« チャイコフスキー 交響曲第6番「悲愴」 小澤征爾指揮 | トップページ | プッチーニ 「トスカ」 T・トーマス指揮 »

2011年1月 9日 (日)

法善寺横丁のにゃんにゃん

Houzenji_nyan7

大阪のミナミ方面に行くと必ず立ち寄る場所が、法善寺横丁近辺。
水掛不動尊を中心に、夜も昼も味のあるスポット。
去年のお話です。
金曜に客人と飲んで、土曜はゆっくり帰るだけ。
お散歩がてらにさまよう横丁。

Houzenji_nyan1

前方20メートルに、にゃんこ発見。
よしよし、路地だし逃げ場はないぞ。
慎重に近づくさまよえるオジサン。

Houzenji_nyan2

逃げ場を探している様子。
容赦なく近ずくわたくし。

Houzenji_nyan3

上をうかがう、にゃんこ。
しまった、そういう手があったか。
でも、手足短くねぇ?

Houzenji_nyan4

おっと、飛び上がった。
あわてるワタクシをしり目に、まさに手足しか見せてくんない・・・・・。
でも、短くねぇ?

Houzenji_nyan5

それでも、その場を立ち去らずに食い下がる、さまよえるワタクシ。
それをあざ笑うかのように、上から目線。
チクショーーーーup

Houzenji_nyan6

そして、きゃつ(キャットとかけてみました~そんなのわかっとるわい)は、さらに向かい側に飛ばんとする姿勢を見せ、鮮やかな跳躍をワタクシの真上でやってくれたのでした。
画像はありませんが、きゃつの性別が、真下から判明したことを、ここに謹んでご報告いたします。
はぁ。

Houzenji_nyan8_2

苔むした不動明王。

あのにゃんこは、いったい・・・・・・・。

|

« チャイコフスキー 交響曲第6番「悲愴」 小澤征爾指揮 | トップページ | プッチーニ 「トスカ」 T・トーマス指揮 »

コメント

ご挨拶遅れましたが、今年もよろしくお願いいたします。

私は犬しか飼ったことないので猫はあまり分からないのですが、なんか気ままな感じがいいなあと思っています。
犬は人間から見ると従順でかわいいですが、あまりに人間にへつらっている感じがして気の毒な感じがします。
その点、猫は自由って感じがしていいですね。

投稿: ピースうさぎ | 2011年1月10日 (月) 17時51分

こんばんは。暖冬からいきなり厳冬ですよ。参りました~。
それはさておき、ねこキャラの代名詞と言えばキティちゃんでしょう。なぜ、近年ブームになったかと言うと招き猫のように身に着けるのが受けているとか。とくにキーホルダーなんかはね。なにわのキティちゃんもあるし、各地のご当地キティちゃんも誕生していますね。海外進出は夢か~。ミッキーマウスのように行かないな。本来はネズミよりねこの方が強いのにな~。(トムとジェリーみたい)
数々の名曲を一通り聴いた後、ミステリアスな日本のにゃんこが今の季節を思わせています。(笑)

投稿: eyes_1975 | 2011年1月10日 (月) 18時32分

ピースうさぎさん、こんばんは。
こちらこそ、本年もよろしくお願いいたします。

わたしも飼ったのは犬だけ。
おっしゃるような自由さと、飼ってなくても街のどこにでもいる気安い存在ということで、大人になってからは、ネコ派になりつつあります。
もちろんイヌも好きですよ。

投稿: yokochan | 2011年1月10日 (月) 21時28分

eyes_1975さん、こんばんは。
いやはや、寒いですねぇ。。。。

キティちゃんは、某国ではパクリがいるみたいですが、サンリオのキャラクター管理が厳しく、海外でも人気はあるようですが、コストも含めて広がりにくいみたいですね。
まぁ、ミッキーの方が勝ちですな(笑)

謎のなにわにゃんこは、身のこなしが抜群でした。

投稿: yokochan | 2011年1月10日 (月) 21時37分

子どもの頃、「裏町にゃんこ」という本(翻訳物だったかな?)を読みましたが、まさに「裏町にゃんこ」という感じのネコさんですね。

投稿: edc | 2011年1月12日 (水) 10時53分

euridiceさん、こんばんは。
「裏町にゃんこ」、そんな感じですよ、この子は。
常に四方八方目を向けてて油断なく行動してます。
横丁ルートを制覇してる感じです!

投稿: yokochan | 2011年1月13日 (木) 00時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/151893/50539055

この記事へのトラックバック一覧です: 法善寺横丁のにゃんにゃん:

« チャイコフスキー 交響曲第6番「悲愴」 小澤征爾指揮 | トップページ | プッチーニ 「トスカ」 T・トーマス指揮 »