« バイロイト音楽祭2013スタート | トップページ | プロムス2013~ロト&ル・シエクルのハルサイ »

2013年7月26日 (金)

マーラー 交響曲第9番 バルビローリ指揮

Yotsukaido_sky

7月のはじめ、自宅から見た夕刻の空。

夕焼けというものは、その日、その時によって、このように息をのむような壮絶な光景を見せてくれます。

人生の夕暮れを感じることもできますし、次にまたやってくる明日を感じることもできます。

歳とともに、前者の思いが深まるばかりです。

Mahler_sym9_barbilolli

  マーラー  交響曲第9番 ニ長調

 サー・ジョン・バルビローリ指揮 ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団

                  (1964.1 @イエスキリスト教会、ベルリン)


久々のマーラー(1860~1911)。

言わずとしれた、バルビローリの第9を久しぶりに聴きます。

ベルリンフィルに定期的に客演していたバルビローリは、得意とするマーラーを携えてベルリン入りすることが多く、いまや数々のライブ復刻音源が出ております。
第9もその一環で、あまりに有名な楽員からのレコーディング要望という経緯も、いまや「バルビローリのマーラー第9」という普遍的な固有名詞的な存在と、その逸話でもって、燦然と輝いているのでございます。

マーラーの音楽を聴くということは、ひとむかし前なら、すべての夾雑物を排して、土曜日などの休前日の晩に、真剣に命をかけるようにして取り組んでいたものです。
同じように、ワーグナーもそのようにしておりました。

それが、いまや、マーラーは日常茶飯事のように、思ったその時に聴いてしまうという、ごく親しい存在になっているのです。

こうしたマーラー受容経験を経たのちに、またあらたに、かつての60~70年代のマーラーを軽いスタンスで聴くということが、じつはあんまりできないんです。
それぞれに、真剣に思い入れも込めて聴いてきた音源は、いまでも軽々しく聴くことはできないのでした。

ラトルやノット、ヤンソンスの第9は、さらりと何気なく平日の晩に聴けるのですが、バーンスタインやアバド、カラヤン、テンシュテットなどは、おいそれとは日常的に聴けない。
ところが、心優しいバルビローリの名盤は、そのどちらでもなくて、真剣に取り組んでもよし、軽い平日の晩のタッチで聴くもよし、身近に感じることのできる第9なのです。

彼岸に踏み出した、あっちへ行っちゃってる音楽という認識や概念は、ここではまったく感じることがなく、どこまでも音符のひとつひとつを慈しむ指揮者を、信望してその持てる最高性能のすべてを全開してしまったオーケストラ、という図式が成り立ってます。

優しい雰囲気に終始あふれた1楽章と、ずっとずっと弓を引っ張りながら、歌の限りをつくす終楽章がともかく素晴らしい。
バーンスタインとはまた大きく違ったエモーショナルな終楽章は、強引さはひとかけらもなくって、オケの全員がサー・ジョンの思いに寄り添い一丸となってしまった、たぐい稀な音楽表現であると確信します。

言葉は不要、多くの方々が聴いてきた、高名なるバルビローリのマーラー第9に、わたくしもここで讃辞を捧げたいと思います。

余談ながら、日曜に聴いた神奈川フィルの佐村河内交響曲は、日に日にその思いを増してます。
ここ数日、ワーグナー、チャイコフスキー、マーラー、ブリテンと聴いておりますが、佐村河内音楽の根底にあるのは、ワーグナーの錯綜する複雑かつ、劇的な音楽造りに共通するもの。
パルシファルとリングとの共通項を、言葉には変換できませんが、いくつも見出しております。

この夏は、ほんと、忙しいです。

|
|

« バイロイト音楽祭2013スタート | トップページ | プロムス2013~ロト&ル・シエクルのハルサイ »

コメント

記事に触発され久々にこのCDを聴きました。アップされた夕刻の空の写真のような、本当に味わいある演奏ですね。

投稿: | 2013年7月27日 (土) 22時46分

コメントどうもありがとうございます。
わたしも、久々のマーラーであり、バルビローリでした。
懐かしくも、いろんな思い出を呼び覚ます演奏で、捨てがたい1枚ですね。

投稿: yokochan | 2013年7月29日 (月) 00時49分

この演奏はCDを買って聴きましたが
正直感動できません。
イエス・キリスト教会の録音のせいか?
音がまろやか過ぎて
第1楽章の激しい葛藤が均せれています。
ただ第4楽章ではそれがプラスに転じ
聴きほれるのですが…
それだけこの曲のハードルは高いと思います。
失礼ながら…

投稿: 影の王子 | 2013年7月31日 (水) 21時39分

影の王子さん、こんばんは。
そうですか、そのようにお聴きになられましたか。
録音の好き嫌いは、EMIゆえに大きく左右すると思います。
わたしも、LP時代とCD時代とで、大きく印象のことなる音盤をいくつも経験しました。
バルビは、そのなり声からなにまで、どうしても許容してしまい、その特殊な個性は二の次になってしまう指揮者のひとりです。
英国音楽とシベリウスが前提としてあるからです。
マーラーの音楽は、記事に書きましたが、軽い感じで聴けるものも好きなわたくしです。
バルビの不思議な軽さも、ありだと思ってます。

投稿: yokochan | 2013年8月 2日 (金) 00時23分

こんばんは。
バルビローリのマーラー大好きです。
来日直前で亡くなられたことは本当に残念です。
先日のコンヴィチュニーもそうですが
当時は日本に来日すると良くないと言う噂が
あったようですね。
セル、クリュイタンス、カイルベルト…

投稿: よしお | 2013年10月27日 (日) 19時28分

よしおさん、こんにちは。
バルビのマーラーは独特のものがありますね。
千人以外は聴くことができるのこともありがたいことです。

ニューフィルハーモニアがバルビローリなしで、来日したときは、あまり実感がなかったのですが、その後に、クラシック音楽を深めるにつれ、本当に、惜しいことだったと地団駄踏むようになりました。
マーラーの1番やシベリウスが、その予定演目に入ってましたから!

ご指摘のとおりの指揮者名、見ると確かにそうですね。
でもベームやチェリのような長老もいますから、いまはその噂は払底されましたね!

投稿: yokochan | 2013年10月27日 (日) 23時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/151893/57869168

この記事へのトラックバック一覧です: マーラー 交響曲第9番 バルビローリ指揮:

« バイロイト音楽祭2013スタート | トップページ | プロムス2013~ロト&ル・シエクルのハルサイ »