« バッハ トッカータとフーガ ニ短調 リヒター | トップページ | R・シュトラウス 「影のない女」 ショルティ&コヴェントガーデン »

2017年1月 8日 (日)

モーツァルト ピアノ協奏曲第20番 ニ短調 アバド指揮

Azumayama_1

唯一の曇り空の朝だった、1月2日。

雲の合間から富士が少しだけ。

菜の花は七分咲き。

Azumayama_4

見おろす相模湾は、穏やかで静か。

右手奥、箱根の山は、駅伝の往路の到着を待ちうけ中。

Azumayama_2    

何度も書きますが、この街に育ったわたくしは、この場所がたまらなく好き。

帰るたびに登ります。

麓の小学校は、わたくしが通った頃は、正しき木造校舎で、二宮金次郎さんも、薪を背負い本を読んで、これまた正しく佇んでおりました。

今日は、折り目正しいアバドのモーツァルトを聴きます。

モーツァルトの20番K466のピアノ協奏曲、アバドには4種の正規録音があります。

Gulda_abbado

   モーツァルト ピアノ協奏曲第20番 ニ短調 K466

        フリードリヒ・グルダ

   クラウディオ・アバド指揮 ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団

                     (1974.9 @ウィーン ムジークフェライン)

Mozart_p20_serkin_abbado

             ルドルフ・ゼルキン

   クラウディオ・アバド指揮 ロンドン交響楽団

                    (1981.11@ロンドンキングスウェイホール)

Mozart_piano_con27_pires_abbado

           マリア・ジョアオ・ピリス

   クラウディオ・アバド指揮 オーケストラ・モーツァルト

                    (2011.9 @ボローニャ)


Mozart_argerich_abbado

          マルタ・アルゲリッチ

  クラウディオ・アバド指揮 オーケストラ・モーツァルト

                    (2013.3 @ルツェルン)


こうして4種、連続して聴くと、それぞれがまったく違って聴こえるのは、もちろん、素晴らしいピアニストたちによるもの。

軽やかで、愉悦感あふれ、美音を聴かせるグルダ。

かっちりと、一音一音を揺るがせもせず、誠心誠意尽くすようなピアノを聴かせるゼルキン。

無作為の美しさ、緊張感をも通り過ぎて晴朗な心境に誘われるピリスのピアノ。

最初に聴いたときは、さらりとして聴こえたけれど、いまこうしてまとめ聴きをしてみて感じる、アルゲリッチの即興性と自在さ。たくみに聴き手の心を掴んでしまう豊かな感性を感じる。

こうしたピアニストたちに、アバドの指揮は、ぴたりと寄り添うようにしていて、4つの演奏ともにまったく違うところが見事。
もちろん、オーケストラの違い、そしてなによりも年代の違いも大きい。

70年代、80年代、そして2010年代。
前者ふたつは、フルオーケストラによる響きの豊かな従来型の音色で、安心感も漂うが、後者2つは、室内オーケストラによる切り詰めた響きで、かつ古楽の奏法も取り入れ、キビキビ感も。

口さがないグルダが、小僧呼ばわりして、そんなグルダが彼のピアノとは別に、嫌いになったけれど、70年代、ウィーンフィルとアバドの組合わせは、幸せなコンビだった。
まろやかで、丸っこい響きは、ムジークフェラインのホールの響きに溶けあい、グルダのピアノと一体になって聴こえる。
なんの文句があったんだろ、グルダさん。
20番の短調のふたつの楽章に挟まれた真ん中のロマンツェ。
そのたおやかな美しさは、この演奏を聴くと、愛おしくなるほどの歌いぶりで引き立つ。

ロンドン響とのゼルキンの背景を飾るアバドの指揮は、思いのほかシンフォニックで、これまた響きも豊かで、しなやかさも抜群。
こちらの少し前に録音された、交響曲40番と41番にも通じる構えの大きさもある。
そしてゼルキンのゆったりとしたピアノを支えるような敏感さも。
ここでも、2楽章は美しい。
キングスウェイホールの響きも、ロンドン響のニュートラルさと芯の強さを捉えた録音でもって楽しめる。

若手を集めた、文字通り、アバドの元に集まった手兵とも呼ぶべき、オーケストラ・モーツァルトの二つの演奏。
ややデットな録音ゆえに、オーケストラの目の摘んだ音色が、ひとりひとりの奏者の集まりのようにマスとなって聴こえる。
そんなリアリティあふれるモーツァルトだけど、ピリスとともに、澄み切った境地を目指しているような演奏に感じるのがボローニャでの録音。
ロマンツェは、速めのテンポで、さらりと、まるで、上善如水のように、味わいはすっきりと、さらさら。
ピリスとともに、この演奏に漂う透明感には、モーツァルトの微笑みを感じます。

さて、最後のアルゲリッチ盤。
よりピリオド的な奏法が強まり、ルツェルンのホールの響きは豊かながら、オーケストラの音は切り詰められて感じる。
しかし、どうだろう、この若々しさは。
ピリス盤よりも、溌剌として、表情も豊かで、自在なアルゲリッチのピアノに、すぐさま反応してしまう、鮮やかなまでのオーケストラなのだ。
2楽章も、アルゲリッチの多彩なピアノに負けておらず、そして、羽毛のように軽やかでしなやかなオーケストラは、ほんとに素晴らしいもので、弱音の繊細さも堪能できる。

こうして4つのK466を聴いたが、ソロイストに合わせ、そして万全のパレットを仕上げるアバドの指揮の巧みさは、協奏曲の指揮者として、ひっぱりだこだったアバドの魅力をあらためて感じさせるものでした。

しかし、あたまの中が、モーツァルトのニ短調だらけになってしまった。

最後に、去年のよく見えてた富士山2016。

Azuma_2
 

|
|

« バッハ トッカータとフーガ ニ短調 リヒター | トップページ | R・シュトラウス 「影のない女」 ショルティ&コヴェントガーデン »

コメント

おお、アバドが亡くなって以降も、こうしてアバドについてお書き頂けるのはありがたいです。
ちょうど私はHMVでアバド・ゼルキンのモーツァルト集を買ったばかりなんです。タイムリーでありがたいです。
アバドは本当に素晴らしいですね。
これからもアバドについての書き込み、楽しみにしています。

投稿: よしお | 2017年1月17日 (火) 16時10分

よしおさん、こんにちは。
ご返信遅くなりましてすいません。

ゼルキンとのシリーズ、全篇が終わることなく、とても残念でしたね。
このシリーズ、オケがロンドン響であったことが、とてもよかったと思います。
アバドとの相性も抜群だったLSOですから、ゼルキンの誠実なピアノに対して、着きつ離れつ、目立つこともなく、実に同質化してますね!
アバドの残した演奏、これからもずっと聴いて、記事にも残していきたいと思ってます。

投稿: yokochan | 2017年1月28日 (土) 23時53分

yokochanさん、お返事頂きありがとうございます。
ゼルキンとのシリーズは想像以上に素晴らしい演奏でした。昔の演奏ですが、全然古くないですね。今これを聞けるありがたさに浸っています。
本当に仰る通り、このシリーズが完結しなかったことは残念なことですね。私は最近になってようやくアバドとロンドン交響楽団との組み合わせを聞き始めたくらいですが、素晴らしいお仕事されていますね。気づくのが遅すぎますが…

投稿: よしお | 2017年1月29日 (日) 11時04分

よしおさん、こんにちは。
昨今の演奏スタイルではありませんが、こうした王道のモーツァルト演奏は、ずっと聴き続けていきたいですね。
ロンドン響とのアバドは、いずれもイキイキとしたものばかり、楽しみましょう!

投稿: yokochan | 2017年2月 4日 (土) 09時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/151893/64736976

この記事へのトラックバック一覧です: モーツァルト ピアノ協奏曲第20番 ニ短調 アバド指揮:

« バッハ トッカータとフーガ ニ短調 リヒター | トップページ | R・シュトラウス 「影のない女」 ショルティ&コヴェントガーデン »