« 「ARMIDA」 アンネッテ・ダッシュ | トップページ | ドリーブ 「ラクメ」 プラッソン指揮 »

2011年2月12日 (土)

R・シュトラウス 「影のない女」 ハイティンク指揮

Tokyotower2

枯れ枝が寒々しい東京タワーの足元から。
首都圏は積雪への警戒がかなり出されたが、全然なし。
昨日から水っぽいみぞれまじり。
でも、寒かったですな。

Tokyotower3

さて、このところ公私ともに忙しくって、なかなかPCの前に座れない。
そこで、今日はちょっと手抜き。
というか、すごい発見をして、少しずつ聴いてきた音源をご紹介。

ハイティンクの指揮する、R・シュトラウス「影のない女」なのです。
ハイティンクのオペラ録音は、相当数にのぼるけれども、R・シュトラウスの正規録音は、「ばらの騎士」と「ダフネ」、「アラベラ」(映像)の3つだけ。
しかし、コヴェントガーデン時代の「影のない女」のライブ音源があったのです。
1992年の上演。
気になるそのサイトは、こちら「Opera Today」 です。
3幕まるまる全曲ストリーミング配信されてるんです。
これを発見し、わたくしは喜々としてダウンロードして自家製CDRを作成しましたよ。
放送音源のようで、音質はばっちりの優秀録音。
ド迫力のシュトラウスサウンドが楽しめるんです。
「影のない女」好きのそこのあなた、必聴ですよ。

Tomowasintow_frosch_2

  皇帝 :ポール・フライ          皇后 :アンナ・トモワ=シントウ
    バラク:フランツ・グルントヘーバー  バラクの妻:グィネス・ジョーンズ
  乳母 :ジェーン・ヘンシェル      霊界の使者:ロバート・ヘイワード
  宮殿の門衛:ジュディス・ハワース 若い男 :ペーター・ブロンダー
  鷹の声:ジャックリーン・フューゲル 天上からの声:ジリアン・ナイト
  バラクの兄弟:ダニエル・ワシントン、ロドリック・イェール
           アンソニー・ローデン


   ベルナルト・ハイティンク指揮
           ロイヤル・コヴェントガーデン管弦楽団/合唱団
                    (92.11.16@コヴェントガーデン)


80~90年代を代表する素晴らしいキャスト。
バイロイトのローエングリンだったP・フライ。軽めの声ながらクセのない美声と、以外なほどの力強さとシュトラウス向きの透明感があるテノール。
トモワ=シントウの皇后はそれだけでも貴重。
情に満ちた歌唱は、非人間から同情することのできる血の通った女性に変わってゆく皇后を見事に歌いこんでいると思う。
グルントヘーバーの特徴的なバラクは熱い男だった。
そして、なんたって、G・ジョーンズのバラクの妻。
私にとって懐かしいハンブルクオペラの来日公演で聴いたジョーンズの素晴らしいバラクの妻。圧倒的な声は、92年のこの時でも健在で、好き嫌いはおありでしょうが、私は彼女の生の声を何度も経験してしまっているし、長く聴いてきているので、あの声には快感にも似た感銘を覚えるのです。
とりわけ素敵なのが、中音域から下の方。デイムに相応しい気品があります。
乳母は、昨年の新国でもすごかったヘンシェル

そして、ハイティンク向きのオペラだけに、シュトラウスの錯綜する大オーケストラサウンドを的確に聴かせてくれる手腕ななみのものではない。
温厚なハイティンクが、ずばり燃えてます。
後半に行くにしたがって舞台が緊迫し、オーケストラピットから立ち上るサウンドが輝きを増してゆくのがわかりますよ。
3幕なんて、ジョーンズとシントウ二人の熱唱も相まって、涙を堪えることが不可能なくらいの超素晴らしい名演なのだ。
今も繰り返し、皇后がたどり着いた清涼な地の透明感あふれるヴァイオリン独奏を伴った場面と、そのあとの感動的な否認の場を聴いてます。あぁ、涙も枯れそう・・・・。

Die
演出は不詳なれど、舞台装置はポップなディヴィット・ホックニー。
きっとこの音源は、コヴェントガーデンライブとして正規発売されるのではないでしょうか。
もったいないくらいの名演をタダで聴いてしまいました。

「Opera Today」をさらに探究してみると、驚きの音源がたくさん。
サヴァリッシュの69年ローマの「リング」などは氷山の一角。
びっくらこいたのが、コバケンがローマで振った「ルイザ・ミラー」なんてのもありましたよ。
みなさん、お宝を探してみてください。
そしてなくなってしまわないうちに聴いときましょう。

過去記事

 サヴァリッシュ&バイエルン放送響」

 ショルティのDVD&ドホナーニ/ハンブルク歌劇場来日公演


 「影のない女」幻想曲 スウィトナー

 「カラヤン&ウィーン国立歌劇場」

 「新国立歌劇場公演①」

 「新国立歌劇場公演②」

 「影のない女 所有音源つまみ聴き」

|
|

« 「ARMIDA」 アンネッテ・ダッシュ | トップページ | ドリーブ 「ラクメ」 プラッソン指揮 »

コメント

こんばんは。少しご無沙汰いたしました。
な~んて、冷静を装っておりますが、
なんですか、このページは!
さっき淹れたハワイ・コナNo.1、噴き出しちゃったじゃないですか!(笑)
ゲルギーの「影のない女」の初日、私は当然行かないけれども(おい)、
このハイティンクの「影のない女」は最高のプレゼントでございますよ!

さっきから我が家のPCがフル稼働。有名所だけでも、アーノンクールの「妖精の女王」だぁ、
ムーティの「コジ」、「魔笛」、「フィガロ」だぁ、
ゲオルギュー&アラーニャの「ファウスト」だぁ???なんじゃこのページ!
全部落とすとなると、外付けHDD、買い足さなきゃ(笑)。

それにしましても、大変な情報、ありがとうございます!

投稿: minamina | 2011年2月13日 (日) 00時23分

ゲルギーの「影のない女」、なかなかよかったです。
歌手は今ひとつでしたが、オケが大迫力でシュトラウス・サウンドを楽しめました。

すごいページですね。お宝ぞろい。ただストリームで聴くことはできるんですが、ダウンロードの方法がわかりません。
もし教えていただければ、と思います。

投稿: コバブー | 2011年2月13日 (日) 10時12分

こんにちは。おお、これは凄い情報を。
ゲルギーから帰ったら聴くことにいたしましょう。

↑何何??歌手は今ひとつ??読まなかったことにしましょう。

投稿: naoping | 2011年2月13日 (日) 11時11分

これですか、お話しもやつは。
早速このお「菓子のおうち」を攻略してみることと致します。
いや、これは凄い。
レア情報ありがとうございます。
でも、これ本当にいいのかなぁ、おいしすぎです。

投稿: yurikamome122 | 2011年2月13日 (日) 17時56分

minaminaさん、こんばんは。
びっくりさせてすいません。
この「影のない女」を見つけ、探究するほどに驚嘆しました。
こうしたサイトがいかにして存在してるか不明なれど、早めの処置がよろしいかと思います(笑)

ゲルギーは、いま来ているのですね。
全然気にしてませんでした、というより、早くから諦めていましたゆえに。

こちらのハイティンクは、真正シュトラウス。
まったくもって正しきシュトラウスなのでした!

投稿: yokochan | 2011年2月13日 (日) 20時22分

コバブーさん、こんばんは。
ゲルギーの影なしやパルシファルは、早くから断念しておりましたから、まさか今来ているとは知りませんでした。
でもオケが良ければ、結構いけますね。
ご観劇、なによりでした!

こちらのHP、まだ探索途中ですが、ともかくお宝満載です。
ダウンロードというより、わたしは原始的な手法ですが、ストリーミング再生をHDプレーヤーでレコーディングしてからCD化しました。
さすがに、一発では保存できないようです。
いろいろほかの音源でも試してみたいと思いますので、その節はまたご報告しますね!

投稿: yokochan | 2011年2月13日 (日) 20時38分

naopingさん、こんばんは。
すごいでしょ、これ。

ゲルギーのを観たのですね。
諦めていたゲルギー公演ですゆえ、すっかり脳裏にありませんでした。
まさか今やってるとは存じませず、ハイティンクの剛級ライブをぶつけてしまいました。
すいません。
曲が素晴らしいから、どんな上演でも楽しめますよ、・・・きっと。
記事期待しております。

投稿: yokochan | 2011年2月13日 (日) 20時45分

yurikamomeさん、こんばんは。
お菓子の城は、はかないかもしれませんのでお早目にどうぞ。
違うお菓子の城も、大いに楽しみです。
今週のマーラーも一連の好調の波に乗れるといいです!

投稿: yokochan | 2011年2月13日 (日) 20時48分

お世話かけました。いろいろ調べたらできました。

 右クリックでm3uファイルをダウンロードして、それをiTunesに読み込んで、mp3のURLを調べてコピーして保存したら直接ダウンロードできました。

 ほんとこれは宝の山ですね。とうぶんCD買わなくなりそうです。ありがとうございます。

投稿: コバブー | 2011年2月13日 (日) 22時36分

コバブーさん、こんばんは。
そんな手法がありましたか。
それぞれいろいろありそうですね!
こちらこそ、ご教授ありがとうございます。
こんなお宝を目の前にしちゃうと、なんだか焦ってしまいまうすね。
ファンとはそういうものです(笑)

投稿: yokochan | 2011年2月14日 (月) 00時05分

これは素晴らしい! いま一生懸命取り込んでいます。ハイティンクの影のない女とは! ご紹介に感謝いたします。

投稿: Shushi | 2011年2月14日 (月) 22時12分

Shushiさん、こんばんは。
ご無沙汰してしまいました。
「夕鶴」行かれたのですね!

そしてこの音源を発見した喜びはきっとおわかりいただけたかと存じます。
こんなの見つけちゃうと必死になりますよね!
録音も優秀で、ほんとうにうれしいです。
楽しんでください!

投稿: yokochan | 2011年2月14日 (月) 23時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/151893/50853569

この記事へのトラックバック一覧です: R・シュトラウス 「影のない女」 ハイティンク指揮:

« 「ARMIDA」 アンネッテ・ダッシュ | トップページ | ドリーブ 「ラクメ」 プラッソン指揮 »