« ドヴォルザーク ピアノ協奏曲 リヒテル | トップページ | レオンタイン・プライス プッチーニ&R・シュトラウス »

2012年6月 7日 (木)

I wish it so ドーン・アップショー

Rugne_1

琥珀色に身も心も酔ってしまった、ワタクシさまよえるクラヲタ。

久方ぶりに大阪へ。

今回は1泊のみだったので、大阪の音楽仲間の方々には声掛けできませんで残念でした。

ミナミで飲みました。

こちらは3軒目の、「PUBBAR IVROGNE」というバーでして、アイラモルトのボウモア。

なんば駅にも近い4丁目エリアは、かつてはちょっと怪しい雰囲気だったと聞きますがね、いまは個性的な、それも小さなお店が並ぶグルメエリアみたい。
どの店も、お客さんで一杯。

Upshaw

     I wish it so

          ドーン・アップショー  ソプラノ

        マイケル・スターン   ピアノ

わたしのお気に入りの1枚。

アメリカのソプラノ、ドーン・アップショーが歌う、アメリカのブロードウェイ・ソングブック。

アップショーは、ジンマン指揮するグレツキの「悲歌のシンフォニー」でブレイクしたリリックソプラノで、モーツァルトのスーブレット系の諸役やR・シュトラウスなどでメットを中心に活躍。
多彩で器用な彼女は、ミュージカルやジャズ、現代音楽も歌いこなすんです。

「I wish it so」は、マルク・ブリッツスタイン(1905~1964)が音楽を担当したミュージカル「JUNO」の中の1曲。
戦時のアイルランド、ダブリンに生きた働きもののジュノーの物語。
旦那はワークレスの飲んだくれで、彼女は家族をかいがいしく支えてゆく。

「そうだといいのに・・・・」

毎日、忙しくて、ずっとこんなだわ。心休むときもない、そしてベットにもぐり込むだけ・・・。
もうおかしくなりそう・・・。
そうなればいいに。。。。それは今夜、いや明日かも・・・。

少し哀しくも、どこか希望がある、とっても愛らしくも美しい曲なんです。

アップショーのクセのないクリアボイスはとっても可愛いのです。

疲れて、寝る前に、琥珀色の液体をくゆらせながら聴くのに最高の音楽なんです。

Rugne_2

個性的なバーがふたつ並んでました。

youtubeに、このアップショーの歌がありましたからどうぞ。

http://www.youtube.com/watch?v=VDpNJgu7aWE&feature=related

|

« ドヴォルザーク ピアノ協奏曲 リヒテル | トップページ | レオンタイン・プライス プッチーニ&R・シュトラウス »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/151893/54901972

この記事へのトラックバック一覧です: I wish it so ドーン・アップショー:

« ドヴォルザーク ピアノ協奏曲 リヒテル | トップページ | レオンタイン・プライス プッチーニ&R・シュトラウス »