« 交響曲第1番「HIROSHIMA」 金聖響指揮 神奈川フィルハーモニー | トップページ | チャイコフスキー ピアノ協奏曲第2番 ポストニコワ »

2013年7月23日 (火)

ブリテン 「誕生日のお祝い」

Rose_pink_2

ピンクの薔薇、平和と幸福の象徴。

英国王室のロイヤル・ベビーが生まれました。

しかも、将来の王子様。

同じ皇室・王室を持つ島国として、英国は日本にとってとても親しい国。

ちょっと調べましたら、世界で王室のある国は、全部で27国。

その中で、正統の歴史で一番長いのが、なんと日本とのこと。

隣国が羨み、やっかむのも無理からぬ、我が国の歴史をちょっと誇りに思ったりします。

そして、ベビーちゃん誕生を待ち受ける英国の、その厳粛さとユーモア。

Britten_birthday_hansel_2

  ブリテン 「Birthday Hansel」(誕生日のお祝い)

     ソプラノ:アンネッテ・ベタンスキ

     ハープ:スーザン・ミロン

           (2001.3@ロズリンダール、マサテューセッツ)


ブリテン(1913~1976)の作品92、最晩年1975年の歌曲です。

同年、王室から、現女王エリザベス2世の母、エリザベス王妃75歳の生誕のお祝いの音楽を委嘱されたブリテン。

18世紀スコットランドの詩人・民謡収集家のロバート・バーンズの詩による短い7曲の連作を作曲。
バーンズは、かのスコットランド民謡の現「ほたるの光」を採取し曲の骨格を築いた人です。
ブリテンは、作曲にあたり、パートナーのピアーズにも助言を仰ぎつつ、その初演も当然にピアーズでした。
テノールまたは高音域による歌曲となっております。

 1.誕生の歌

 2.朝の散歩

 3.ウィー・ウィリー

 4.おらの山羊

 5.アフトンのせせらぎ

 6.冬

 7.リーズィー・リンジー


全編17分、連続して歌われるが、起伏は少なめ、全体は静かな明るさにあふれていて、テンポも穏やかで、ひたひたとあふれる喜びを静かに噛みしめるような曲調。

伴奏がハープであるところが、透明感と無垢なピュアさを表出していて、なにごとも穢れない聖なる響きが意図どおりに出ていて、とても素敵なのです。

対する歌の方も、晩年のどこかアッチの世界へ行ってしまっているようなワープ感はなくって、音程の上下するさまはミステリアス感を呼び覚ますが、むしろ、ハープの響きとあいまって、ルネサンス的な自由さと、いにしえの王朝サウンドを意識させてくれます。
繊細でガラス細工のようなブリテンの巧みな筆致は、まさに天才的だと思います。

カナダ生まれのアメリカのリリックソプラノ、ベタンスキさんの透明ではかない歌声は、こうした曲にはぴったりです。
バッハやモーツァルトを得意とする彼女ならではブリテンです。
ほかの収録曲もホルンやフルートを伴う涼しげで素敵な曲ばかりですので、また機会をあらためて取り上げてみたいと思います。

9月には、辻さんが、恒例の英国歌曲展にて、ブリテン特集をくまれ、この曲も演目にはいっております。

Kensington_palace

ケンジントン宮殿。
こちらにベビーちゃんはお住まいになるのだそうな。

すてきなこちらのサイトより拝借した画像です。

http://atasteoftravelblog.com/



|
|

« 交響曲第1番「HIROSHIMA」 金聖響指揮 神奈川フィルハーモニー | トップページ | チャイコフスキー ピアノ協奏曲第2番 ポストニコワ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/151893/57852167

この記事へのトラックバック一覧です: ブリテン 「誕生日のお祝い」:

« 交響曲第1番「HIROSHIMA」 金聖響指揮 神奈川フィルハーモニー | トップページ | チャイコフスキー ピアノ協奏曲第2番 ポストニコワ »