« ベートーヴェン 交響曲第6番「田園」 ヨッフム指揮 | トップページ | 新春ピアノ三重奏 Japan×France »

2015年1月 7日 (水)

ベルリオーズ 幻想交響曲 アバド&LSO

Hamamatsucho_a

新年1月の小便小僧は、このとおり、干支と門松を従えた勇志ですよ。

おしっこの勢いもいいですな!

Hamamatsucho_b

お背中の家紋は、なんでしょうか。

梅の印と見受けますが、どうでしょう。

今年も、いろんなコスプレを期待してますよ。

毎度ながら、ボランティアのみなさま、ごくろうさまです。

Abbado_lso_2

  ベルリオーズ  幻想交響曲

   クラウディオ・アバド指揮 ロンドン交響楽団

        1983.7.31 @ザルツブルク

        1983.9.1  @ロンドン、ロイヤル・アルバート・ホール


今月の月イチは、幻想交響曲。

もうじき、1年。

敬愛するアバドの訃報に接してから。

でも、いまや、全然悲しくない。

いつも、そばにいますよ、わたくしにとってのクラウディオ・アバド。

 今日は、秘蔵のFMライブ録音の自家製CDRで、「アバドの幻想」を聴いてみました。

「アバドの幻想」といえば、シカゴ響との鮮やかな録音が真っ先に浮かびますし、シュールでリアルなジャケットも素晴らしい1枚ですね。

そして、わたくしにとっての、「アバドの幻想」のもうひとつは、ロンドン響との来日公演。

1983年5月の東京文化会館でのものでした。

この時の来日公演は、以前にも書きましたが、3公演を全部聴いて、アバドの一挙手一投足が、いまでも、脳裏に刻まれております。

 文化会館での幻想は、まず、バルトークのマンダリンが疾風怒涛のように演奏され、そして熱き、その幻想、そして、アンコールはブラームスのハンガリー舞曲1番。
ほかの演奏会での、マーラー1番と5番のあとには、アンコールを一切やらなかったことが、いまとなっては、よくわかるアバドの思いです。

 そして、その1983年は、「アバドの幻想イヤー」なのでした。

2月に、シカゴで指揮をしてスタジオ録音。
5月に、ロンドン響と日本公演。
7月に、ロンドン響とザルツブルク音楽祭出演。
9月に、ロンドン響と、ロンドンのプロムスに登場。

夏のロンドン響とのヨーロッパツアーでは、きっと、上記以外の地でも演奏したに違いありません。

 その後の「アバドの幻想」は、2006年のシモン・ボリバル、2008年のルツェルン、2013年のベルリン、ということになります。

後年の熟成した幻想とは異なり、勢いと思いきりのよい解釈において、83年の演奏は、いずれも、アバドならではのしなやかさとともに、爆発的なライブ感。

シカゴのスタジオ録音よりも、より熱く、飛ばしてるのが、7,8月の音楽祭ライブ。

なかでも、ロンドンでのライブは、後半に行くにしたがって、ものすごい熱気で、おそらく、お上品なザルツブルクのお客様よりも、ロンドンの野放図なくらいの若者パワーを、背中に思いきり浴びてしまった演奏の方が、極熱で、ヴァルプルギズの夜の凄まじさは、とんでもなく素晴らしい。
ザルツもすごいけど、ロンドンの方の濃密・熱狂ぶりは、すさまじいです。

 私家盤なので、あんまり激烈に誉めたたえても、みなさま、醒めてしまうかもしれず、もうやめときますが、これらの放送音源が、いつか、正規に日の目を見ることを願いたいです。

Abbado_lso
 

 

|

« ベートーヴェン 交響曲第6番「田園」 ヨッフム指揮 | トップページ | 新春ピアノ三重奏 Japan×France »

コメント

yokochanさん
 「幻想」はアバドに向いた曲だったのだと思います。私はアバドの盤は持っていませんが、ドビュッシーにしてもラベルにしても、フランス音楽へのアバドのアプローチというのは、独自の考えを持っていたのではないかと思っているのです。
 この曲はクリュイタンス・フィルハーモニアのLPで初めて聴いて以来、好きな曲ですが、やはり音響効果が重要な曲のようで、アバドのような最近(!)の録音がより楽しめる気がしました。因みに私が最近この曲を聴いたのは、クリュイタンスの来日時のライブでしたが。

投稿: 安倍禮爾 | 2015年1月 8日 (木) 17時51分

安倍禮爾さん、こんにちは。

アバドは、幻想を集中的に取り上げる傾向がありました。
こちらの83年と、06年以降です。

いずれも、しなやかで、明るく、自在な感じの演奏でして、毒々しさは皆無です。
そうした意味では、クリュイタンスのアプローチにも近いかもしれません。
 こうして、幻想をたくさん聴いておりますが、エグイ演奏よりは、アバドのように、さらりとした中に、熱気をはらんだ演奏が好きです。

投稿: yokochan | 2015年1月 8日 (木) 22時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/151893/60938171

この記事へのトラックバック一覧です: ベルリオーズ 幻想交響曲 アバド&LSO:

« ベートーヴェン 交響曲第6番「田園」 ヨッフム指揮 | トップページ | 新春ピアノ三重奏 Japan×France »