« エルガー「コケイン」&アイアランド「ロンドン序曲」 バルビローリ指揮 | トップページ | ワーグナー 「さまよえるオランダ人」 バイロイト2012 »

2012年7月27日 (金)

バックス 「夏の音楽」 トムソン指揮

Sapporo_3

去年の夏の札幌の公園にて。

北海道と長野は、その緑が北国のそれであるように思います。

白樺や針葉樹が多いのもそうだし。

冬季オリンピッックを開催したのも両地。

英国音楽や北欧の音楽を聴くときに、日本で思い起こす景色も北海道に長野。

Bax_tone_poems

  バックス 交響詩「夏の音楽」

   ブライデン・トムソン指揮 アルスター管弦楽団

                    (1982.6 @ベルファスト)


アーノルド・バックス(1883〜1953)は、英国作曲家のなかでも大好きなひとり。

生粋のロンドンっ子にありながら、ケルトの文化に魅せられ、アイルランドやスコットランド、北イングランドの地を愛し、まさにアイルランドに没している。

7つの交響曲、いくつもの交響詩や管弦楽作品、ピアノと管弦楽の作品、室内楽、器楽、声楽曲など、広範に作曲しているが、その音楽は幻想的で、ロマンティックでかつ、ミステリアスな雰囲気にあふれていて、最初はとっつきが悪いものの、ひとたびハマれば、そのどれもが北国の風物の魅力を感じさせるようで、愛せずにはいられなくなるんです。

同時代のV・ウィリアムズよりは保守的て、その少し曖昧なタッチは、ディーリアスにも近くて、一方でダイナミックなシャープさも持ち合わせていて、ブリッジやバントックのようでもあります。

今回のCDを取り上げるのは2回目ではありますが、4曲収められた素敵な音詩のなかから、今聴くに相応しい「夏の音楽」をピックアップしてみました。

10分あまりの小さな作品で、オーケストラの規模もそんなに大きくありません。

出だしからホルンの詩的な歌と、それに続くコールアングレの音色を受けて弦が、どこか懐かしい雰囲気で曲は始まり、金管はトランペットだけという、大きな音をたてないオーケストラによって静かに音楽は進みます。

暑く風のない6月の南イングランドの木々茂る場所の情景。

一服の音による絵画のようであります。

前の記事でも書きましたが、ディーリアスの「夏の庭園にて」と対をなすようなバックスの音詩にございました。
1920年、ビーチャムに捧げられた作品です。

バックスのスペシャリストともいってよかった、B・トムソンのダンディな指揮で。

過去記事→バックス 交響詩集1

|
|

« エルガー「コケイン」&アイアランド「ロンドン序曲」 バルビローリ指揮 | トップページ | ワーグナー 「さまよえるオランダ人」 バイロイト2012 »

コメント

お久しぶりです。
フレッツ光からau光ギガの回線変更トラブルで1ヶ月近くネットの世界から遠ざかっていました。
今日ようやく開通。
当然、イギリスはロンドンのオリンピック開催でyokochanさんのブログもイギリス真っ盛りでしたね。バックスの音楽も集めだしたらきりがないです。ドーヴァー海峡を渡ったブルターニュのロパルツとバックス、何か似ているなぁと感じるのですが、如何?

投稿: IANIS | 2012年7月27日 (金) 21時57分

IANISさん、こんばんは。
ご無沙汰でしたので、ちょっと心配してました。

ロンドンとバイロイトとで、この夏は忙しいです。

そしてバックスのケルトは、ブリュターニュ地域でも味わえる文化ですからして、アイアランドや、ご指摘のロパルツにもつながるものだと思います。
ロパルツのオペラは、ドビュッシーとディーリアスとバックスとセブラックみたいな感じですね。
記事準備中です。

投稿: yokochan | 2012年7月28日 (土) 00時06分

おはようございます、よこちゃん様。
いよいよロンドンオリンピックの始まりです。
よこちゃんのイギリス熱あがってますか?
ご紹介の作曲家さん、勉強不足で申し訳ない。聞いた事がありません。
ケルト音楽というと「エンヤ」で知ったくらいです。
よこちゃんのご推薦のこの曲聞いてみたくなりました。
なかなか店頭で見つけるのは難しそうですかね。お取り寄せかな?

投稿: ONE ON ONE | 2012年7月28日 (土) 03時27分

ONE ON ONEさん、おはようございます。
実は、オリンピックそのものには、あんまり気持ちが熱くなってません。これからジワジワかもです。

この際だからと、英国音楽を続けてみた次第でして、以前も現在も、英国音楽を愛する気持ちは変わってません。
島国ということは、我が邦と同じように独自の文化を守ることになるんですね。
縦に長い国ですからよけいにそうです。

ご案内のCDは、オリジナルの形では廃盤ですが、組み換えで出てますのと、ナクソスからも別の演奏で出ているようです。

HMVのサイトで確認できますよ。

投稿: yokochan | 2012年7月28日 (土) 10時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/151893/55265939

この記事へのトラックバック一覧です: バックス 「夏の音楽」 トムソン指揮:

« エルガー「コケイン」&アイアランド「ロンドン序曲」 バルビローリ指揮 | トップページ | ワーグナー 「さまよえるオランダ人」 バイロイト2012 »