« 「森園ゆり グリーン・ウェーブ・コンサート」 | トップページ | チャイコフスキー 交響曲第5番 クルツ指揮 »

2014年6月 4日 (水)

シューマン 「森の情景」 ピリス

Azumayama_4

緑がまぶしい。

そんな感覚の、新緑の季節は、5月の思いのほか強い日差しにあって映えるもの。

6月は、こんどは、そんな緑が、しっとりと落ち着いた雰囲気にそまる。

季節おりおり、自然もいろんな色合いを見せてくれますな。

今日は、緑の季節に合わせて、そんな選曲と思いましたが。

Schumann_pires

   シューマン 「森の情景」

     ピアノ:マリア・ジョアオ・ピリス
  
                (1994.1 @ミュンヘン)


われわれが思う、「森」は、日本の緑豊かな森であったり、鎮守の森であったりと、ときに怖い一面は別途あるかもしれないけれど、そうした生活に密着もした、親しい場所、みたいな感覚を持ってます。

シューマンのピアノ作品、「森の情景」の「森」は、「ドイツの森」です。
ですから、ちょっと怖くて不気味なところと、妖精さんが出てきそうなところとが、混在したような、ファンタジーの世界なんです。

1849年頃までに書きあげられた、シューマンとしては晩年として、あと生涯を7年間残すのみの時期の作品です。
ピアノ作品としては、もっとも後半生のもののひとつでもあります。

9曲の小品の連なりですが、ラウベやアイヘンドルフらの詩に啓発されたものとされ、それぞれに詩的な標題がつけられ、自身も短い詩をつけたともされてましたが、のちに、それらは、ヘッベルによる詩が第4曲に残されたのみで、すべて省かれてしまいました。

ゆえに、われわれ聴き手は、9つの詩的なタイトルから、短い2~3分の各曲を聴きつつ、ドイツの緑の森を思い描きながら聴くという、ある意味、自由なファンタジーの世界に遊ぶという所作が許されるのです。

こんな夢想的な音楽の聴き方ができるのもまた、シューマンならではですし、この時期、ちょっと、軋みの入り始めた彼の心のことも思いつつ、揺れ動く音楽と大胆な表現に身を任せてみるのも、またシューマンの聴き方でしょう。

   1.「森の入り口」
   2.「待ち伏せる狩人」
   3.「もの悲しい花たち」
   4.「呪われた場所」
   5.「親しい風景」
   6.「宿屋」
   7.「予言の鳥」
   8.「狩りの歌」
   9.「別れ」


森に分け入る楽しさと、ちょっとの不安を抱いたかのような「森の入り口」、シューベルトの死の世界観を感じさせもする不安に満ちた「呪われた場所」。
半音階の世界に足を踏み込んだような斬新で、ちょっととりとめない「予言の鳥」。
曲の終わりらしくない、どこか腑に落ちない、そんな終わりかたが、どこか言い足りなさそうで、後ろ髪ひかれる「別れ」。

優しさと鋭い感受性で持って深みのある演奏を繰り広げていたDG時代のピリス。
もう20年前となりますが、いまだに鮮度の高いピアノに思います。

なんか、このところ、シューマンとバッハ、コルンゴルトと英国音楽ばかり聴いてます。

|
|

« 「森園ゆり グリーン・ウェーブ・コンサート」 | トップページ | チャイコフスキー 交響曲第5番 クルツ指揮 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/151893/59755355

この記事へのトラックバック一覧です: シューマン 「森の情景」 ピリス:

« 「森園ゆり グリーン・ウェーブ・コンサート」 | トップページ | チャイコフスキー 交響曲第5番 クルツ指揮 »