カテゴリー「料理」の記事

2012年6月 1日 (金)

キッチン さまクラ②

Yasaiitame

キッチンさまクラは、今日は野菜いため。

あまりに簡単。

野菜をあれこれ買ってくるのが面倒なときは、スーパーの野菜炒めセットの袋で充分。
あと、冷蔵庫の残り野菜や肉、あれば魚介などを適当に投入するのみ。

肝心なのは、塩は入れません。
中華の顆粒ダシがあればそれで充分。
そして、ワタクシは、この野菜炒めを大根おろしにつけて食べるんです。
このおろしには、ポン酢をかけておきます。

あっさり、さっぱり、驚くほどウマいよ。

ご飯すすむよriceball

Moyashi

こっちも似た感じだけど、余ったもやしと鳥肉を胡麻油でシャッキリと炒めました。

ビールのつまみに最高。

鷹の爪でピリッと。そしてここでも中華ダシのみ。

ビールやハイボールすすむよbeer

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

2012年5月17日 (木)

キッチン さまクラ①

Pepeshirasu

本日は、音楽を離れて・・・とはいえ、音楽を流しながら作り、食すのでありますが。

わたくし、日々、結構、料理をします。

事務所メシも作ってみたりもします。

そんな中から、今日は2品。

まずは、シラスと大葉のペペロンチーノ。

これは単純・簡単。

ただし、事務所、ニンニク臭、注意だ。

オリーブオイルを熱し、乱暴に叩いたニンニクと鷹の爪スライス投入。
香り付け程度で取り除いても、そのままでも、なんでもよし。
そこへ、パスタ投入。塩加減のいいパスタ茹で汁も投入。
味を調え、お皿に盛りつけ、大葉と釜茹でシラスをおもむろにトッピングするだけ。
シラスの塩味があるので、塩分は控えめにね。

冷えたビールにも、ドライな白ワインにもバッチリですよ。

Curry_2

2品目は、無題・冷蔵庫の野菜処理カレー煮込み。

半端な残り野菜をともかくみんな投入。

しかも、賞味期限のやばい卵なんてもの茹でてからそのまま投入。

がじゃいも、ニンジン、玉ねぎ、ブロッコリーなどなど。なんでもいいです。

ブロッコリーは、芯まですべて使っちゃいます、食べれちゃいます。

固形ブイヨンで煮て、途中でカレー粉、ないしは余ったカレールーをぶち込むのみ。
ここにあと缶詰のトマトを入れても爽快ですぞ。

原価、ほとんどかかってないです。

こちらも、冷えたビール。それとハイボールなんてのが合いますな。
それと、少し焼き過ぎるくらいのトーストをちぎりながら、スープにひたしながら食べてもグッドですね。

以上、さまクラ・キッチンでした。

不連続シリーズ化の予感restaurant

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

その他のカテゴリー

いぬ | ねこ | アイアランド | アバド | アメリカ音楽 | イギリス音楽 | イタリアオペラ | イタリア音楽 | ウェーベルン | エッシェンバッハ | エルガー | オペラ | カラヤン | クラシック音楽以外 | クレー | コルンゴルト | コンサート | シェーンベルク | シベリウス | シュナイト | シュレーカー | シューベルト | シューマン | ショスタコーヴィチ | ショパン | スーク | チャイコフスキー | チャイ5 | ツェムリンスキー | テノール | ディーリアス | ディーヴァ | ドビュッシー | ドヴォルザーク | ハイティンク | ハウェルズ | バス・バリトン | バックス | バッハ | バルビローリ | バレンボイム | バーンスタイン | ヒコックス | ビートルズ | ピアノ | フィンジ | フォーレ | フランス音楽 | ブラームス | ブリテン | ブルックナー | プッチーニ | プティボン | プレヴィン | ベイスターズ | ベネデッティ | ベルク | ベルリオーズ | ベートーヴェン | ベーム | ホルスト | ポップ | マリナー | マーラー | ミンコフスキ | メータ | モーツァルト | ヤナーチェク | ヤンソンス | ラフマニノフ | ランキング | ラヴェル | ルイージ | レクイエム | レスピーギ | ロシア系音楽 | ローエングリン | ワーグナー | ヴェルディ | ヴォーン・ウィリアムズ | 北欧系音楽 | 古楽全般 | 器楽曲 | 小澤征爾 | 尾高忠明 | 幻想交響曲 | 料理 | 新ウィーン楽派とその周辺 | 旅行・地域 | 日本の音楽 | 日記・コラム・つぶやき | 映画 | 書籍・雑誌 | 東欧系音楽 | 歌入り交響曲 | 現田茂夫 | 神奈川フィル | 第5番 | 若杉 弘 | 趣味 | 音楽 | 飯守泰次郎 | R・シュトラウス