« モーラン 幻想四重奏曲  | トップページ | Boz Scaggs 「We’re All Alone」  »

2014年5月10日 (土)

ブライアン 交響曲第31番 マッケラス指揮

Umezawa

いつもの山から、相模湾を除き込むの図。

沿岸には、新しい洋風な家がたくさん建ちましたし、オシャレなイタリアンもいくつか。

昔は、なにもなかったのだけど。

ちょうど、画像に、熊ん蜂が写りこみましたよ。

ことしは、どうも、虫たちが活発で、多いようで、熊ん蜂がぶんぶん。

木の上からは、糸をたらして、青虫が目の前に、すぅーーっと。

わたくしは、小さいときから慣れているから平気だけど、田舎でも、いまや子供たちが、虫を見ると大騒ぎ。
これも時代です。

Brian

   

ブライアン  交響曲第31番

    サー・チャールズ・マッケラス指揮ロイヤル・リヴァプール・フィルハーモニー

                           (1987.5 @リヴァプール)

ハヴァーガル・ブライアン(1876~1972)は、イングランド中北部スタッフォード・シャーの出身の怪作曲家。

それというのも、その存在そのものがユニークな方なんです。

以前のふたつの記事から、ミックスして紹介します。

労働者階級の出身で、音楽はほとんど独学。
ジュニアスクール卒業後、大工や石炭工、塗装工などを転々とした変わりだね。
作曲すれど、なかなか日の目を見ることはなく、泣かず飛ばずだったが、地元の資産家の投資を受けて、今度は、お遊びに目覚めてしまい、家族も泣かすことになり、ロンドンへ逃亡。
 その後、いよいよ、本格作曲家として目覚め、なんと、51歳にして、初の交響曲第1番「ゴシック」を書き上げた。
この曲は、1000人級の演奏者を要し、長さもギネス認定の長大交響曲なのです。

その後、このブライアンおじさんは、交響曲を書くは、書くは・・・・

80歳以降に12番~24番、90歳以降に25番~32番という巨魁ぶり。
その他オペラや声楽作品もあるというから・・・。

でも、ばかげた巨大作品は1番のみで、あとは普通、もしくはシンフォニエッタ風の小振り作品だったりして、それらが以外と英国風の落ち着きある音楽で悪くない感じです。

かといって、32曲もある交響曲は、その半分も録音されておらず、わたくしも3枚程度のCDを持つのみであります。

今日の31番は、演奏時間13分の、単一楽章による、とらえどころのないファンタジックな作品で、なんとなく4つの部分には分かれている気もしなくはありません。
難渋な顔をした、ヒンデミットやレーガーが、イギリスに行ったみたいな感じです。

これを聴いて、素晴らしいとか、感動する、といった類の作品ではないような気もしますが、やはり、そこは英国音楽好きとして、美点を探しましょう。
中間部にあらわれる、ヴァイオリンソロが気に入りましたが、それもつかのも、威圧的な、雰囲気にのみ込まれてしまいます。
最後は、少し盛大な雰囲気になるけど、不可解なまま終わっちゃう。
欲求不満が募りますぜ。

いや、やっぱり、あかん。
どうにも、こうにも、よくわからん。

1番「ゴシック」と3番、7番は、結構気にいってるんだけどな。

そんな、ブライアンの交響曲31番は、1968年の作品です。

怪ブライアン。
もしかしたら、隠れた良い曲が潜んでるかもしれず、死ぬまでに全曲は聴くことはないだろうけど、これから揃えられるものは集めておこうと、思った土曜の晩でした。

過去ブライアン記事

「ブライアン 交響曲第1番 ゴシック 」

「ブライアン 交響曲第3番」


|

« モーラン 幻想四重奏曲  | トップページ | Boz Scaggs 「We’re All Alone」  »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/151893/59621649

この記事へのトラックバック一覧です: ブライアン 交響曲第31番 マッケラス指揮:

« モーラン 幻想四重奏曲  | トップページ | Boz Scaggs 「We’re All Alone」  »