見る。
眩しいね。

6kamogawa_2 昼の鴨川、托鉢僧付き。
奥は四条南座

7hanamikoji 夜は行けない、見小路界隈。
かつて接待で、行ったことがある。
二階の座敷がカウンターみたいになってて、そこで上品なる京料理をいただいたことがある。
支払が心配で酔えなかったけど、紹介者がいるからツケでよかったのね。(昔のはなし)

そのあと、お客さんが馴染みの普段着の舞妓さんを呼んで2次回に祇園の高級クラブへ。。。。
そこでいただいた、鮒寿司のお茶漬けがもう、たまらなくおいしかった(昔のはなし)。

8sadakichi
お昼は、適当に蕎麦屋さんに入って、お銚子を一本。

9ryoma_shintaro 祇園から東山方面へ。
霊山に登り、坂本竜馬中岡慎太郎の墓を詣でる。

彼らの見つめる方向は、山の下、京の街でございます。
なんか、感慨深いものがありましたぞ。
好きな高杉晋作のお墓は見つからず。

10kiyomizu 清水には、外人さんが。
観光向けに着物コスプレが出来るようだ。
若い日本女性やアジア系女性の着物姿もいたけれど、いずれも浴衣みたいな色の着物で??
外人さんたち、なかなかセンスよくねぇ~heart02

11kiyomizu

紅葉の残骸と舞台。

12sannenzaka 二年坂を下って。

13stand

急ぎ足で街へ戻る。
新幹線まであと2時間。

新京極なんて、修学旅行生しか行かない、なんて思っていたら大間違い。
そこにあるレトロな、食堂居酒屋が「スタンド」である。
ここは、素晴らしい。
980円のビールセット。
これに冷やっこがつきます。
ダイエット中なのにまた・・・・。
14stand 天井扇がいい。
テキパキしたおばちゃんたちは完璧すぎる。
こっちも思わず「おおきに」と言いたくなってしまう。

そして安い。
カレーやラーメンもむちゃくちゃうまそう。
ステーキも630円で食える。

15stand
ビール飲んで、燗酒飲んで、ハイボールを2杯。
つまみはあと、豚ポンズ、きゅうりもみ、だしまき。
これで3000円ちょっと。

16kyoto_st
京都駅のツリー。
新幹線発車15分前。
帰りたくな~い。
現実に戻りたくな~い。

Wagner_jordan_guschilbauer その時、西洋音楽は・・・・。

またこのお題目で。

竜馬たちが駆け抜けた幕末は、1850年頃。
竜馬は1836年に生まれ、1867年に刃に倒れたわけだけど、同世代の西洋作曲家はドヴォルザークあたり。
 そして幕末頃、活躍していた作曲は、ワーグナー、ヴェルディ、ブルックナー、ブラームス・・・。
こうみると凄いね。

日本では、まだ刀を振り回していた頃に、オペラやオーケストラの練達が名作を送りだしていたのだもの。

維新後、急速な文明開化を経て、戦争という暗闇による停滞はあったけれど、クラシック音楽の受容は、わたし達が、いままさに享受しているとおりの状況である。
まだ歴史は浅いとはいえるが、ご存知のとおり、財源カットの荒波が襲いかかろうとしている一方、CDソフトは粗製乱造され安くなる一方。
 後者は嬉しいが、前者は切実な問題で、一時の停滞は、永きの成長をとどめてしまうもの。
いまの逆境こそ、人の心を潤すクラシック音楽を、われわれ一部の人間ばかりでなく、多くの方に広めてゆくチャンスなのかもしれない。

さて、竜馬死す2年前の1865年、当時の音楽界に多大な影響を及ぼすこととなった「トリスタンとイゾルデ」が初演された。
そして、1868年、明治維新の年には、「ニュルンベルクのマイスタージンガー」が初演。
この歴史の事実もすごいことではあります。

今日は、「前奏曲と愛の死」を、再評価しなくてはなるまい、グシュルバウアーの指揮とバンベルク交響楽団の演奏で。
イメージからすると、サラッとした爽やか演奏に思われるかもしれない。
しかしです、それが大違い。
じっくりとした緩やかで、かつタメも効いた本格派的な演奏で、前奏曲などのジワジワ感や陶酔的な圧倒感など、まったく見事なものにございます。
愛の死は、ちょっと単調かもしれません。
演奏時間にして、18分23秒。
トリスタンの王者ともいうべきバレンボイム(シカゴ)が17分10秒。
かといって、ねっとり感や鈍長さは一切なく、見通しのよい明晰なトリスタンなのだ。
オーケストラが巧まずしてワーグナーの響きを持っていることも大きい。

75年頃の録音で、オリジナルはタンホイザーとマイスタージンガーも収録されていた。
ちょっとグシュルバウアーにハマりそうな予感ありです。

|
|

« プッチーニ 「ラ・ボエーム」 カラヤン指揮 | トップページ | ヴェルディ オペラ合唱曲集 ヴァルヴィーゾ指揮 »

コメント

yokochanさま お早うございます〜

京都には仕事で週に何日か行っていますが、車で行っていることもあり、繁華街はこの頃は(爆〜)、とんとご無沙汰です。

木屋町は風俗店だらけではなかったですか?小学校が廃校になり、あの有様です、道頓堀界隈も同じですが、爆〜。

京都旅行、お仕事だと思いますが、色々と回られたんですね〜。私はいつもの道を車で通っているだけで、爆〜。
宮川町に「蛸長」(店名は間違っているかも知れませんが)という有名なおでんやがありました。じいさんとばあさんがやっていましたから、もうないかもしれませんね〜。そこのタコのおでんが絶品だったんですよ、早朝からそんなことを思い出しています。

グシュウルバウアー、懐かしい指揮者ですね〜。

ミ(`w´彡)

投稿: rudolf2006 | 2009年12月16日 (水) 05時53分

おおッ!
スタンドに行かれましたか!
さすがですなぁ。

投稿: R33 | 2009年12月16日 (水) 20時43分

rudolfさん、こんばんは。
京都は、出張の中、一日仕事を休んで遊んだのです。
夜ばっかりみたいですがね(笑)

木屋町は、川があってあんな風情があるのに、歩いていると兄ちゃんに声を掛けられることしきりでした。
どうも、よろしくないですねぇ。
まぁ、江戸の昔もそうだったのかもしれませんが。

「蛸長」さん、調べたらありますね。
すごくおいしそうな店ですね。次回は是非行ってみたいと思います。
グシュルバウアー、来年は日本にやってきますので、再評価されるとよいと思ってます。
ありがとうございました。

投稿: yokochan | 2009年12月16日 (水) 22時51分

リベラさん、こんばんは。
カウンターで座って飲みました。
スタンドで。
こりゃぁ、ナイスな店ですなぁ~。

投稿: yokochan | 2009年12月16日 (水) 22時52分

 お早うございます。
グシュルバウアーと言えばあの超快速ローエングリンの隠れ名盤の印象が強烈なので、快速のあっさりとリスタンなのだろうと勝手に想像していたのですが、前奏曲と愛の死だけで18分もかかるとは驚きました。クナッパーツブッシュ&ウィーンフィルのデッカから出ているあの有名な演奏よりも遅いのではないでしょうか?快速指揮者だと思われている人が物凄いスロー演奏をやっていたり、鈍足演奏の大家だというイメージが定着している人がある曲では物凄い快速演奏をしていたりすることがあって楽しいからクラヲタは、止められませんよね。
鈍足の大巨匠というイメージが強いクレンペラーがトリスタンの前奏曲と愛の死を15分かそこらで演奏しているのを高校時代に初めて聴いたときは「これ、本当にクレンペラーの指揮か?」と驚いたものです。

ちなみに私が知っている前奏曲と愛の死の最快速演奏はノリントンです。12~3分程度で演奏してしまっています。トリスタンはベームがいちばんと思っている私ですが、ノリントンの快速演奏はとても面白いです。彼の指揮でトリスタンの全曲が聴いてみたくなってしまいました。

投稿: 越後のオックス | 2009年12月17日 (木) 04時41分

越後オックスさん、こんばんは。
そうなんです、驚きのグシュルバウアーだったのですよ。
快速ではブーレーズ&ニューヨークも早いです。
早いのも遅いのもどちらも好きですね。
しかし、舞台上演となるとどちらも歌が厳しくなりますので、中庸のテンポがよいです。
ベームやシュナイダーが理想的です。

おっしゃるように、テンポひとつで、音楽がこんなにも違って聞こえる。
まこと、やめられませんねぇ。
ノリントンのトリスタンはちょっと怖いですなぁ(笑)

投稿: yokochan | 2009年12月18日 (金) 00時17分

グシュルバウアー来日したようですよ。明日サントリーで、1974年読響と初来日+初レコーディングしたドボ8メインの名曲コンサート、9月には同じく読響と新国立で「魔笛」のようです。1971年生まれだから今年71歳、意外と若いんですね。

投稿: 読響ファン | 2010年8月25日 (水) 10時38分

読響ファンさま、こんばんは。コメントありがとうございます。
猛暑のなか、無事いらっしゃったのですね。
ドヴォ8や魔笛は、行きたいのですが、懐やスケジュールの都合で断念してます。
グシュルバウアーさん、まだ71でしたら、これからもたびたび登場して欲しいですね。
レコードでのドヴォ8や、ロンドンのオケとの田園やグレイトなど、是非、復活して欲しいと思います!

投稿: yokochan | 2010年8月25日 (水) 19時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/151893/46989624

この記事へのトラックバック一覧です: ワーグナー 「トリスタンとイゾルデ」 グシュルバウアー指揮~京都にて:

« プッチーニ 「ラ・ボエーム」 カラヤン指揮 | トップページ | ヴェルディ オペラ合唱曲集 ヴァルヴィーゾ指揮 »