« Sapporo | トップページ | バーンスタイン 「チチェスター詩篇」 バーンスタイン指揮 »

2011年9月25日 (日)

In Sapporo with Die shönsten Operetten-Melodien

Sapporo

100年を迎える札幌大通公園。

Sapporo2

「さっぽろオータムフェスト」開催中。
ビールやラーメン、ご当地グルメ、旬の素材料理などのお店が驚くほど出てまして、賑わってましたよ。
わたしは、目的の店があるので、観察するだけでガマンです。

Die_schonsten_operetten_melodien

ドイツオペレッタの美しいアリアを集めた1枚を聴きながら。
なんといっても、レハールの「微笑みの国」から「Dein ist mein ganzes Hertz」。
テノールアリアの中でも、もっとも好きな曲のひとつ。
ルネ・コロの甘い美声で。

Sushiman_3

そして、1年以上ぶりのお寿司屋さん、いつもお世話になってます「すし万」。
根室のさんま。
濃厚かつ脂の乗り方がハンパない。

Sushiman_4

珍味です。時鮭の筋子。
プツプツが細かく、味わいがこれまた濃厚。
熱いご飯があれば何杯もいけちゃう。
日本酒に最高でしたねbottle

Sushiman_5

毛蟹の蟹味噌和えlovely
もうなんもいえないっしょ。
丁寧な仕事でございます。

Sushiman_8

厚岸の牡蠣。
軽く炙ってあります。
プリプリジューシーで、爽やかささえも漂う一品。
なまらおいしい・・・・crying

Sapporo3

少し人が少なめの、すすきの。
髭のニッカのオジサンの色が変わるんですな。初めて知った。

Maruyamagrill_1

翌日のお昼は、オムライス。
ふわふわ卵がおいしうございました。

Sapporo4

創成川沿いに立つ里程標。北海道開拓の始まりの地ともいわれます。
客先のすぐそばにて。

Kakehashi_1

そして、すぐに「すすきのの夜」を迎えてしまうことに。
去年に続く2度目の「かけはし」へ。
活イカさんは、まだ活動中で、吸盤の吸いつきも激しいのでした。
コリコリで甘~い。

Kakehashi_2

野菜も食べます。
炙ります。

Denden_3

普通に札幌ラーメンじゃつまらないので、と、歩いていて見つけたのが、石釜ラーメン「田田」。東京にもあるみたいだけど、麺は道内産。
優しい味の白味噌仕立てのスープ。ともかく熱いが、外は14度と涼しいから大丈夫。

Sapporo7_tokeidai

がっかり名所だけど、横から覗く夜の時計台。

Sapporo8_kitara_2

訪問先が、中島公園から足を延ばす先に数軒あり、公園を横切って、札幌コンサートホール「キタラ」をかすめて歩く。
札幌に来たら、キタラだけど、今回はこれといったコンサートなし。

Kamiiso_1

またもや夜。
塩ウニ食べます。
浜料理「かみ磯」へ。
でも美味しいものは疲れる。日常が恋しくなってくる・・・。
そりゃ飲み過ぎだからだcatface

Mamuro2

締めは、ラーメンじゃなくて、「豚丼」。
こちらも必ず行く「まむろ」。
親父さん相変わらず、「いつ来たの」「札幌は元気ないよ」・・・と。
ここの豚丼は、飲んだあとでも、スルッと入っちゃうし、翌朝も全然もたれない。
いつでも食べたいヘルシー丼pig

Sapporo5_norubesa

すすきの観覧車。
「ノルベサ」にのるべさ。

Okami_setagaya_saimi_2

最終日の昼のラーメン。これで仕事おしまい。
以前に食べて、その名とともに鮮烈な印象だった味噌ラーメン専門店「狼スープ」へ。
ところがしかし、店名はちっちゃくなってしまい、「せたが家&さいみ(彩味)コラボ店」となってました。
「狼スープ」は休業中で、その場をそのままに、期間ごとに、有名店のコラボラーメンにて営業中とのこと。
味噌と醤油のみの選択。
こちらは、煮干し出汁の味噌スープ。とかく濃い口で、強い味の札幌味噌だけど、こちらは味わいはそこそこ濃いものの、爽快な感じで、食後もさっぱり。
うまいんでないかいnoodle

Yurigahara_3

午後は、仕事仲間は帰還。わたくし、ひとりになって、百合ヶ原公園に。
こちらは市営の巨大な自然公園で丘珠空港の近く。
電車で行けます。
夏場はユリとラベンダーで覆われますが、いまはちょっと寂しく、花はダリア畑のみ。
こんな感じに、驚くほどたくさんの種類のダリアが咲きみだれてましたよ。

Yurigahara_2

きれいでしょ。

Yurigahara_1

こんな変わったヒマワリも。

季節はもう秋。
大雪山では冠雪と紅葉。
夏に別れを告げる、札幌出張でした。

Sapporo_t38_3

札幌駅に戻り、JRタワー(T38)に昇り、夕焼けウォッチングを敢行。
着た日の夕方、市内へ向かう電車から見た夕焼けが壮絶的に素晴らしかったので。
しかし、重い雲が空を覆う。
北西の小樽方面。

Umibozu_1

飛行機に間に合う時間を逆算し、それまで駅周辺で一杯。
すすきの以外は、チェーン店ばかりでおもしろくない駅周辺。
もっと探索すればあったかもしれないが、穴場の少し寂しい西口へ。
「うみぼうず」は、私好みの大衆居酒屋。
北大側だし、こういう店は絶対あると思った。
BGMは、ちあきなおみの喝采でした。昭和の香りぷんぷん。

以上、超ロング記事すいません。

近いうちにまた行くことになりそうな札幌でした。

先のオペレッタアリアのCDには、ルチア・ポップの素敵なツィーラーの「小鳥売り」が聴けます。
あと珍品は、エルンスト・コツーブの歌うレハール「ジュディッタ」。
コツーブは、その名とは裏腹に、もしかしたらショルティのリングでジークフリートを歌ったかもしれないヘルデンテノール。
思ったるい鈍重な声に不思議な味わいを感じました。

「百合ヶ原公園」は、左のサイドバーに写真集としてまとめました。
以前の夏の写真もあります。

飲食状況は、滞り気味の別館にて記事にいたします。

|
|

« Sapporo | トップページ | バーンスタイン 「チチェスター詩篇」 バーンスタイン指揮 »

コメント

なんです!この酒池肉林の宴!しかも札幌の町で!
ひとおーつ、人の世の楽しみを
ふたあーつ、プリプリの牡蠣を食べて
みいーっつ、すすきのの夜を大股闊歩しているヤツラを
退治てくれよう桃太郎。
さまよえる様の仕事ってなんだろう?私にはウラヤマしい限りです^^そういや、サッポロ!暫く行っていないなー。。。子どもが生まれてから長期旅行に行っていない。
さんま&筋子&毛ガニ&カキ&オムライス&イカ&石釜ラーメン&ウニ丼&豚丼&狼スープ!
どの1品をとってもウラヤマしすぎです。しかも音楽三昧か。。。仕事でキュウキュウとしている私にはすべて眩しく別世界に感じられます。
私をサッポロに連れてって^^

投稿: モナコ命 | 2011年9月25日 (日) 17時30分

モナコ命さん、こんばんは。
そして、わたくし桃太郎侍に一撃にされてしまいました。

わたくしの仕事は、秘密です。
何も怪しいこともなく、会社員を辞めて10年。
それまで培った全国のさほど多くはない人脈を頼ってちょろちょろと動き回ってます。
音楽の仕事とは無縁です。

以前の仕事が、車などを使って飛び回ることが多くて、そのおかげで、いろんなところに行くことができました。
久方ぶりの遠出の出張に、ちょっと浮かれてしまったのでありました。
どうか、ご成敗だけはご勘弁を・・・(笑)。

札幌は良き地なれど、わたしには秋田も大好きな場所です。
関東・北陸以北はみんな好きです。

投稿: yokochan | 2011年9月25日 (日) 22時10分

うらやましすぎーーー!!!

いったいどんだけ美味いもん食って呑んでって感じですかねーー。
人が我慢してるにーーー
o(`ω´*)oプンスカプンスカ!!

我慢していると言っておきながら、美味いもの見たさに別館にも行ってみることにします。(笑)

投稿: はるりん | 2011年9月27日 (火) 10時05分

はるりんさん、こんにちは。
そして、またひとり、おこられてしまいました(笑)
我慢の最中に申し訳ねぇ!

わたしも我慢を重ねての久々の出張でしたので、思い切りすぎちまいました。

別館は、まだ更新できてませんので、しばし再び我慢してください(笑)

投稿: yokochan | 2011年9月27日 (火) 21時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/151893/52823529

この記事へのトラックバック一覧です: In Sapporo with Die shönsten Operetten-Melodien:

« Sapporo | トップページ | バーンスタイン 「チチェスター詩篇」 バーンスタイン指揮 »