カテゴリー「クレー」の記事

2010年11月 1日 (月)

ツェムリンスキー 抒情交響曲 クレー指揮

Nihonbashi2

夕暮れ、お江戸日本橋。

今日から、来年4月の建造100年を前に、橋の大規模洗浄作業が始まったとのこと。
1ヶ月もかかるんだそうな。

橋の上をすっぽりふさぐ首都高速。
歴史的な場所の上を、こんな風にしてしまう国ってないでしょうな。
今の日本なら絶対にやらないことだけど、高度成長期にあっては、こんなのはありだったんだろう。
河も浄化されたし、暗くなると光が河に映って、こんな具合にキレイなんです。
きっと、洗浄水は河にそのまま流れてしまうから、洗浄技術や洗浄液はきっと自然由来の高度なものなのでしょう。
ドイツ企業が行うみたいですよ!

Zemlinsky_lyrisch_sym_klee

ベルンハルト・クレーのシリーズ。
クレーのドイツ音楽。
そして、わたしがもっとも好きなクレーの音盤のひとつが、ツェムリンスキー「抒情交響曲」

        S:エリザベス・ゼーデルシュトレム
        Br:デイル・デュージング

     ベルンハルト・クレー指揮 ベルリン放送交響楽団

この素晴らしい作品を清潔なる紳士クレーが録音を残してくれたことは感謝に堪えませぬ。
そして、大好きなこの作品、このブログでもこれで3度目の登場となります。
曲のことは、過去記事をご参照くださいませ。

 「シャイー&コンセルトヘボウ」
 「エッシェンバッハ&パリ管」

この表現主義的で、悩ましいくらいの官能と甘味な瞬きに満ちた連作歌曲シンフォニーがこんなに人気曲になるなんて思いもよらなかった。
この曲、しいてはツェムリンスキーがブレイクしたのは、いうまでもなく、DGへのマゼールとベルリンフィル、FD・ヴァラディ夫妻のレコーディングで、1981年のこと。
ベルリンでの定期演奏会に併せての録音。
あのカンディンスキーの絵のジャケットとともに、私には、この曲の刷り込みレコードとして、酒を飲みつつ、擦り切れるくらいに聴き、楽しんだ1枚として忘れえないものなのだ。
同じころに、マゼール・BPOのラフマニノフ3番も聴きまくったのだ。
ブルー系のクールでひんやりするようなマゼールのツェムリンスキーは、いまでも大好きな演奏です。
ただし、ヴァラディはふるいつきたくなるけれど、F・ディースカウがうまいけれども、テカテカしすぎで、独特の陰りが欲しいところでありました。

でも、同じ頃に、同じベルリンで、ベルンハルト・クレーがこの曲を録音しているんです。
今は亡き、独コッホ・シュヴァンのレーベルは、当時かなり珍しいレパートリーばかりを取り上げていて、これもその一環で当CDには記載はないものの、81年の録音と推測される。
あと、この後ぐらいに、G・フェッロも録音していて、このあたりが「抒情交響曲」のパイオニア的な録音でありましょう。
マゼールだけが注目されてしまった。メジャーの強みとしかいいようがない。

で、このクレー盤は、マゼール盤や、その後多々あらわれた演奏に決してひけをとらない、きちんとした折り目正しい名演奏なのです。
伝統に根ざしたそうした様相も持ちつつ、歌ものを得意とする指揮者ならではの歌手を中心に据え、ときには控えめに、時には音を抑えつつ繊細に。
しかし、全7曲を一本筋の通ったまとまりのよさで聴かせてしまうところが素晴らしいのだ。
ここがどうの、あそこはどうの、という微細なこだわりはなくて、劇性にあふれた連続する7つの歌による交響曲としての作品を強く感じさせる。
 強い個性の歌手たちを起用していないことも成功の要因。
バリトンに比重ある曲だが、デュージングの素直で、クセのない歌声は私にはとても好ましく感じ、クレーの音楽性にもとても合っているように思われる。
デュージングは、ベームのドン・ジョヴァンニに出ているくらいしか記憶にないが、このツェムリンスキーの歌唱は、まったく素晴らしく、美声バリトンを堪能できるし、歌詞の内容への歌の乗せ方が濃厚すぎない気持ちの入れ込み方で、とても好ましい。
「Ich bin friedlos」とか、「Du bist」とか、決め台詞のような出だしからして、まさに見事に決まっていて、一緒に歌いたくなってしまうナイスな歌唱。
 そして、世紀末歌手と勝手に思っているゼーデルシュテレムのヴィブラートのかからない直線的な歌唱も、ある意味濃密でありながらも、不感症的な醒めた眼差しを感じさせて、私には素晴らしいと思えるのだ。

この曲のバリトンは、ゲルネと、このデュージング。
ソプラノは、シェーファーとヴァラディ、そしてゼーデルシュテレムが最高であります。

マーラーの「大地の歌」と同じようで、まったく違う音楽。
あちらは「生への告別」をうたった厭世的な曲。
こちらは、リアルな死や告別でなく、終末観ただよう濃密な男女の結びつきと神秘主義。
どちらも、いかにも世紀末でございましょう。

「心の休まるときがない 遥かなるものを渇望し 
 我が魂は暗きかなたの縁に触れようとし
 あこがれの中をさまよいまわる・・・・・」


辛い毎日。
わたしには、こうした音楽が一番の慰めであります。
ついでに申さば、ワーグナー、シュトラウス、プッチーニ、世紀末系、英国音楽などがわたしの本当に好きな音楽なんだな、とつくづく思うのでございます。
これらは、ファエヴァリット演奏家とはまた違う次元での音楽の嗜好に関すること・・・・。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年10月28日 (木)

モーツァルト フルート協奏曲 ツェラー&クレー

Sakurasuisan
ある日の「さくら水産」。
仕事仲間とやけくそになって、4時くらいから飲もうといことになったけど、まだ早いし、お金もないし・・・・、こんな時の強い味方が「さくら水産」。
4時から居酒屋タイムやってます。

ホッピーセット390円、オニオンスライス80円、魚肉ソーセージ50円、冷奴180円。
しめて700円。これにホッピー替えや何かをいれても1000円ちょっと。
嬉しいさくら水産なのでした。

 ちなみに、ここのお昼の定食は、ワンコイン。
ご飯、味噌汁、海苔、卵は食べ放題。
ほかの居酒屋チェーンの定食も安値追従で、一般の定食屋さん、ことに個人でやってるとことろなどは、たまったもんじゃないです。
嬉しいけれど、考えものの今どきの食です。

Mozart_flotenkonzerte

さくら水産とはまったく関係なく、クレーモーツァルト行きます。
ベルンハルト・クレーは、オペラ指揮者だけに伴奏指揮もやたらとうまい。
過度な自己主張がなく、相手に巧みに合わせ、その呼吸を読んだ指揮ぶりはきっとソリストにとっても心強く、共演しやすいに違いない。

ドイツ・オーストリア系の古典から後期ロマン派までを万遍なくレパートリーとしているが、それらの中でもモーツァルトはもっとも素晴らしいのではないでしょうか。
伸びやで、隅々まで息づくフレージングのよさ。
それらがとても自然で、誰しも爽快でおおらかな気分になれる。
短調のモーツァルトより、長調のモーツァルトがいい。
クレーのモーツァルトはそんな感じだ。

今日聴いたのは、モーツァルトのフルート協奏曲ふたつ。
フルートは、カール・ハインツ・ツェラー
オーケストラは、イギリス室内管弦楽団
こんなコンビに、いかにも爽やかさを感じるでしょ。

ツェラーは、言うまでもなく、ベルリンフィルの首席フルート奏者としての名前が先に立ちますね。
ウィキを調べたら、2005年に亡くなってるんですね。
ベルリン・フィルには、ニコレの後任として、1960~69年、75~93年に主席を務めているとのこと。
毎度、昔話で恐縮ですが、わたくしには、カラヤンのもとでのフルートといえばツェラーで、ニコレ時代は知らないし、ゴールウェイの時はカラヤン嫌いで印象薄い。
アバド時代に、おっツェラーだと思ってやたら感激したこともある。
でも、ツェラーは、カラヤンの70年代のビデオ映像の中でこそ、やたらと鮮明なんです。
映画風に、奏者のアップもやたらと劇的で、楽器や指先をアップにしてみたりで、ツェラーはとても印象に残ってるんですよ。
そしてカラヤンの指揮といえば、もちろん目瞑りの境地。
素晴らしき70年代・・・・。

話はそれましたがね、ツェラーの鮮やかなフルートは、モーツァルトのフルート作品が持つギャラントな雰囲気と、曇りない明るさを見事にあらわし切っております。
聴いてて、こんな風に楽々と吹けたらどんなにか楽しいだろうな、と思ってしまうのでありますよ。

このフルートに対し、クレーは、モーツァルトの歌心をしっかりと踏まえつつ、ツェラーの歌いまわしにピタリと寄り添ってます。
イギリス室内管という、ニュートラルな響きと機能性を併せ持ったオケも最適の組み合わせなのですな。

今日は、まるで12月の陽気で、しかも強い雨と風の首都圏。
こんな日は、すごく体が疲れちゃって、発泡酒1本で顔が火照ってしまう。
そんなときに、今日のモーツァルトは本当に優しく微笑みかけてくれましたよ。

1974年の録音。当CDは、1991年のモーツァルト・イヤーの際に購入したものです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年10月27日 (水)

ハイドン 交響曲第102番 クレー指揮

Cosmos_hiratsuka_3
秋がなくって、冬が来てしまった。
秋晴れの高い空なんて、今年は見たかしら?
油断のできない今年の天候。11月にまた暑い日が来るかも・・・。

そして油断ならないのは、台風と地震。
自然も政治も仕事も日常生活も、なにもかも落ち着きなく、いやぁ~な雰囲気ただよいまくり。
音楽に逃避するわけじゃないけれど、それこそ音楽だけが救いの毎日を送っております。

Mozart_haydn_klee
ベルンハルト・クレー特集。

クレーは、1936年、ドイツ・チューリンゲンのシュライツの街に生まれていて、現在74歳。
先日の都響来演時の背筋の真っ直ぐ伸びた流れるような指揮ぶりを見ると、とうていその年齢を感じさせない。
シュタット・シュライツを調べてみたら、ドイツの森に囲まれた自然豊かな美しくも可愛い街のようだ。
中世の香り漂う街と森、そしてそこにある教会の尖塔は、まさに先日感動したブルックナーの世界そのもの。
ドイツの地方都市の劇場のカペルマイスターを歴任したたたき上げのオペラ指揮者で、ハノーヴァー、リューベック、デュセルドルフのオーケストラと関係を築き、英国ではBBCのマンチェスター響の首席客演をつとめてもいる。

レコーディングでは70~80年代にメジャーレーベルへの録音が多く、巨匠たちがひしめく有名曲ではなく、彼らが取り上げない曲目や、大全集録音の補完的な演目などを担当させられることが多く、ちょっと気の毒かつ地味な存在だったのだ。
 でも、それらはクレーにしか録音はなく、演奏の完成度も高かったから、逆にクレーの実力のほどを好楽家に印象づけることとなったわけだ。
 それらの一例としては、1970年のべートーヴェン生誕200年記念のDG全集の管弦楽曲や、EMIのシューマン合唱作品、フィリップスのモーツァルト全集の初期オペラ、などであります。
 本領のオペラや伴奏指揮などは、また次に。

今日は、主席指揮者をつとめた、ハノーヴァー北ドイツ放送フィルハーモニーとのライブ録音シリーズのなかから、ハイドン交響曲第102番を。
93年のライブ録音で、さすがは放送局、実に鮮明で響きも美しく音楽的な録音であります。
そして、古楽だ、ピリオドだ、言ってる昨今の演奏スタイルからしたら、完全に一時代前のコンサートスタイルの演奏。
でも私の世代には当たり前に普通だったこうした演奏が、とても新鮮に感じる。
皮肉なことだけど、こうした演奏で初めてクラシック音楽に接し、ずっと何十年も聴いてきた音楽のスタイルも正しいことだと思う。
 ミンコフスキのような奏法だなんだかんだの領域を超えてしまった演奏スタイルも知ってしまったし、かたや、こうしてクレーのハイドンを極めて新鮮な想いで聴くことができる。
思えば、音楽の楽しみ方が、幅の広がりをもって、贅沢な選択ができるようになったわけであります。

ハイドンのザロモンセットの中でも、最後の3つの交響曲はさらにワンセットなっていて、ほかのふたつと違ってタイトルがないので地味な存在だけれども、102番はハイドンが行き着いた交響曲の完璧な姿が見てとれる名作とされる。
 クレーは、この素晴らしい名品をいつもの清々しさでもってすっきりと歌い、くっきりと楽章の特色を描きだし、どこまでも気持ちのよいハイドンを聴かせてくれるのだ。
ことにチェロのオブリガート・ソロをともなった2楽章の古典的な清潔さの中に、ちょっとロマンの香りを感じさせるあたりが実に素晴らしい。
もちろん、悠揚な序奏を持つ1楽章は、主部との対比が鮮やか。
小股の切れ上がったようなメヌエット楽章。ピリオドにたよらずとも、こんなに生き生きとした弾んだ表現ができるのだよ。
クレッシェンドの連続するリズミカルな終楽章の歯切れのよさと、堂々としたエンディングの築き方。
曲よし、演奏よしの、いいハイドン。

クレーのハイドンは、DGに「朝」「昼」「晩」の初期3作をプラハ室内管と録音したものがあって、いまは入手不可の廃盤レアものでございます。聴きたい

このCDは、ハノーヴァーのオケのライブラリーの1枚で、モーツァルトの初期交響曲とハフナー、シューベルトのドイツ舞曲も収録されていて、いずれも清廉たる名演でございます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年10月26日 (火)

東京都交響楽団定期演奏会 クレー指揮

Suntry_10m
ベルンハルト・クレーは、隠れたるドイツの名指揮者であります。
私のような70年代男たる世代には懐かしい名前で、74年だったか、N響に登場して、当時ドイツでも巨匠ばかりのN響に、新鮮な若手世代の登場を印象付けたのだった。
N響アワーで、魔弾の射手とベートーヴェンの5番が放送され、すごく鮮烈な印象を持った。
司会の大木氏も手放しの誉めよう。
 その後何回かやってきたけど、評判はむしろ芳しくなく、日本には疎遠になってしまった。
でも都響や、大阪のオケにはたまにやってきていたようで、今回、ようやくその実演に接することができたのでした。

クレーは、私にはオペラ指揮者であるとの印象とともに、エデット・マティスの旦那さんとして、彼女の伴奏での指揮と達者なピアノの腕前に鮮やかな思い出を持っている。
このあたりはまた次の機会に。

Tokyo_metropolitn_so

   エルガー     チェロ協奏曲

          Vc:ボリス・アンドリアノフ

   ブルックナー   交響曲第4番「ロマンティック」

      ベルンハルト・クレー指揮 東京都交響楽団
                      コンサート・マスター:山本友重
                      (2010.10.25@サントリーホール)

サントリーホールがそうしたのか、都響が始めたのか、開演前のアナウンスで、「余韻をお楽しみになるお客様のためにも、拍手は指揮者が手を降ろしてからお願いします」とありました。
当たり前のことなのに、なんだかそうまでしなきゃいけないのか、と情けなくなる。
しかし、海外でも同様の惨状らしくて、あのバイロイト音楽祭でも音が鳴り終わらないのに拍手が出てしまうのを、このところの放送でよく聴く。
なんでもきっちりの日本のシステム。これも、まぁ、いいじゃないですかね。

ロシアの若手チェリスト、ドイツの指揮者、日本のオーケストラ。
まさにインターナショナルな顔ぶれによるエルガー。
でも、エルガーのちょっと古風だけれど、気品と情熱と哀愁に満ちたこの名作は、そんなことはお構いなしに、どんな顔ぶれによる演奏でも曲がしっかりと受容してしまい、聴き手にひたひたと迫ってくるのだ。
アンドリアノフ氏は、ロシア系統の濃厚イメージの流れとはやや異なり、スタイリッシュな趣きも兼ね備えた技巧派といった感じを受けた。
2楽章の細かいパッセージの連続では、聴いていて快感を覚えるようだったが、一方で冒頭のメインの主題ではチェロが地鳴りをするような響きで驚きだったし、アダージョ楽章のさらりとした抒情も対照的に柔らかいものだった。
 クレーとオーケストラは、チェロにつけている、という感じで、控え目に終始した印象。
4楽章の最後に、冒頭のモティーフが帰ってくるところでは、かなり感動的で、ソロもオケもこれまでの歩みを回顧するようで、聴いていてはからずも涙ぐんでしまった。

曲は素敵なのだけれど、ちょっと小手ならし的に感じた前半。
しかし、休憩後のブルックナーは、あまりにも素晴らしく、会場に居合わせた聴衆ひとりひとりに爽やかな感動をしっかりと植えつけてくれた演奏だったのだ。
レコードや音源で聴いてきた、クレーの演奏は、爽快かつ明晰で歌が満載という印象。
そして、今宵のブルックナーも、まさにそういった演奏で、どんよりと重厚な往年のドイツの巨匠たちのものとは完全に一線を画すのびのびと、スッキリした内容。
でも内容が決してないわけでも、空虚なわけでもなくって、どこをとってもヨーロピアンなセンスあふれるサウンドで、ブルックナーに必須の教会や森を感じさせる響きをまとっているし、都響がまたクレーの細かな指示に見事についていってるのが見事なもの。
 細かな指示といっても、微に入り細に入りのものではなく、その時の感興に合わせた強弱の指示とか、フレーズの協調程度のものなので、おそらくオーケストラも弾きやすい指揮ではなかったでしょうか。
対抗配置をとっていて、こうすることで、ブルックナーの場合の第2ヴァイオリンとヴィオラの重要性と、弦4部の絡み具合がとてもよくわかった。
クレーはとりわけ第2ヴァイオリンに対して丁寧に指揮していて、ちょうど私の席は第2ヴァイオリン側4列目だったもので、クレーがこちらを向いて指揮する機会が非常に多かった。
ときに音を抑えて、「Silent!」と言ってたのまで聞こえたりしましたよ。

すべての楽章が、ブルックナーの音楽があるがままに演奏され、そのように聴こえた。
譜面を置きながらも、暗譜で指揮したクレー。
楽章間の間の取り方も、なかなかのもので、オケメンバーを見渡しつつ、会場が期せずして静寂になるのを待って、タクトを構える。
こうしたナチュラルで、音楽への純な態度は、観ていても、そして出てくる音楽が嫌味なく自然なものだから、聴いていても、クレーの飾らない人間性を素直に感じさせてくれる。

感動的な終楽章、最後の高まりを経て神々しいエンディングをむかえ、感動に震えていたが、音が鳴りきって、残響がホールのこだまする。
クレーは、構えきったまま。オーケストラも微動だにしない。
われわれ聴衆もまんじりともせず、じっとしたまま。
こうした間を経て、大きな拍手とともに、ブラボーの嵐。
何度、クレーは呼び出されたろうか。
ソロ奏者やオケメンバーを讃えつつ、自身もオーケストラから拍手を受けると、謙虚に、一度もページをめくられなかった指揮台のスコアを軽く叩いて、これのおかげと言わんばかりのクレーさんでした。
ブラボーの拍手はなかなか止むことはありません。

久しぶりの都響。
なかなかの充実ぶりで、のってますね

ベルンハルト・クレー、今週特集してみましょう
サヴァリッシュのお弟子さん筋でもありますし

過去記事~「クレーのブラームス2番」

| | コメント (2) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

いぬ ねこ アイアランド アバド アメリカ音楽 イギリス音楽 イタリアオペラ イタリア音楽 ウェーベルン エッシェンバッハ エルガー オペラ カラヤン クラシック音楽以外 クリスマス クレー コルンゴルト コンサート シェーンベルク シベリウス シマノフスキ シュナイト シュレーカー シューベルト シューマン ショスタコーヴィチ ショパン スーク チャイコフスキー チャイ5 ツェムリンスキー テノール ディーリアス ディーヴァ トリスタンとイゾルデ ドビュッシー ドヴォルザーク ハイティンク ハウェルズ バス・バリトン バックス バッハ バルビローリ バレンボイム バーンスタイン ヒコックス ビートルズ ピアノ フィンジ フォーレ フランス音楽 ブラームス ブリテン ブルックナー プッチーニ プティボン プレヴィン ベイスターズ ベネデッティ ベルク ベルリオーズ ベートーヴェン ベーム ホルスト ポップ マリナー マーラー ミンコフスキ メータ モーツァルト ヤナーチェク ヤンソンス ラフマニノフ ランキング ラヴェル ルイージ レクイエム レスピーギ ロシア系音楽 ローエングリン ワーグナー ヴェルディ ヴォーン・ウィリアムズ 北欧系音楽 古楽全般 器楽曲 小澤征爾 尾高忠明 幻想交響曲 料理 新ウィーン楽派とその周辺 旅行・地域 日本の音楽 日記・コラム・つぶやき 映画 書籍・雑誌 東欧系音楽 歌入り交響曲 現田茂夫 神奈川フィル 第5番 若杉 弘 趣味 音楽 飯守泰次郎 R・シュトラウス