« ブルックナー 交響曲第9番 バレンボイム指揮 | トップページ | ブラウンフェルス オルガン協奏曲 H・アルブレヒト指揮 »

2017年10月29日 (日)

ドヴォルザーク レクイエム ケルテス指揮

Shiba_park

カメラの絞り機能が不全で、かえってこんなに幻想的な写真が撮れました。

あざみの花もぼけてしまい、影に覆われ、ぼんやりとした夕焼けとちぎれた雲が寂しい。

Dvorak_requiem_kertesz

     ドヴォルザーク   レクイエム op.89

 S:ピラール・ローレンガー        A:エルジェーベト・コムロッシ
 T:ロバート・イロースファルヴァイ   B:トム・クラウセ

   イシュトヴァン・ケルテス指揮 ロンドン交響楽団
                      アンブロジアン・シンガーズ
                      合唱指揮:ジョン・マッカーシー

              (1968.12 @ロンドン、キングスウェイホール) 


自分の持つCDは、ダブルデッカのもので、こちらの画像とは違いますが、子供時代に見た、このジャケットが、やたらと思い出にあるので、デッカの初出時のものを拝借しました。
ロンドンレコードから出た邦盤は、大きな白枠ベースの中に、この絵画。
 1971年ごろに出た「ケルテスのドヴォルザークのレクイエム」は、レコ芸のオレンジ色のロンドンレコードの広告で、大きな紙面を割いてのものでした。

この絵画は、ブリューゲルの「十字架を担うキリスト」で、手前に磔刑に向かうイエスを嘆き、悲しむマリア一行がまず目に入る構図。
十字架を負うイエスは、連行する軍と日常の生活を送る人々の中に埋もれるようにして見える。右奥のサークルは、処刑場だ。
人々は、ブリューゲルの生きた16世紀の頃の存在になっている。
背景や、カラス、全愛の構図等、とても恐ろしく、そして悲しみに満ちた絵画に思います。

ドヴォルザークのレクイエムは、死の恐ろしさや、悲しみもあるけれど、もっとそれ以上に優しく、神への帰依と信頼にあふれた孤高の作品でありました。。。


音楽聴き始めの少年にとって、ドヴォルザークは新世界だし、ケルテスも新世界、レクイエムは、モーツァルトとヴェルデイしか、存在すら知らない。
なのに、ドヴォルザークのレクイエムって、しかも2LPでやたらと長そう・・・・

そんな思いをずっと引きずって、同じドヴォルザークの「スターバトマーテル」はやたらと聴くけれど、レクイエムは、常に遠い存在だった。
 遅ればせながら、この夏に、「ドヴォルザークのレクイエム」は、わたくしの心にピタリと符合するようにして、近しい存在としてやってきてくれました。

今年から事務所詰めが多くなったので、音楽を垂れ流し。
ドヴォルザークの全作品を、手持ち音源と、ネットで聞き流してやろうと思いつき、2か月かけてやってみましたよ。
イマイチ初期交響曲や、どれもこれもおんなじに聴こえちゃう室内楽も、あらためて体系的に、そして作曲順に聴いてみれば、それぞれが、ドヴォルザーク特有のメロディとリズムにあふれていることが日に日にわかるように。
 今回、とくによかったのが、弦楽四重奏や五重奏系、それと抒情的なピアノ曲たち。
それと味わい深いオラトリオ、ミサ、テ・デウム、聖書の歌などの声楽作品に、むにゃむにゃ系のチェコ語は難解ながら、メロデイふんだんなオペラ(さすがに音源なしもあります)。

そんななかでの「レクイエム」は手持ち音源のケルテス盤と、エアチェック音源の、ルイゾッテイ盤(ベルリンフィル)、youtubeにあった、パリの教会での演奏会を繰り返し視聴。

       ------------------

1884年に、ロンドンのフィルハーモック協会の招聘で、ロンドンに赴き、「スターバト・マーテル」を演奏して、大絶賛され、ここからイギリスとの蜜月が始まるドヴォルザーク。
交響曲第7番や、8番もこうして生まれた。
 同時に、数々の名誉にも授かった充実のこの時期。
オーストリア=ハンガリー帝国皇帝から鉄王冠章、チェコ芸術アカデミー会員への推挙、プラハ音楽大学教授、カレル大学名誉博士・・・
 こんな時期に、バーミンガム合唱音楽祭からの委嘱で、1890年、10か月をかけて作曲されたのが「レクイエム」。

7年前に書かれたヴェルデイのレクイエムのことは、きっと頭にあったドヴォルザーク。
編成や、音楽の規模は、ほぼ同じ。
 特定の人物(マンゾーニ)の追悼の意図をもってかかれたヴェルディのそれは、死者のためのミサ曲であるレクイエムのとして、劇的かつ歌謡性にも富んだ壮大な作品。
ドヴォルザークの方は、特定の追悼の対象はなく、熱心なカトリック信者だった作曲者の内面の吐露であるとともに、シンフォニストとして、巧みな筆致を駆使した総決算的な作品なのだ。

通常のラテン語典礼文を使いながら、切り分けや、区切りを自由に行っていて、四角四面のレクイエムでもない。
ディエスイレはありますが、ヴェルディのような咆哮はなく、短めで簡潔。
むしろ、のちのフォーレ的なスタンスも後半には感じる。

曲は、大きく分けて二部。
1部は、入祭唱たるRequiem Aeternamから始まり、昇階唱、ディエスイレ、トゥーバ・ミルム、レコルダーレ、呪われしものConfutatis、そしてラクリモーサで締める。
 第2部は、奉献唱Offertorium、Hostias、サンクトゥス、Pie Jesu、アニュス・デイ。
ここでは、1部のラクリモーサのなかの、Pie Jesuが再現されるところが、この作品のキモかもしれない。
 冒頭にあらわれる旋律が、モットーとなって、全曲の重要な局面で使われていることで、大曲を引き締め、統一感を持たせることにもなっている。

1部は、峻厳できびしい雰囲気が漂い、神への痛切な祈りと死への涙にあふれているが、2部では、優しいドヴォルザークの目線を感じる、慰めと静かな祈りの世界。

合唱は、しばし、アカペラで歌い、ソロ歌手たちの扱いも、絶叫シーンはなく、静かな語り口のものが多い。
オーケストラも中間トーンで渋いが、よく聴きこむと、ソロや合唱を引き立てるとともに、単なる合いの手ばかりでなく、いろんなフレーズが、いろんな楽器の巧みな使い方で飛び出してきて、オケだけに注目して聴いてみても、大いに楽しめた。
とりわけ、2部が素晴らしいと思ってます。
Pie Jesuから、Agnus Deiの終曲ふたつは、絶品で、しんしんと深まる夜、静かに聴くに相応しく、心、休まります。
      ------------------

録音時38歳だったケルテスの熱い指揮ぶりと、緻密な全体を見通す指揮ぶりとが、こうした大曲では、見事に発揮される。
有能な指揮者のもとに、オーケストラも歌い手たちも、完全一体化している。
ソロでは、ローレンガーの清らかな声が素敵だ。

この録音の5年後には、43歳で、テルアヴィブの海で亡くなってしまうケルテスだが、イスラエルフィルの客演に、ケルンから同行していたのが、バスの岡村喬生さん。
一緒に海に行ったのが、その岡村さんと、ルチア・ポップとイルゼ・グラマツキとのこと、岡村さんの著書に、その顛末が詳しく、ネットでも読めます。
読んでて、涙がでました。
そのときのイスラエルフィルでの演奏、ハイドンのネルソンミサも音源化されてます。

ケルテス、いい指揮者だった。
存命してれば、とも思いつつ、ドヴォルザークのレクイエムを聴きました。

|
|

« ブルックナー 交響曲第9番 バレンボイム指揮 | トップページ | ブラウンフェルス オルガン協奏曲 H・アルブレヒト指揮 »

コメント

 懐かしいケルテスの名が登場したので久しぶりに。彼との出会いはモーツァルトのピアノコンチェルト。カーゾンとの23番と24番のレコードです。溌剌とした伴奏に憂いあるピアノ演奏、何度も聴き返しました。アシュケナージとの9番レコードも購入、この曲の素晴らしさを堪能しました。その後ドヴォルザークの交響曲や交響詩、レクイエム(ロンドン盤)も。ブラームスの交響曲全集やセレナードのレコードも! セル好きの私にとって、彼のクリーヴランド管への就任があったと死後耳にした時は残念至極! 後のドホナーニ、ウェルザー=メストの名を並べると、マゼールより適任だったでしょう。SACDになったブラームスの交響曲全集、VPOの美演ともどもよく耳にしております。

投稿: ornellaia | 2017年10月30日 (月) 11時59分

よこちゃん様、 すんませんドヴォルザークじゃなくて、ベイスターズです
心臓ドキドキしてますheart02 あと一週間ヨコハマは熱いぜのお言葉通りですね。 大敗からの惜敗続き。崖っぷちからの快勝happy01 そして追いつ追われつの手に汗握った逆転勝利 まったく面白すぎるチーム…それがベイスターズ☆ この前、ハマスタで買ってきたスターマンを抱きしめて熱いキッスを浴びせてます生で見ているファンの方々。チクショーこの幸せ者っ! さぁ福岡に戻ってもうひと暴れだぜ! 日本一まで、あと2つ☆☆

投稿: ONE ON ONE | 2017年11月 2日 (木) 22時26分

ornellaiaさん、こんにちは。そしてご無沙汰でした。
ケルテスは早世でしたから、その音源は多くはないですが、そのいずれもが一流楽団とのもので、かつ充実の極みですね。
 モーツァルト、ドヴォルザーク、ブラームスは絶品です。

私も、ケルテスのクリーヴランドとのコンビがならなかったのは、痛恨の極みに思います。
あと、もしかしたら、ウィーン国立歌劇場も手中にしていたかもしれませんね。
近いうちに、またケルテスを取り上げようと思ってます。

投稿: yokochan | 2017年11月 3日 (金) 12時10分

ONE ON ONE さん、すごいことになっちまいましたね!!
CS争いをしていた頃から続く、DeNA劇場は、ぶっちぎりの優勝チームが日本シリーズに出れない不合理を指摘する人々を、いまや黙らせてしまい、応援に回らせてしまうほどになりましたね。
もう40年以上ファンをやってて、ほんとによかったと思います。
ONE ON ONE さんも、熱烈応援ですね!!

投稿: yokochan | 2017年11月 3日 (金) 12時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/151893/65973701

この記事へのトラックバック一覧です: ドヴォルザーク レクイエム ケルテス指揮:

« ブルックナー 交響曲第9番 バレンボイム指揮 | トップページ | ブラウンフェルス オルガン協奏曲 H・アルブレヒト指揮 »