« マーラー ピアノ四重奏曲・断章 カニーノ | トップページ | ベートーヴェン ディアベリ変奏曲 ポリーニ »

2012年3月22日 (木)

シューベルト 交響曲第8番「未完成」 シノーポリ指揮

Tokoin_1

鮮やかな五色の布を縫い合わせ、そこには、参拝者の願いが書かれてまして、その先は、お薬師さまの右手薬指に結ばれているのだそうでございます。

ふむ、この霊験あらたかな場所は、千葉市緑区にある真言宗東光院にてござります。

Tokoin_2

西日を浴びて、さらに伸びるこの絆の綱。

真言宗にいうところの五色(ごしき)。

鮮やかに感じますが、仏教におけるところの「五」~地・水・火・風・空のことなり。

いと深き、そして未熟なるわたくしには、わからぬことばかりなり。

Schubert_sym8_mendelssohn_symp4_sin

シューベルト 交響曲第8番「未完成」。

わたしにとっては、「未完成」は永遠に交響曲第8番ロ短調。

研究がどう進もうと、考証がどうあろうとずっと第8番。

子供のときからずっと聴いてきた名作だけれども、大人になって、そして半世紀以上生きてきて、人生のこの先も感じてしまうようになってからの「未完成」は、単に美しくロマン的な歌に溢れた音楽とばかりに捉えることが出来なくなってきている。

単に耳に心地よく夢見心地の音楽じゃぁない。

それを実は強く意識したのは、レコード時代は若いがゆえに感じなかったミュンシュ&ボストン盤のCD復刻盤を聴いてから。
その後、CDとして買い直したカルロス・クライバー盤のそっけないばかりにロマンから突き放されてしまった1枚、アバドの室内楽的・繊細な全集のなかの1枚。

そして、なによりも、シューベルトの音楽=「死」の影・・・のイメージを強烈に感じさせてくれた、シュナイト&神奈川フィル。
この日の演奏会は、我がコンサート人生の中でも白眉のひとつで、この「未完成」と、R・シュトラウスの「最後の4つの歌」と「死と変容」というプログラム。
コンサートのモティーフは、晩年と、その後の死。。。だった。

こんな「未完成」のあり方を最近は、強く意識するようになった。

その一環、もしかしたら、シノーポリが指揮活動初期の頃にフィルハーモニア管と録音したものもそうかもしれない。

全曲で約30分。

ドレスデンとの再録は未聴ながら、こんなに演奏時間は長くないはず。

シノーポリの常で、テンポを落としても重くならない。
それどころか軽やかでさえあるが、その歌いまわしは入念で、偏執的。
わたしには、マーラーが見据えたようなシューベルトに感じましたが如何に。

テンポは遅く、歌い回しはルバートも多用し入念なれど、それぞれのパートが思いきり歌っているので、重々しくならない。
宿命的なものを感じる1楽章に、ゆったりとした中にも明るい地中海的な明快さをただよさせる2楽章。

ラテン的な気質の指揮者が思い描いたシューベルトの死のイメージを感じました。

シノーポリのマーラーもそんな風に思ってます。

シノーポリが、まだ存命だったら、音楽界はまた全然違っていたでしょう。

ジュリーニ亡く、アバドやムーティ、シャイーもイタリアに近いようでどこか本国では遠い。

シノーポリは、イタリア人として、オールマイティにヴェルディとプッチーニ、ワーグナー、そしてブルックナーとマーラーを完璧に聴かせてくれる大指揮者となっていたことでしょう・・・・。

彼の人生もまた「未完成」なり・・・・・・。

この記事を補筆しながら見た甲子園。

石巻の高校の戦いぶりに、ほろ酔いのワタクシは涙を禁じえませんでした。
ううっ・・・

|
|

« マーラー ピアノ四重奏曲・断章 カニーノ | トップページ | ベートーヴェン ディアベリ変奏曲 ポリーニ »

コメント

シノポリPO の未完成とイタリア、改めて聴きました。どちらもゆっくりと丁寧、でも重くない、味のある演奏ですね。
尚、私も、未完成はあくまでも8番、に共感します。

投稿: faurebrahms | 2012年3月23日 (金) 07時47分

faurebrahmsさん、こんばんは。
シノーポリ入魂の演奏は、後年の、もっと普遍的な演奏よりずっと個性的ですね。
イタリアもそうでした。

そしてそして、未完成は永遠に8番です!!

投稿: yokochan | 2012年3月23日 (金) 22時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/151893/54277409

この記事へのトラックバック一覧です: シューベルト 交響曲第8番「未完成」 シノーポリ指揮:

« マーラー ピアノ四重奏曲・断章 カニーノ | トップページ | ベートーヴェン ディアベリ変奏曲 ポリーニ »