« ハイドン 交響曲第101番「時計」 アバド指揮 | トップページ | ベルリオーズ 幻想交響曲 スラトキン指揮 »

2014年10月30日 (木)

メンデルスゾーン 「美しいメルジーネの物語」 マリナー指揮

Asakusa_kaminari

ある日の浅草、雷門。

こっちは、土曜で、さんざん飲んで、いい気分。

花嫁さんが、この下で記念撮影してましたよ。

いい感じですね。

お幸せに~

Mendelssohn_marriner

  メンデルゾーン 序曲「美しいメルジーネの物語」

   サー・ネヴィル・マリナー指揮

         アカデミー・セント・マーティン・イン・ザ・フィールズ

                       (1994.10.17~19@ロンドン)


爽やかマリナー&アカデミーの、爽やかメンデルスゾーン。

これは、もう、鉄板ですな。

交響曲のスコッチとイタリア、真夏の夜の夢、エリア、ヴァイオリン協奏曲、ピアノ協奏曲などの録音とともに、今宵の序曲集も、このコンビの名に恥じない、すっきり爽快、さわやかさんなのです。

序曲という、交響詩の生まれるまえの、劇的かつタイトル音楽に、たくさん作品を残したのは、ベートーヴェンとメンデルスゾーンでありましょう。
 ことに、メンデルスゾーンは、そもそも最初は序曲だけだった「真夏の夜の夢」もその代表作に、有名な「フィンガルの洞窟」など、そこそこの作品を残してます。

オラトリオもオペラも手掛けたメンデルスゾーンは、短命にも関わらず、ほんとうにその作品数も多いし、作品のほとんどが、明るく幸福な歌にあふれてますね。
 深刻な作品も、この序曲たちにはなくはないですが、今宵の「メルジーネ」は、ファンタジーとラブロマンスに満ちた、幸せな音楽です。

オーストリアの劇作家、フランツ・グリルパルツァー(1791~1872、長命!)の台本に基づいた作品で、ベートーヴェンによるオペラ化を期待して書かれたものの、断られ、異なる作曲家の手でオペラ化された。

これを聴いたメンデルスゾーンが、もっと強い思いと共感を寄せて書いたのが、この序曲です。

人魚メルジーネは、人間界にあらわれ、騎士とすぐさま恋におちいり、その妻となります。
二人は、妻のその素状を問わないということを前提に、10人の子供たちを誕生させ、育てます。
しかし、騎士は、その禁をやぶってしまい、幸せな生活は終わりを告げざるをえなくなり、メルジーネは、もといた世界に戻ってゆく・・・・。

鶴の恩返しか、ローエングリンか・・・、そんなロマンティックな物語につけたメンデルスゾーンの美しくも、ちょっと儚い音楽が、短い中にも、デリケートな感情でもって、聴くわたしたちに迫ってきます。

マリナーの楚々たる演奏が、至極、相応しく聴こえます。

同様に、アバドもかつてロンドンのオケで、流麗爽快な演奏を残しております。

|
|

« ハイドン 交響曲第101番「時計」 アバド指揮 | トップページ | ベルリオーズ 幻想交響曲 スラトキン指揮 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/151893/60545770

この記事へのトラックバック一覧です: メンデルスゾーン 「美しいメルジーネの物語」 マリナー指揮:

« ハイドン 交響曲第101番「時計」 アバド指揮 | トップページ | ベルリオーズ 幻想交響曲 スラトキン指揮 »