« ドヴォルザーク チェロ協奏曲 ジャンドロン | トップページ | ベートーヴェン 交響曲第5番 クライバー指揮 »

2016年2月22日 (月)

にゃんにゃんの日に

1

公園のいつもの、ねこ。

2月22日は、猫の日。

なんでも、空前のねこブームだそうな。

その市場規模は3兆超えだとか。

まぁ、そんなことは、まったく関係ない、野良たちの自由すぎる様子を、ひさびさにお届けします。

2

その視線の先は、わたくしの投げたパン一切れ。

あんまり餌あげちゃいけないね。
ここの公園のねこたちを、ちゃんと世話してるおばちゃんや、おじさんがいますし。

3

カラス登場

4

「ふぁ~~」、パンにも、カラスも、眼中にない

6

パンに近づく大胆なカラスのやろう。

7

ふぇーーーっ、伸びしちゃってる

8

じわじわ近づくカラスのやろう

9

そして、ついに、パンの切れ端を・・・・

10

ゲット!
カラスのしたり顔

11

食べたあとも、にゃんこに近づく不遜なカラスのやろう

12

呑気に寝てるし・・・・・

しかし、カラスは、別の闖入者によって飛び去ったのだった・・・・・

13

わんわんわんわんっ!

14

「ったく、うっせーな」

自由で逞しい、きょうのにゃんにゃんなのでしたぁcat


|
|

« ドヴォルザーク チェロ協奏曲 ジャンドロン | トップページ | ベートーヴェン 交響曲第5番 クライバー指揮 »

コメント

こんばんは、よこちゃん様。 お~!待ってました。大統領! (古っ)久々のにゃんこもの。
しかし 2・22→ににに→にゃんにゃんにゃんって、駄洒落にしても強引な力技(大笑)

仰る通り、空前の猫ブームだそうですね。何で今更と思ってしまう私です(‘o‘)フーン
我が家から500mくらいのところにも「猫カフェ」なるものが2年前くらいにオープンしましたが、未だ足を踏み入れておりません。まぁ、これまで通り自由気ままなにゃんこたち、愛でて楽しみます。


投稿: ONE ON ONE | 2016年2月23日 (火) 23時09分

いや、偶然ですが、見よう見まねで 猫 書いてます。
図書館で借りた 猫を旅する という写真集であちこちの海外の猫ちゃんですが・・・まぁ、難しい難しい・・・奇天烈なお絵かきになっちまいました。
なんでですかねぇ 猫書くなんて・・・・
鴨居羊子・・・スキャンティとか戦後凄い女の下着屋を創業したかたの、随筆があって 犬猫ものの随筆がえらく気に入って、その方もド下手で犬猫描いてまして、その影響かも・・・ 捨て猫次郎吉とか野良猫トラトラとか・・・
ま、ライオンも好きで、髪の毛も金髪にしちまったとか・・スキャンティってわけだから日本テレビの11PM大阪版にも時々でてたようで・・・1991にお亡くなりになってますね。
ラバに乗って下着をうりたい とかの随筆集もありますが、これもおもしろかったなぁ・・・
猫はなんとかさまになるまでやろうかと・・・犬か猫かわかんないような漫画以前の状態ですが

投稿: 真坊 | 2016年2月24日 (水) 10時19分

ONE ON ONEさん、こんにちは。
猫写真、いろいろありますが、どうにもイマイチでしたので、記事にできませんでした。
久々のスクープです(笑)

ねこブーム、当のニャンコたちが、いちばん、迷惑に思ってるかもしれませんね。
飼いならされたにゃんこは、可愛いけれど、面白くないですもんね。
でも、わたくしも、未体験のねこカフェ、行ってみたいです。

投稿: yokochan | 2016年2月27日 (土) 00時41分

真坊 さん、こんにちは。
猫写真家としては、岩合光昭さんがNHKなどでも何度も登場しており有名ですね。
あのわがまま自由な猫たちを、写真にイキイキと収めるのは、ほんとに大変なことだと思いますが、根っからの猫に好かれる、ある意味才能なんかも持ち合わせていらっしゃるのでしょうね。

そして、写真以上に、猫を描くということは、ほんと、たいへんだと思います。
眼だけでも、ありあまるほどの表情がありますからね。
コメント、どうもありがとうございました。

投稿: yokochan | 2016年2月27日 (土) 00時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/151893/63249863

この記事へのトラックバック一覧です: にゃんにゃんの日に:

« ドヴォルザーク チェロ協奏曲 ジャンドロン | トップページ | ベートーヴェン 交響曲第5番 クライバー指揮 »