« ワーグナー生誕200年記念コンサート バイロイト | トップページ | 神奈川フィルハーモニー第290回定期演奏会 現田茂夫指揮 »

2013年5月24日 (金)

ヴェルディ 序曲聴き倒し

Sagar1

わたくしの育った町の海。

ここでは1度引っ越してますが、最初のお家は、もう海辺まですぐ。

いつも海風に揺れる松の木のこずえの音が聴こえたものです。

台風のときは、それは怖かったですよ。いまと違ってすぐ停電しちゃうので蝋燭一家でした。

それはそうと、ここしばらく音楽が忙しい。

毎度書きますが、わたしの人生、最初で最後ともいえるアニヴァーサリー作曲が3人もいる年ですから。
ブリテンは、いずれまた集中することとなりますが、いまはワーグナーとヴェルディ。

ワーグナーの誕生日を22日に迎えたばかりのところへ、24日は、神奈川フィルの演奏会がヴェルディなんですから。

  ベートーヴェン ヴァイオリン協奏曲

        Vn:三浦 文彰

  ヴェルディ   「アイーダ」序曲  「シチリア島の晩鐘」序曲

            「運命の力」序曲  「ナブッコ」序曲

            「ラ・トラヴィアータ」前奏曲

            「アイーダ」凱旋行進曲とバレエ音楽

    現田 茂夫 指揮 神奈川フィルハーモニー管弦楽団

     2013年 5月24日 PM7:00 みなとみらいホール


ちょっと奥手なベートーヴェンの協奏曲。
若い三浦君は超越技巧ばかりでない、なにかをきっと聴かせてくれそう。
わたしのこの曲への苦手意識を解いてくれ!

そして、後半は、聴くわたくしもお得意の、現田さん自家薬籠中のヴェルディ!
悪かろうはずがありません。
輝かしい神奈川フィルの音色もきっと満開になる初夏の夕べ。
しかも、「アイーダ」はシンフォニア(序曲)バージョンをやってくれちゃう。
ほかのオケでは考えられない、すんばらしいプログラムじゃありませんか!

ヴェルディ愛のワタクシ、きっと椅子に座っていられないくらいに興奮してしまうかも。
ブラボーこいちゃうかも。
現田さんに抱きついちゃうかも?

昨日のワーグナー生誕祭に続いてのヴェルディ祭り。
今年上半期のわたくしの音楽生活のひとつのピークであることは間違いありません。

Verdi

以前、「運命の力」序曲をイタリア5大指揮者で聴きまくる記事を書きましたが、こんかいも、それらの音源をベーズにコンサート演目の序曲をそれぞれに聴きまくりました。

 カルロ・マリア・ジュリーニ指揮フィルハーモニア管弦楽団
                           (1959)

 クラウディオ・アバド指揮ロンドン交響楽団
                           (1977年)

 クラウディオ・アバド指揮ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
                           (1995年)

 リッカルド・ムーティ指揮ミラノ・スカラ座管弦楽団
                           (1993年)

 リッカルド・シャイー指揮ナショナル・フィルハーモニー管弦楽団
                           (1982年)

 ジョゼッペ・シノーポリ指揮ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
                           (1983年)


イタリア人指揮者たちのこれらの演奏。
正直言って、どれも素晴らしくって、これより上手い演奏、(たとえばカラヤン、)はあるだろうけれど、イタリア人が持つ生来の歌魂がここにはあると思う。
母親のお腹のなかにいるときからきっと聴かされてきたヴェルディの音楽、いや、その母親もオペラの一節を口づさんでいたに違いない歌がそのDNAに完全に血肉化しているゆえの歌心。

お国ものは、ときに停滞やルーティン化を生んでしまうものでありますが、彼ら優秀な指揮者たちは、オペラを指揮する一方で、偉大なコンサート指揮者でもあります。
オペラティックであるとともに、シンフォニックなその切り口は、オペラの幕開きを予見させるとともに、その序曲一曲だけでも完結感にあふれた演奏を行ってまして、こうして連続して次々に聴いても飽きることがないのです。

それぞれに、わたしが感じる特徴を端的に述べると、歌いまくりの熱いヴェルディが意外や若きジュリーニ、シンフォニックななかに歌を解放して見せた高度な演奏のアバドLSO。
オケの機能を活かしきって光彩陸離たる輝かしさを弾き出しつつ、ヴェルディならでは爆発を聴かせるアバドBPO。
遊びが少なく楽譜の力を信じつつ、これまた意外にも味わい深いムーティ。
構えが大きく、一番コンサート映えする勇壮な若きシャイー。
ウィーンの柔らかな音色と鋭い切れ味の指揮とのアンマッチングが面白いシノーポリ。

そして、「運命の力」にはもうひとつ忘れられない演奏が。

Opera_star_charity

  ヴェルディ 「運命の力」序曲

   ヘルベルト・フォン・カラヤン指揮ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団

                          (1974年)


カラヤンのヴェルディ序曲集は実は未聴。
「運命の力」のみ、その少し前に癌撲滅運動チャリティーのレコードで新録されたものを、それこそすり減るほど聴いた。
ドイツ人が、ヴェルディの序曲をこんなに輝かしく、力強く、美しく演奏するんだ!
それが真っ先の驚きで、べらぼうにウマいベルリン・フィルの威力にひれ伏すばかりの高校生でした。
その少し前、ハイティンクとコンセルトヘボウの同曲のレコードがお馴染みとなっていましたが、それは立派な演奏ながら、上には上があるもんだと感嘆することしきりでありました。

もうひとつ、この曲の思い出を。

1975年のウィーンフィルの来日。伝説のベーム公演に往復はがきで何枚も応募したけれど、すべてハズレ。ついでに出したムーティの日本デビュー公演はいとも簡単にアタリ。
ごく普通の名曲のコンサートのアンコールは、「運命の力」。
この鮮やかさと、駿馬のような見事な快走っぷりに、ムーティの本領を見て聴いた。
ともかくカッコいい以外のなにものでもありませんでした。
その演奏会のライブがCD化されたそうな。
嬉しいやらなにやら・・・・。

よし、神奈川フィルのコンサートは、思いっきり楽しむぞーーnote

|
|

« ワーグナー生誕200年記念コンサート バイロイト | トップページ | 神奈川フィルハーモニー第290回定期演奏会 現田茂夫指揮 »

コメント

いいなー^^この演奏会を地元のオケで生で聴ける!しかも演奏水準も一流!
私のような田舎者には本当に羨ましい限りです。神奈川県民を心から羨ましいと思います。
しかも、何?ベートーベンのバイオリンも聴けるの?いいなー。。。
ヴェルディの序曲のコンサートとか!
最高じゃね(←イカレタ女子高生風)

投稿: モナコ命 | 2013年5月24日 (金) 23時32分

モナコ命さん、こんにちは。
おかげさまで、出身県のオケだけに、力入りまくりです。
オーケストラの運営は、安定の放送系や新聞系、メトロ系をのぞけば、みんな大変なのですが、地元オケを盛り上げる活動の一助に参画できるのも楽しいものです。
今回のプログラムで是非お聞かせしたかったです!

投稿: yokochan | 2013年5月25日 (土) 20時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/151893/57446006

この記事へのトラックバック一覧です: ヴェルディ 序曲聴き倒し:

« ワーグナー生誕200年記念コンサート バイロイト | トップページ | 神奈川フィルハーモニー第290回定期演奏会 現田茂夫指揮 »