« R・シュトラウス 「アラベラ」 首都オペラ公演 | トップページ | モーツァルト 「孤児院ミサ」 アバド指揮 »

2014年10月16日 (木)

R・シュトラウス オペラ お願いランキング

Osanbashi_3

横浜港、大桟橋からのMM21地区の眺め。

先日の県民ホールでの「アラベラ」観劇の帰りです。

お馴染み、みなとみらいホールは、あちらの方向。

さて、久しぶりにランキングやってみよっと。

前から、やろうやろうと思ってた、R・シュトラウスの15のオペラです。

そして、生誕150年の今年もあと、3ヶ月を切ってますから。

Onegai_seito_1

え?

テレビを、しばらく見ないうちに、萌えのお願い戦士たちは、こんなになっちゃった・・・。

なんでも、お願い生徒さんなのだそうな。

工事やっちゃうみたいですよ。

なんかピンとこないけど、まぁいいか。

Rosenkavalier_bernstein

   1.「ばらの騎士」

   2.「影のない女」

   3.「アラベラ」

   4.「カプリッチョ」

   5.「ナクソスのアリアドネ」

   6.「ダフネ」

   7.「ダナエの愛」

   8.「インテルメッツォ」

   9.「エジプトのヘレナ」

  10.「エレクトラ」

  11.「無口な女」

  12.「サロメ」

  13.「平和の日」

  14.「グンドラム」

  15.「火の欠乏」


バーンスタインの「ばらの騎士」のジャケットを飾ったのは、その演奏が1位という訳でもなくて、そのジャケットが大好きだからです。
数々の上演にも接し、それぞれステキなものだったし、映像・音源もたくさん持ってるけど、そのどれもが大好きな、そんな1位に輝く「ばらきし」です。

1~5位までは、比較的、すらすらと思い当たりましたが、あとがいけません。

お馴染み、サロメとエレクトラが、こんな後ろでいいのか、とのこともあります。

でも、あの時期の、当時にしては前衛だっバリバリのシュトラウスより、「ばらきし」以降、古典帰りを見せたシュトラウスの方が大好きです。

ロマンティックな、「影なし」と「アラベラ」が安定の上位は当然ですが、数年前に、二期会の舞台に接し、心から好きになったのが「カプリッチョ」です。
練達のシュトラウスが、クレメンス・クラウスとともに、達成した円熟の境地は、枯淡の域に達しつつも、明朗で、曇りなく、そして希望に満ちてます。

そう、どんなときにも、明朗快々、シュトラウスの音楽の本質は、その澄み切った明るさにあると思うのです。

15作、全部愛おしいのですが、そして、その全部が、ユニークな特徴を合わせ持っているのですが、体系的に見て、分類することも楽しいものです。

数年前に作った、15作の早見表。

Strauss_opera_2

バラエティあふれるその諸作ですが、その多くは、女性=女声を主人公とするもので、彼女たちも、いろんな性格で描かれてます。

これも、以前の記事からの引用ですが、振り返ってみましょう。

恐ろしくおっかない女性・・・・・・サロメ、エレクトラ

優美でかつ大人の訳知りの女性・・・マルシャリン(ばらキシ)、マドレーヌ(カプリッチョ)

強い意志をもったまっすぐ系・・・・アリアドネ、皇后、バラクの妻、ダフネ、ダナエ、アラベラ

ワル・・・・・・・ヘロディアス、クリテムネストラ

カワイイ系・・・・ゾフィー、ズデンカ

ゴージャス美人・・・ヘレナ、アラベラ、ダフネ、ダナエ

小悪魔ちゃん・・・・ツェルビネッタ、フィアカーミリ(アラベラ)

もしかして世の奥さま・・・・アミンタ(無口な女)、クリスティーネ(インテルメッツオ)


 こう見ると、おっかない女性の作品は、後ろの方に、おとなの女性・真っすぐ系が上位にランキングされてますね。
男性としては、至極あたりまえになりましたが、みなさまはどうでしょう?

オペラは、時間もお金もかかります。
今後、残された時間に、どれだけ楽しめるかわかりませんが、シュトラウスのオペラは、常に、近くにあって、聴いて行きたいものだと思ってます。

ちなみに、わたくしにとって大切なオペラ作曲家は、モーツァルト、ワーグナー、シュトラウス、プッチーニ、ヴェルディ、ブリテンの6人。
ここに、コルンゴルトとシュレーカーが加わります。
ベルカント系は苦手なもので、あいすいません。

|
|

« R・シュトラウス 「アラベラ」 首都オペラ公演 | トップページ | モーツァルト 「孤児院ミサ」 アバド指揮 »

コメント

来年の「ダナエの愛」、是非行きましょう!
ところで、シュトラウス生誕150年なのに、ブリテンの時のようなオペラ全曲感想記をアップしなかったのは、yojochanさんが、それだけシュトラウスを大切に思っているからなのですね。
さて、お願いランキングです。
1位「ナクソス島のアリアドネ」(いつも言ってます)
同率2位
  「ばらの騎士」
  「影のない女」(「ナクソス」の次の2作は甲乙付け難し!)
4位「インテルメッツォ」(最近聴いたCPOのCDがバカ面白かったので)
5位「無口な女」(これもCPOのCDが面白く、また音楽も何気に地味だけど、実によく書けている)
6位「カプリッチョ」
7位「アラベラ」(次女が可愛そうで、上位に置けません)
8位「エレクトラ」(舞台を観たい!)
9位「サロメ」(舞台映えする色っぽい「サロメ」に当たれば評価は変わった?!)
同率10位
  「平和の日」
  「ダフネ」(個人的には「平和」が上なんだけど、オペラとしては短いのがネック)
12位「ダナエの愛」(来年の舞台が楽しみです!)
13位「エジプトのヘレナ」
同率14位
  「グントラム」
  「火の欠乏」
最後の方、「ヘレナ」には、ゴージャスなんだけど、ちょっぴり“まんねり感”。「グントラム」と「日の欠乏」、聴けばそれなりに楽しいが、やっぱりシュトラウスの個性が不足-。

シュトラウスの場合、舞台を観てるのと観ていないとでは、評価が随分変わるので、「ダナエ」の舞台を観たら、変わったかも知れません。同様、二期会の「ダフネ」で、踊りに任せた分、オペラとしての面白さが薄れてしまって、評価が落ちました。

投稿: IANIS | 2014年10月16日 (木) 17時53分

IANISさん、まいどです。

シュトラウス・アニヴァーサリーですが、毎年・毎回、シュトラウスを聴き続けておりますし、オペラ全曲は、すでに記事完了しており、今年はいいだろうという気持ちもあり、静かな150年を迎えております。

貴兄らしい、さすがの順位ですね。
下位に初期作ふたつは、共通してますが、ほかはだいぶ異なりました。
これだからこそ、シュトラウスのオペラは面白いんですよね。
 今後、深く知るにつれ、さらに好きになりそうなのが、「インテルメツッオ」と「無口な女」です。
両方、ともに、言葉が多すぎの作品ですが、そのドラマと洒脱な音楽は、極めて面白く、興味深いです。

「ヘレナ」と「ダナエの愛」は、後者は演奏会形式でしたが、ともにステージに接し、近い存在になってます。
実演もまた、あらたな発見の近道でありますね。

投稿: yokochan | 2014年10月17日 (金) 05時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/151893/60486950

この記事へのトラックバック一覧です: R・シュトラウス オペラ お願いランキング:

« R・シュトラウス 「アラベラ」 首都オペラ公演 | トップページ | モーツァルト 「孤児院ミサ」 アバド指揮 »